ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👹復讐👹

    ELL19613048_TP_V
    968:本当にあった怖い名無し2011/06/27(月) 17:21:14.47 ID:K4D9Nde1O
    フェイクは入っている。

    高校1年の時、兄が結婚した。
    兄と兄嫁は結婚してそのまま兄実家(=私もいる)で同居し始めた。
    新婚当初は、私と兄嫁は仲悪くはなかったと思う。
    半年した頃から兄嫁に嫌味をいわれはじめた。

    剣道部だったため「妹ちゃん臭いねw」(入/浴後)とか
    「妹ちゃんの甲手って馬フンみたいな匂い」
    (洗って陰干ししていたのをわざわざ匂い嗅いでいう)
    とか部活関係を主に成績や異性爻遊についても。
    当時、私は恋愛よりも部活一辺倒だったため、
    「彼氏できないんだ?wいきおく
    れ確定だね」「むしろ行かず後家かな」
    等の嫌味は非常に煩わしくて仕方なかった。
    一方、母と兄嫁は仲が良かったらしく、母に相談しても
    「兄嫁さんがそんなことするわけないでしょ」
    なんて言っていて相手にしてくれなかった。
    兄もそうだった。むしろ嫁いびりやめろ、
    と私の頭をひっぱたいた。
    父は無関心だった。

    PAK13_moshimoshiOL20131019_TP_V
    566:本当にあった怖い名無し2010/07/29(木) 15:38:36ID:zi7imHfA0
    元旦那と不倫相手とになら復讐したよ。
    二人の△動画を裁判の証拠にして提出しただけだけど
    こっちに証拠がないと思わせて裁判まで我慢してた。ほんとは探偵もやとってて証拠いっぱい。
    どうしても二人に恥をかかせたかった。
    相手側は私を被害妄想の基地外として自分に有利に離婚するつもりだったようだ。

    動画を裁判で公開されるのか?とおもってたのだけど実際は裁判所に提出するだけ。
    ちょっとつまらなかった。でも元旦那はいいとこのお子さんだったのに親から絶縁された。
    元義理両親に土下座され相場の倍近くの慰謝料をいただいたが気持ちはおさまらなかった。

    二人は同じ会社だったから会社にも提出して処分を求めた。
    どの程度の人が動画を見たのかは知らない。
    弁護士さん経由で処分を求めるためだから違法ではない。

    結果元旦那は左遷、不倫相手は退職した。
    全然オカルトじゃなくてごめん。
    ちなみに外で△するのがお好きだったようで●食べる画像はなかった。

    YUUSEI75_dakiaugekisya15214626_TP_V
    914:本当にあった怖い名無し2013/04/16(火) 01:52:55.19ID:FzCU0CGF0
    吐き出し。
    母子家庭で貧乏育ちの私を陰で笑って色々やってくれた女に前科持ちのチンピラを紹介した。
    身も心も金もすべて吸い尽くされてポイ捨てされ十数年経った未だに独身。
    ざまぁwww

    CDS_weddings_TP_V
    599:名無しさん@おーぷん2015/03/31(火)08:23:10 ID:0nH
    ハタから見たら復讐に分類されると思うのでこちらに。

    自分は人と話すのが大好きです。異常なほど。
    多分病気なんだと思う。
    大学時代一人暮らしが寂しすぎたとき。
    真夜中に友達に電話しても申し訳ないし、
    スカイプしてもあまりヒットしない。

    そんなときは
    外に飛び出してバーで人に絡んだり、
    街中で窃盗チャリ見つけるために張り込んでる警察の人と毎晩話すこともあったりした。

    小さい頃から電車に乗ったら隣の人と、
    バスに乗ったら後ろの人と
    気づいたらお喋りをしてしまっていたらしい。

    そんな自分は中学時代イジメられていた。

    肉体的なことも精神的なことも将来がメチャクチャにされるようなことも散々やられた。
    小学校のとき親友だったAが中学デビューしたのがきっかけだったと思う。

    KZ1796044_TP_V
    331: 2010/04/28(æ°´) 12:30:36 ID:2PqKQJL00
    五・六年の担任(女 親も教員)が私のことを嫌っていて、結構いやな目に合わされた。
    その当時、その地区では珍しい私学受験の予定だったからかも。

    子供は多少バカで勉強が出来なくても元気なのが良い、というのを曲解していて
    バカで運動が得意な子ばかり可愛がって、頭は良いけど運動が苦手なタイプは出来損ない扱いだった。

    そいつは私達が卒業した後に何故か地元に帰る事になっていたらしく、
    改めて自分の地元の県の採用試験を受けたんだが見事に落ちてた。
    家の母親はなんかの機会の時に「落ちてよかったですね。もう先生はやらない方がいいんじゃないですか」
    と面と向って言ったのだと。
    それぐらい家の母親も業を煮やしていた酷い奴だったんだよ。

    その後、風の便りで「地元の美容師と結婚したものの、一人目を流産した」という話が伝わってきた。
    当時の私の仲間連中(先生に嫌われてたメンバー)は誰も同情もしなかった。
    ザマアミロって。

    「教師も、同級生も、バカにした奴は皆、見返してやる。幸せになってね。」
    これが私なりの復讐だった。中高一貫の私学で充実した六年間を過ごした。
    最高学府を目指すほど頭は良くならなかったけど、大学は理学部に進学した。

    そして今は何故か教員やってる。非常勤だけどさ。
    あの頃、自分が味わった惨めな思いを味あわせたくないから
    目立たない子、地味な子も均等に扱っていくように心がけてる。
    目立つ奴の影で、そいつなりの良さを認めてもらいたくてひっそり咲いている小さな花のような子の力に
    少しでもなれることができたらいいな。
    理想の子供像に当てはめるんじゃなくてね。

    このページのトップヘ