ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    34

    5: 名無しさん@おーぷん 2015/06/27(土)13:24:54 ID:rT9
    流れ読まずに失礼します。
    嫁が40になるんだけど、俺的には2人目の子が欲しくて、2人目作ろうと話したらキレられた。
    年齢を考えたら厳しいし、また赤ちゃんの世話する体力もないんだと。
    1人目は4歳だし、そもそも1人目の時にすでに高齢出産なんだし、あんまりかわらないと思ってるんだが。
    もちろん産まれたら手伝い気はまんまんだし、やっぱり四人家族がいいなーと最近特に思う。
    嫁は猛反対。絶対無理の一点張り。
    なんと言ったら前向きに考えてくれるかね…

    pp816IMGL0965_TP_V

    432: 恋人は名無しさん 2007/04/17(火) 10:13:35 ID:GgR6MQHP0
    新婚1ヶ月目の時、夫と一緒に夫の会社の同僚さんの家へ。
    この人Aさんは単身赴任でアパートで一人暮らしだった。
    3人で家で飲もうという事で、
    私は家で料理を作って持って行き、キッチンを借りて料理を温め、
    夫はAさんが氷やら何やらを買いに行くというのでそれについて行った。
    キッチンで作業中インターフォンが鳴り、帰って来たのかと思ってドアを開けたら女の人が。

    一瞬あれ?と思って思わず「どちらさまですk…(あれ、奥さん??)」と言ったら
    「どちら様じゃないわよ!図々しいわねっ!」といきなり突き飛ばされた。
    よろめいて躓いた所にもう1回突き飛ばされ、靴を履いたままの足で蹴られた。
    単身赴任の夫の家にアポなし凸したら
    キッチンで若い女がエプロンつけて料理中なんだからそりゃあ逆上します。
    向こうからしたらかなり禁句だったかもしれないけど
    「違うんです違うんです!!」としか言えず、
    「何が違うんだって言うのよ!!」と言い返されてマウントポジションで襟掴まれて
    頭ガンガン振られ、痛いのと怖いのとで「違うんですー」としか言えない。
    「ええ!?ああ!?」とか言いながらビシバシ殴ってくるから余計に。
    やっと離して貰ったと思ったら、リビングに入っていって
    小さな悲鳴を上げて「こんなの何よ!」だか何だか言いながら
    持ち込み料理をガンガン投げ始めた。
    そこら辺で夫とAさん帰宅、外からでも音が聞こえたらしく走って入ってきて
    座り込んでる私を見てビックリ。
    夫に介抱されてる間
    「お前何やってんだ!」「あんたこそ何やってんのよ!ふざけないでよ!」とか聞こえてきて
    更になにやら破壊的な音がする。
    私はなんか人事みたいにボタンがブッちぎれた服をボーっと眺めてたような気がする。

    DSCF6339-Edit_TP_V

    803: 名無しさん@おーぷん 2017/03/12(日)09:12:33 ID:gyp
    すみません。お願いします。
    週末友人が泊まりに来てました。
    昨夜は俺嫁友人2で宅飲み。
    嫁と友人1号が1:00くらいに寝て、その後俺と友人2号で飲んでたら
    友人2号が「オマエいつも嫁さんにあんな感じなの?気分悪いからやめろ」と言われました。

    友人2号が言うには
    ・嫁が「~が好き」「今~が面白い」と言うたび、その対象を貶す
    ・嫁を「太った、オバサンになった」と言う
    ・動いてるのが嫁だけで、俺が手伝わない
    ・元カノの話題を出した
    ・途中何かの音がしたので、「嫁が屁こいた」「臭い屁」としつこく言った
    などがヤバイと思ったそうです。
    太ってオバサンになったのは本当で、嫁だけが動くのはあとで文句言われるからで
    元カノの話題と言っても共通の同級生です。
    屁はただの冗談です。
    翌朝嫁に「2号がオマエを心配してたぞ~」と報告するとスルーされました。
    笑顔なしです。無言スルー。
    これはヤバイですか?
    俺29 嫁30(同学年) 共働き子無し です。
    嫁は55キロくらいです。

    9

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/01(月) 14:43:45.289 ID:0Bw2mDVtp.net
    そんなに酷い?
    羽(フィン)って名前なんだけど
    ちなみに由来はあるからキラキラネームじゃない

