ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    💔離婚・別れ💔

    ELL85_akaianemono_TP_V
    281: åç„¡ã—さん@おーぷん 2018/11/03(土)09:51:10 ID:dlV
    相談させて下さい。
    混乱していて文章が読みにくかったりするかもしれませんが
    よろしくお願いします。
    私には息子が1人いるのですが(結婚しています)、
    この子が昨日仕事終わりに突然フラッと実家に帰ってきまして。


    普段実家に来る時は事前に連絡を入れるし
    嫁子供を連れたって来るので違和感を覚えました。

    「話があるんだけど。」と言って私をリビングに座らせたまま
    なかなか話を切り出さない息子に
    「お母さんも暇じゃないのよ?急に来て何の用なの?」
    と聞くと、息子は意を決したように口を開いたのですが、
    「俺、結婚したい子がいるから。まだ嫁には言わないでね。」
    と言うのです。

    息子が言うには相手は職場の後輩だそうで、
    なんともう交際して2年にもなるそうです。

    しかも去年の夏頃に相手両親に挨拶までしているとの事。
    この時点で既に目眩がしていましたが、更に聞くと
    なんと相手両親は息子が既婚者だと言うことも知った上で交際を認め、
    結婚を後押ししているのだそうです。

    先程書いたように息子は結婚していますし子供もいます。
    側から見る限り嫁と仲が悪いとかうまくいってないなどは
    感じた事が無かったので何故息子がこんな馬鹿げた暴挙に出たのか
    理由が見当付かず。

    「嫁さんと何かあったの?喧嘩でもしたの?」
    と尋ねましたが、
    「これと言って特になんもないよ。ただ一生連れ添うべきは後輩ちゃんだ
    と気付いた。」
    と、阿呆らしい台詞が飛び出しまして…。

    母親として悲しいやら悔しいやらで思わず泣いてしまうと、
    息子はとても驚いた表情をしまして。
    その息子の顔を見た瞬間、
    「あ、この子は私が素直に応援してくれると思い込んでいたんだ。」
    と分かって心底呆れました。

    「私はその後輩とやらと付き合うことも、当然結婚する事も認めない。
    嫁にもこの話はするし、もしもこのまま交際を続けると言うなら
    会社に報告するよ。例え嫁があんたと別れる事を選んだとしても
    交際を辞めないのなら会社に言う。」と言うと、
    息子は私が反対するなんてかけらも考えていなかったのでしょう。
    顔面蒼白といった面持ちのままフラフラと家を出て行きました。

    嫁には今朝「話があるから。」と家に来てもらう事にしていますが、
    何をどう伝えれば良いのでしょうか。
    私には息子を庇う気がないのでもちろん息子から聞かされた話は
    全て伝えるつもりですが、嫁を出来うる限り傷付けない上手い伝え方は
    ありませんか?

    ひっきりなしに来る息子からの
    「会社に迷惑かけないで!」
    「まさか本当に嫁に言う気じゃないよね?」
    「母親でしょ!?」
    などのラインに気がおかしくなりそうです。

    kazukihiro08030I9A6973_TP_V
    687: ãŠã•ã‹ãªãã‚ãˆãŸåç„¡ã—さん@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 15:41:37.68 ID:/IjtxAHR.net

    学生のときに付き合ってた8歳上の社会人彼氏。 

    レストランで食事したとき、私はハンバーグ&海老フライのセットを頼んだ。
    余談だが私は海老フライが食べ物のなかで一番好き、
    かつ好きなものは最後に食べたい人(彼氏もこれ知ってる)。 

    話しながら食べていると、いきなり彼氏が
    箸を伸ばしてきて海老フライをかっさらっていった。

    私唖然。 

    彼氏は私の顔をのぞきこみながら、
    にや~っと気持ち悪い笑みを浮かべ、ゆっくりゆっくり海老フライを食べていく。


    「…何するの?」ってやっとのことでしぼりだしたら、
    「どうせ俺が全額払うんだからこれは俺のもの!何キレてんの~??ww」っておちょくる。
    こいつ、とにかく金稼いでる社会人の俺age!学生は穀潰しsageの人だった。
    いくら自分の分は自分で払うといっても、貧乏な学生が調子乗るなと絶対払わせてくれない。

