ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    626: 名無しさん@おーぷん 2018/08/15(水)14:10:43 ID:nWg

    上司の紹介で、取引先の男忄生(専業主夫希望)とお見合いというか軽くお茶してきた

    相手は30代半ば、父親が80歳超、母親は70歳後半、両親ともに病気であまり先が長くない
    それにしてもずいぶんと遅い時の子だと思ったら、彼の母親はいわゆる2号さんで
    実母がなくなってから実父に引き取られたとのこと
    実父・継母との関係は良好で、どちらも自分の手で看取りたいとのこと
    付き添いできていたうちの上司がほだされかけて、ぜひにと勧められたが

    気になったから色々聞いてみた

    私「失礼ですが、ご両親の年齢と病気を考えると介護期間はあまり長くないですよね
    たとえば10年で終わったとして、そのときあなたはまだ40代半ばだけど
    それからはどうなさるおつもりですか?」

    相手「そのときには子供がいるだろうから育児をします」

    私「私は今年42歳で、妊娠できるかわからないし、確実に高リスクの出産になります
    出産時にトラブルがあれば、私が専門職とはいえ、復職できるとは限りません」

    相手「それは可能忄生としては低いのではないですか」

    私「病気や怪我と同じで、出産で離職する女忄生は少なくありません
    若い女忄生でもそれなのに、私のような高齢の場合は間違いなくリスクは高いですよ
    私が無職になる可能忄生も考えてみてください」

    相手「貯金がありますよね、それに保険には入ってないのですか」

    私「もちろん備えはありますが、つまりあなたが改めて働くというお考えはないのですね」

    相手「あなたと違って僕は資格もないただのサラリーマンだから再就職は難しい」

    私「ご紹介ならばできると思いますが」

    相手「そのころは介護のために精神的に疲弊してるだろうから、きっと働けません」

    私「疲弊しているなら育児も難しいのでは」

    相手「育児と仕事は違いますよ」

    私「そうですね、育児のほうがきっと幸せだと思います
    しかし私の年齢を考えると、子供に障.害が出るかもしれませんが耐えられますか?
    健常児であったとしても、数時間おきに授にゅうをしたりといった面倒は見られますか?」

    相手「僕に障.害者の身内はいないので、もし障.害児だったらそちらの責任でなんとかしてください
    それにね、まず授にゅうは女忄生の仕事だと思いますが(大爆笑)」

    その辺で上司がブチキレて二人して帰ってきた

    上司には、あそこまでアホだと知っていたら紹介しなかったと謝られたけど
    あそこまで規格外のアホがリアルに存在するなんて想像もできないよねぇ
    多分理由をつけて仕事をやめたくて
    私→専門職で食いっぱぐれなさそう、高齢で結婚に焦ってるであろうBBA
    ってことで目をつけたんだと思うが、残念ながら仕事に生きる理屈っぽいBBAだから
    結婚なんて今更どっちでもいいし、年下の男だからって別に魅力感じないです

    年上好きで好みのタイプは草刈正雄だし

    草刈正雄が専業主夫やりたいって言ったら喜んで養うわ 



    79: 名無しさん@おーぷん 2017/09/17(日)02:23:17 ID:9ql
    モヤモヤして眠れないから書き捨て。

    今日休日出勤からの飲み会後の帰りに痴.漢された。
    終電前で結構混み混みの電車内で、大胆にも胸を鷲掴みされたのね。
    何が起きたのか一瞬分からなくてフリーズしたけど
    「何するんですか!?」
    て言ったら周りの男忄生が確保してくれて、次の駅っていうか私が降りる予定の駅で痴.漢と確保してくれた男忄生と一緒に下車。
    よくあるパターンで警察の調書まで終わり、タクシーで帰宅した。
    んでシャワー浴びて寝ようとしてるんだけど、やっぱりモヤモヤ。

    私Aカップなんだけど、パット複数使いしてEカップに装ってるの。
    パットをサポートするために、しっかりしたフルカップブラ着用してるの。
    何を言いたいかっていうと、胸を鷲掴みされたけど、鷲掴みされたのはパットのみ。
    私の胸はノーダメージ。
    思い返せば、クソジジイの手の感触なんて微塵もなかった。