    13

    759: 名無しさん@HOME 2013/08/06(火) 21:18:47.00 0
    月に2~3回、男友達と集まり飲みに行く旦那
    集まる友達は全員男、男だらけでひたすら飲んで馬鹿話するらしい
    一度でいいから私も一緒に連れていってほしいと頼んでも必ず断られる
    なんで駄目なのか聞くと、男だけの場に女が混ざると白けるから、らしい
    そんなこと言って本当は女の子がいるんじゃ?とか
    もしかしてキャバや風○に行ったりしてるんじゃ?とか不安もある
    どうしたら一緒に連れてってくれるかと日々考えてる
    一度でも連れてってくれれば疑い晴れるしお互いスッキリなのに

    DSCF6338-Edit_TP_V

    1: マジレスさん 2016/10/09(日) 23:41:52.56 ID:d/N0OopT
    彼女のことも、その友達のことも嫌いになりそう。
    誰か話だけでも聞いてくれ。

    anjyuIMG_1111_TP_V

    669: 愛とタヒの名無しさん 2016/12/25(日) 10:36:45.97 ID:bT37bDp9
    私33歳で年収100万円の家事手伝いだけど(やや老け顔だが普通顔)
    結婚相談所でも散々な結果だよ。もうひどすぎる…
    「松潤みたいな人と」→(ヾノ・∀・`)ムリムリ
    「背が高い人、185以上」→[+д+]/ ムリダーヨ
    それじゃあって条件を変えてみて…
    「年下がいいできれば29歳以下」→( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
    「年収も600万は…」→m9(^д^)プギャー
    ケチョンケチョンにされてしまうからね…

    アラフォーばっかりだよ、36歳が一番若いしひどい時は40後半とか…
    年収は確かに600超える人はそれなりにいる、でもおじさんはちょっと…
    昨日話題になった468のスペックなら普通に会いたいわ。アラシックスとか
    49歳の閉経したババアに取られるくらいなら私が引き取ってあげたい

    5年連続お母さんと2人でXmasしてテンション下がりまくりだわ
    恋愛する年齢じゃないしお友達もまだ2人未婚いるけど1人は年下
    高身長(ただし収入は低い)と結婚前提のお付き合いしてるから
    正直最後まで残りそうで怖い…

    長文失礼、でも今日くらいは書かせて欲しい

    4

    333: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/26(日) 22:04:01
    この夏から俺の実家で同居が始まる。
    俺が昔使っていた部屋にそのまま入る形になる。
    俺がやれないから嫁と俺の母と兄の3人で準備してる。
    準備してるって事はノリノリなはずなのに夜中に時々こっそり泣いてる。
    意味が分からない。
    そりゃ兄は独身だけど本当の妹のように可愛がって貰ってるくせに部屋に鍵付けたいとかアホか。どんだけ自意識過剰なんだ。

    042horror0523_TP_V

    736: 名無しさん@HOME 2016/04/13 15:13:13.95 ID:???
    姉が3時間くらいお風呂入ってて、早く出てほしいんだけど!と声をかけたら、姉が半泣きで出てきて
    シャンプーの頭の部分があそこに入ってしまったから救急車呼んでほしい……と言われたとき。

    パニクって無理にとろうとして奥に入っちゃったらしくして、とりあえず部屋に連れてって落ち着かせてとったらとれた。
    お風呂場で転んで偶然入ってしまったらしい。私も泣きそうだったよ。

    040horror0523_TP_V

    671: 名無しさん@おーぷん 2017/08/21(月)16:12:15 ID:QAd
    夏休みであった修羅場。

    自分が中学生の頃。
    両親が仕事で留守だったので友人4人招いて遊んでた。
    テンションが上がった自分達ははしゃぎまくったものである。
    そんな中、誰が言ったのかは忘れたが、
    「警察に110番通報してやろうぜ!」と言い出した。
    一瞬「え?」って思ったけどなんだか面白そうとなって
    110番通報をしてみた。

    ダイヤルを回したらすぐ警察官が出た。
    「こちら県警です。事件ですか?事故ですか?」
    と言った瞬間、
    友人が
    「きゃ~~~~たすけてぇぇぇぇ」
    と絶叫。
    すぐに電話を切った。

    全員大爆笑。

    その直後・・・

    「ジリリリリリ…ジリリリリリ…」

    誰だろうと思って自分が電話に出ると
    「もしもし?警察ですが?何かありましたか?」
    と言ってきた。

    自分は慌てて電話を切った。

    このページのトップヘ