ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    2018年06月

    kawamura1029IMGL4450_TP_V

    864: 名無しさん@おーぷん 2015/09/25(金)13:34:03 ID:Ag6
    転勤族で引っ越してきたばかりなんだけど、
    地元のフリーペーパーで近所に鉄板焼きのお店があることを知って
    この間の連休に旦那と二人で行ってみた。
    カウンターだけの小さなお店で人は少なく
    待つことなくカウンターに案内されて座った。
    旦那と楽しく食事していたら、オーナーらしきおばさんがやってきて
    「これはこれはわざわざいらして頂いてどうも~」っと言われたような気がするけど
    いまいち滑舌の悪い人で(口の中だけで発声する感じのしゃべり方)
    よく分かんないので適当に愛想笑いをして会釈。

    それから少し経って追加注文をしたら、またその人がきて
    「ありがとうございます。ほんとにいつもお元気そうで・・・」と言われたような気がするけど
    これもハッキリ聞き取れない。
    ただ何となく誰かと勘違いされてるのかな?と思ったが
    どう言って確認すればいいのか分からないし、勘違いだとしても向うの勝手だし関係ない。
    今は美味しい物に集中したいと思った。
    食事が終わってレジに行ったら「結構ですよ。お父様によろしくお伝えください」って言われて
    何のことやらさっぱりなので「え?いや(私たちは初めて来たんですけど」と言いかけても
    食い気味に「いえ本当に結構ですから。楽しんでいただけただけで」と言い、
    「もし(かしたらどなたかと間違ってらっしゃいません?」と言おうにも「良いんです良いんです」と言い、
    他の店員さんたちまでレジに来て横一列に並んで頭下げられて「有難うございましたーーーー」って言われて
    鳩豆状態で店を出た。1万5千円ぐらい食ったのに。
    なんか無銭飲食したような気がする。

    kawamura1029IMGL4449_TP_V

    775: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)11:06:41 ID:B87
    質問大丈夫ですか

    嫁と2年以上レスなんだけど、2年の間それなりに誘われてたのを断り続けたら
    ここしばらくは求めてもこなくなって寝室を分けられました
    個人的には同じ布団で体を触りあう程度の触れ合いはほしいんだけど
    嫁にはそれはつらいからやめてくれと拒否されてます

    俺はもう40代半ばなので男セイとして満足に機能しないんだけど
    嫁は15歳年下でまだ30代になったばかりです
    それなりにセイ欲はある女セイだと思ってるんだけど、これはもう嫁のセイ欲が
    なくなったのか、それとも外で発散してるのかどちらだと思いますか?

    子供はお互いに問題があって、結婚当初から作らないつもりでいたので
    出産後に夫を男として見れなくなったということではないと思います

    kawamura1029IMGL4424_TP_V

    629: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/11(月) 13:48:51.65 ID:H0DnYiJj
    赤ちゃん~中2まで母子家庭だったけど、
    小3くらいまでは母の彼氏やら、援助男が数人家に出入りしていて
    兄と私が密かにあだ名をつけた大関くん(40代くらいの太ったおじさん)が
    仲介者の紹介でやってきた。

    通常おっさん達は、母を目当てに来ているんだけど
    大関くんだけは?私目当てにやってきた(当時、幼稚園年長)
    仲介者、母、大関くんは母の部屋で話をしていたけど
    ふすまには誰がやったか忘れたけどメロンが通るくらいの穴があいているので
    私はそこから堂々と覗いて聞いていた。
    20万くらい?かそれ以上のお金を母が受け取り
    母は「わかっていると思うけど汚れにはしないでちょうだいね」みたいな事を大関くんに言っていた。
    仲介者と母は穴から覗いている私を見て手招きし
    私は部屋に入って大関くんと挨拶させられ、よろしくねと言われた。
    大関くんは土日に私を連れて、遠い動物園、遊園地、美術館、牧場、海、スケートなど
    色々な所へ連れて行ってくれてご飯も食べさせてくれた。
    ただ、毎回行く先々で絵を描かれた。
    手は繋がれたし、肩車もされたけどそれ以上変な事はされなかった。
    1年半くらいそんなのが続いたけど、私の誕生日に遊園地に行った時
    「今までありがとう、元気でね」と言われ、それっきり家に来る事はなくなった。
    大関くん来ないんだねとは思ったけど、特に母には何も聞かなかったけど
    それからしばらくして仲介者が母に、大関くんが亡くなったと話をしていたので
    割り込んで、どうして?と聞いたら、病気で亡くなったんだよとだけ言われた。

    何が衝撃かと言うと、大関くんだけじゃなくて色々なおっさんが数年間出入りしていて
    それが私達は外では話さないけどあまり重大な事だと受け止めていなくて
    我が家では普通の光景で、高学年になって、ヤバイ家庭だと気が付いた時だと思う。

    kawamura1030IMGL3943_TP_V

    338: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)14:22:29 ID:jRA
    大学時代、とあるチェーン店のラーメン屋でバイトをしていた。

    スープや味付けの種類は色々あって辛口系何かもあったんだが
    ふとした思いつきから「辛口ラーメン」の「辛口」を「超超超激辛口」の味付けにして客に出していた。

    初めは大学の気に食わない奴が客として来たから半ばイタズラ心でやったんだけど
    そいつの反応が「アッヒャ~~!!!!????」みたいな反応で思いの外面白かったから
    その後辛口ラーメンを頼んだ客の内、大人しそうなリーマンやオタク風の客を無作為で選んで
    「超超超激辛口ラーメン」にして出していた。

    (女セイには可哀想だからやらなかった、数人の場合は騒がれたら困るからやらなかった)

    反応は人それぞれで、一口食べて凄い顔を引きつらせながら箸を置いて帰ったり
    「うぎゃっ!!?」と悲鳴を上げたり、そういうラーメンだと思ったのか汗ダクダクになりながら
    無理矢理食べようとしたりと様々だった。(ちなみに完食した人間は10人の内1、2人ぐらいだったw)

    そんなある日、いかにもなアキバ系の客が「か、か、辛口ラーメン…」と頼んで来たので
    ちょうどその時とある出来事でイライラしていた俺は「超超超超超超激辛口ラーメン」ぐらいの味付けにして出してみた。
    一口食べた客は一瞬顔が赤くなった後、サーッと血の気の引いた様に顔色が変わった後椅子から静かに転げ落ちた。
    どうやら辛さが限界を回って気絶した様だったw

    「大丈夫ですか!?」と心配して駆け寄るフリをして「あっ!?」と思わずラーメンを落としたフリをして
    客の顔に超超超超超超激辛口ラーメンをビシャリ。ショックで気を取り戻したのか悶絶する客。
    心配する様子を見せながら病院へと電話しつつ、内心大笑いしていた俺だった…

    このページのトップヘ