    これって痴.漢になるのかな?
    いや、痴.漢なんだけど……私は嫌な思いしたんだけど……でも……うーん。

    flower420143_TP_V

    575:名無しの心子知らず2011/08/04(木) 00:17:27.89ID:KALcpMeI
    一年前から計画して、お金貯めて、ママ友5人で沖縄にいった。冬だけど。
    夜、思いっきり飲んで酔って地元の人にナンパされたりもしてちょっと良い気分だった。
    ホテルの露天風呂を貸し切りにして入りに行ったら、さっきのナンパおじさんらがいた。
    こっちはマッパ。固まる私達に、ママ友の一人が「今夜は楽しもうね!!」と…

    お前が引き入れたのか!!
    すぐに服を着て部屋に戻ると別のおっさん達が全ネ果で待機。別のママ友が部屋にいて、
    「ねーすぐに始める?」と。
    私含めた3人でホテルのロビーへ行き、事情を話して別のホテルへ移った。
    勿論COなんだけど、問題の二人は「ママ友だけで旅行するってこういう事でしょ?」と。
    確かに今まで下ネタを話した事もあるけど、そういう人だとは気付かなかった。
    その後数年沖縄がトラウマで行けなかったんだけど、
    今年ようやく家族で行く事になったので厄落としに書いておきます。

    AME19716071_TP_V

    209: 可愛い奥様 2010/10/30(土) 23:24:00 ID:NX52AD5v0
     会社で仲のいい友人(女性)が 「海外パック旅行」 で同じ団体の人から
    お土産のおすそわけでもらったとかで、休み明けに、いたずらそうにEDのお
    薬を見せてくれました。もちろんあやしげな模倣品です。「効き目ってどう
    なるのかしら」 と好奇心が頭をもたげ、どちらから言うともなく、一人の
    上司に目をつけました。

     その上司はいつも私たちの仕事に難癖をつけて、ネチネチと小言を言い、サ
    ービス残業を強制します。コーヒータイムにカップのコーヒーに1錠入れて、
    素知らぬ顔で出したところ、ほどなく歩きにくそうにしています。横目でちら
    っとみると、盛りあがったあたりを書類で必タヒに隠しています。退社時刻にな
    るかならないうちに、「用があるから」 と前を鞄で押さえて、そさくさと帰
    っていきました。すぐさま私たちも解放されて、その日は残業なしで早々と退
    社 (快哉)。
     副作用が怖いので、このたくらみは一回きりにし、残りのお薬はゴミ箱にす
    てました。出世欲のかたまりだった上司はそれ以来、魂の抜け殻になって、や
    がて小さな系列企業に出向させられ、見送る人も無く去っていきました。
     後任に若い温厚な上司が来ましたが、私は燃え尽きたように熱意が薄れ、仕
    事に身が入りません。気が付いてみると、前は上司への反抗心でがむしゃらに
    働いていたのですね。後ろめたい気持ちのまま、しばらく勤めて、きりのいい
    ところで私は退社し、つられるように友人も退社して別れ別れになりました。

    279: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/20(火) 23:59:10.60 ID:hoiaNUc7

    娘(ママ大好き)にされた衝撃なこと。 

    この間俺が風邪でダウンしたとき。 
    寝室で横になってたら、嫁の監視をすり抜けて長女が部屋に入ってきた。 
    長女「ママもお熱ある」 
    やばい、うつっちゃったのかなぁ、なんて考えてたら 
    長女「パパごめんね」 
    と俺の冷えピタ剥がして、持っていかれた。 
    泣いた。

    AME19716067_TP_V

    335: 名無しさんといつまでも一緒 2006/08/09(水) 11:20:48 0
    ある時妻に
    「もう貴方に対して愛は感じられないわ、家族としての情はあるけど…」
    と言われました、正直ショックでした。
    でもしょうがない、彼女がそんな状態になる前になんとか出来たかも…
    自分を責めました、そして何時か彼女の気持ちが戻ってくれればと
    努力するように努めていました。
    久しぶりに見た妻の笑顔に、ドキドキしました。
    ベッドに入ってきた彼女を後から抱きしめ、うなじを愛撫していたら
    急にこちらに向き直り、姿勢を正して

    AME19716055_TP_V

    491: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 14:04:11.64 ID:iNJm/K3q.net
    母、と言うか両親の修羅場
    母は出産するまで双子を妊娠してたのを知らなかった。
    48年前は超音波?もなかった時代、一人産まれたあともう一人いる!!
    と医者も母もパニクって、あとから聞いた親父も相当パニックだったらしい。
    一人だと思ってたし貧乏だしどうやって二人育てていこうかと。
    まぁ、何事もなく無事に二人産まれたから良かったけど。
    ちなみに俺はついでに産まれてきた方