    でも自分で払うから、食事くらいちゃんと食べたかった。

    お店を出ても、
    「あのときのお前のアホ面笑えるわ~ww何度見ても面白いからやめられないわ~」
    って何度も言ってくる。
    ちなみにこいつは海老フライそんなに好きじゃない、
    ただ私への嫌がらせだけであんな真似をしたんだと思うと腹が立ってしょうがなかった。
    未だにこれは忘れられない。食べ物の恨みは深いんだぞ!!

    mizsuho170920012_TP_V
    900: åç„¡ã—さん@HOME 2020/09/04(金) 13:01:57.02 0
    ◆現在の状況
    妻から離婚したいと言われる
    ◆最終的にどうしたいか
    離婚したくないが、自身の行動もあまり改めたくない
    (その必要があるかと感じている)

    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) : 
    40前半 サラリーマン 600弱

    ◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額) : 
    30後半 専業主婦 ゼロ

    ◆家賃・住宅ローンの状況 : 賃貸(会社負担)
    ◆貯金額 : 現金は500万
    ◆借金額と借金の理由 :何もなし

    ◆結婚年数 : 18年
    ◆子供の人数・年齢・忄生別 :中高生女3人
    ◆親と同居かどうか : 別居
    ◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由 : 両方なし

    ◆離婚危機の原因の詳細 
    妻からこのまま何もしないなら愛情も感じないし離婚したい
    と言われた。ここで言うなにもしないとは
    外食、旅行、愛のある行為などイベント的なこと

    確かに子供も大きくなり部活や友達と遊ぶなどで
    家族全員で何かをやる頻度は減った

    手もかからなくなったので少なくともここ一年は
    帰宅したらすぐに晩酌をして早めにぐっすりねて早起きして
    また仕事という日が多かった

    晩酌中もリビングにいる家族と普通に話すし、
    もちろん酔った上での暴言やDVはないし
    ストレスを抱えてたこともない

    愛情があるかと言われれば
    自信をもって「愛してる」とは言えないが、
    このままずっと暮らしていきたいと思っているし、
    少なくともマイナスな感情はない

    もともと自分は愛情表現が本当に苦手で、
    思っていても口に出したくないタイプで
    妻もそれはわかっている(はず)
    行為は自分から求めることは今はないが
    求められたら応じている(年数回くらいだが)

    何もしないと言われたが、何かしてたという時は
    子供が全員小学生だった時代を指すものと思われる
    そこそこ手がかからなくなり毎年どこかに家族旅行へ行き、
    お互いまだ若いから行為もあった
    たまの平日休みにはランチに行く、そんな頃
     
    言いたいことはわかるが、状況は変化していくし、
    今も十分に恵まれてると感じて過ごしてほしいのですが、
    どうしたものでしょうか



    MIZUHODSC_0075_TP_V
    1: ä»¥ä¸‹ã€5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(æ°´) 23:16:14 ID:0JDc5iAt0
    結婚7年目出来婚 
    子供は6歳長女5歳長男 
    嫁の離婚したい理由なんだが 
    俺有責でありすぎておもいつかんレベル 
    気団でやれって言われるかもだが 
    俺がクズすぎてな 
    どこでもいいからとにかく離婚はしたくないから 
    上手いこと何とかならんか?って相談



    YUKI0211007_TP_V
    46: åç„¡ã—さん@HOME 2011/02/05(土) 22:21:57 0
    お願いします。

    詳しく書けないのですが、元恋人が会いたいと言ってるという連絡がTV局からありました。
    よくある人探し番組です。

    私目線では、元彼の浮気未遂とか仕事がうまくいかなくて私に八つ当たりとか
    モラハラの気もあった人なのでさんざんな思い出なのですが、元彼目線では
    仕事や人間関係がうまくいかず寂しい思いをさせた。元彼女(私)は自分から身を引いた…みたいな感じらしいです。

    もう終わったことだし私ももう結婚して子供もいるんで、と断ったのですが
    TV局の人はメッセージだけでも欲しい、無理なら手紙だけでもと食い下がってきます。
    一言「会う理由がありません」とか「もう終わったことですから」など伝えてもいいと思いますか?

    あまり刺激したくないので、穏やかかつ今後の接触を断る文面にしたいです。



    このページのトップヘ