    460: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/08/27 17:11

    私が小学生3年生だった冬。父親が雑誌の懸賞でスキー旅行を当てた。 
    しかし弟が生まれたばかり、母親も産後の疲労で体調が思わしくない 
    こともあり、父親はその権利を叔父に譲った。 
    そこで悲劇が起こる。叔父の家族を乗せたスキーバスが途上で崖下に 
    転落したのだ。叔父は全治6ヶ月の重傷、残りの家族は全員シ亡した。 

    悲報を知らされた私たち家族はその日のうちに叔父の入院先の病院へ 
    向かった。叔父は全身を包帯で覆われた無残な姿で呻いていた。 
    ふと、私たちの姿に気が付くと・・・。 
    「お前達が私の家族を頃した!!」 
    その叫び声は、幼い私にとってこの世のものとは思えない怨念に満ち 
    たもので、金縛りにあったように全身が強ばったのを覚えている。 

    509: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/11/21(水) 12:33:17.96 ID:N4kWnMBX.net
    5日で来なくなった派遣社員からセク八ラで訴えられた

    「課長の田中努(仮名)に食事に誘われて断ったら粘着された。 
    隙を見てベタベタ触られたり卑.猥な事を言われるので警戒していたがコピー機の所で背後から抱きつかれて固くなった股.間をこすり付けられ胸を揉まれた 
    抵抗したが「派遣社員が逆らってやっていけると思ってるのか」と脅された 
    翌朝から出社しようとすると涙が止まらなくなって外に出られなくなった。男の人が恐い。心療内科の診断書もある。謝罪と賠償を」 
    との事。身に覚えがないどころか派遣は主任の管轄なので挨拶されたっけかな?くらいで顔もわからない 
    法務部が「本当に田中努(仮名)がやったのか?」と確認するも「課長の田中努(仮名)で 間違いない。身体的特徴はこれこれこうで服装はこれこれこう」の返答の特徴に該当するのは自分しかいなかった 
    勤務時間的に不可能な犯行も多々あり周囲は潔白を信じてくれたし法務部も「会社都合退職にして失業保険即貰おうって腹じゃないかなー」と云う見解だったが 
    それだけに内々に済ませるわけにもいかず労務審判となり初めての裁判所しかもセク八ラときて個人的にはかなりの修羅場だった 

    まぁ調停で「どうも、田中努(仮名)です」と固くなる股.間を持ち合わせていないアラフィフのおばちゃんに名乗られた派遣女と弁護士の方が修羅場だったような気もするが

    AME19716044_TP_V

    446: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/02(日) 02:16:55 ID:jvwtpeOt
    些細な事かもですがなにせまだ初々しいw中学生でしたから・・・

    中学入学を控えた春休みの平日の昼下がり、夕食の買い物をしようとスーパーへ向かったとき
    道に落ちてた封筒を何気なく蹴ったら、中から札束がどさっと飛び出した。
    慌ててながら交番に届けたら万札やら五千円札千円札など合わせて総額70万余り。
    よく見たら銀行の封筒だったし平日だし銀行から引き出してすぐに落としちゃったんだろうな。
    落とし主もすぐに交番に飛び込んでくるだろうななどと思ってたのですが・・・。
    (銀行も交番も拾った場所から至近距離でしたから)

    半年後警察からの連絡があり、落とし主が現れなかったからお金取りに来てねと。
    キョドってしまい父と共に警察署へ。
    まだ中学生だし、拾っただけだし、こんなのもらっちゃってもいいんだろかなど
    わたわたしながら意味不明の戯言をのたまってしまいましたが、お巡りさんが
    「法律で決まっているからね。安心して受け取っていいよ。
    こんなこと言っちゃいけないけど黙ってネコババするような人も多いのに
    正直に届け出てくれた素直なキミへの神様からのプレゼントだと思えばいいよ」
    と優しく言ってくれました。
    父も
    「父子家庭で文句も言わずに家事をがんばってくれてるお前に神様がご褒美をくれたんじゃないかな」
    と。
    みなに勧められたのでようやく安心してありがたくいただきました。

    で、そのお金で欲しかった冷蔵庫とお菓子やパンを作るためのオーブンと全自動洗濯機を買ってしまった
    中一にして激しく所帯じみていた己が、とんでもねーガキだったよなぁと今となっては衝撃的に思い起こされるのでしたと。

    このページのトップヘ