ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👹復讐👹

    449 :ガールズにちゃんまとめ 2007/05/17(木) 11:24:09
    同居トメ
    「腰が痛い」「肩が痛い」「めまいがする」
    などと毎日のように仮病を使い、家事を何もしない。
    そのくせ週末になるとトメ友と温泉三昧。
    そんな感じで半年が過ぎたころ、トメが仮病を使うたびに
    「本と顔色が悪いですね」「少し痩せたかも」「無理しないで寝ていてください」
    などなど言い続けていたら、トメ不安になったのか病院に検査に行きやがった。
    異常なしでニコニコ帰ってきたトメに
    「私の会社の上司が先日ガンで入院したんだけど、健康診断でも、人間ドックでも
     異常ナシだったのに余命3ヶ月ですって(ウソ)。検査もあまり過信できませんよね~」
    と言いつつ、さらに2週間「まだ顔色が悪いですね」「また少し痩せたかも」
    「本当無理しないで寝ていてください」と言い続けた。
    トメ胃潰瘍で入院した。

    トメさん、本当に体調悪かったのに疑ってごめんなさ~い。

    17 :ガールズにちゃんまとめ 2016/06/07(火) 10:10:20 ID:lYb
    4年前に結婚を機に退社して夫の地元へ転居し、その地域で仕事をしている
    夫は去年から地球の裏側へ長期出張中で長らく不在
    そういう状況なので、親戚や同僚に助けてもらいながら生活してた
    それなのに、ここ数ヶ月ほどなんだか周囲にハブられるようになった
    自分に落ち度があったのか、問題があるのか、本気で悩んでた

    そんなとき、退社した上記の会社でお世話になった上司(B)から電話
    当時私の指導員でもあった上司(A)が離婚したそうなのだが、その理由に
    私の名前を挙げていたという
    不倫とかではなく「ずっと彼女を愛してる、妻への気持ちはもうない」という理由で
    奥さんと離婚したらしい
    「離婚が成立してから会社にきておらず、まさかとは思うがそちらに行っていないか?
    行っている可能性もあるので身の回りに気をつけてほしい」
    要約すると上司Bからの電話はそんな内容だった

    その電話の中で上司Bから聞き出した内容によると、どうも上司Aの元奥さんは
    私と上司Aに本当にそういう関係がないかどうかを探偵を使って調べたらしい
    それで「本当になにもなさそうです」と調査結果が出たので、私に対しては
    ノーリアクション(何かありそうなら訴える用意をしていたらしい!)

    それを踏まえたうえでこちらもいろいろ調べてみたらこれがもうひどい
    その探偵の仕事がずさんなのか、それともわざとかはわからないけど
    どうも私の同僚や夫の親戚に派手に聞きまわっていたらしく、それが原因で
    周囲の人がよそよそしくなっていたことが判明
    聞き込みの際に私が既婚者と関係していたかもしれないと匂わせていたらしい

    探偵と、場合によっては元A奥さんを訴えられるかどうかを、こちらも弁護士と相談中
    できれば刑事事件にしたいと思っているけど、難しいかもしれない
    でも何かしてやらないと腹の虫がおさまらない

    余談だけど、上司Aは数日後に実家に戻ったところを両親が捕まえたらしい
    入院中なのでそちらには行かないと思うが、何かあれば知らせると上司Bに言われて
    当分ぶちこんどいてくださいと口汚く返してしまった

    298 :ガールズにちゃんまとめ 2016/10/29(土) 21:02:24 ID:mPX
    少し前、新しい電車が走る事になってうちの畑が撮り鉄とやらに荒されるようになった
    線路手前が爺さんと婆さんが丹精込めて作っている畑
    線路の向こう側が空き地になっていて、撮り鉄連中は空き地に勝手に停めて、畑に入って撮影している状態
    畑も空き地入口も有刺鉄線で囲ったけど、切られて撤去される有り様だった
    まとめで見るように重機で穴を掘ろうにも、レンタルしてお金をかけるのも馬鹿らしい
    で、養豚業者からただで貰ってきた肥を空き地一面に敷き詰めた
    トラック3台分くらい
    どうせ、その周りは民家もないし、田畑ばかりなので苦情も出ない
    空き地入口は数日かけて自分で鍬持って2m幅を50㎝位の深さで耕しておいた
    そしてやつらが来る週末
    朝から耕したところにたっぷりの水をまいて腐葉土で覆っておいた
    そのまま出掛けて夜に見たら車が1台お辞儀してた
    誰にも言わず、一人天誅を下し、必杀殳仕置き人になった気分で
    悦に入ってるなんて恥ずかしくて誰にも言えない
    爺ちゃん、婆ちゃんは肥をまいた空き地も使って
    一生懸命畑仕事に勤しんでいるから良い事をしたと思ってる
    レッカーも入って来れない場所なので、撮り鉄の車はどうしたか知らないけど、
    いつの間にかなくなっていた
    不法侵入だから警察も呼べずに困っただろうなw

    13 :ガールズにちゃんまとめ 2011/01/15(土) 22:11:00 0
    クリスマスにしたDQN返し
    近距離別居でやられたこと
    ・「お菓子作るのが好きなんです」といったら、甥姪、さらにウトの誕生日ケーキ作らされた
    ・もちろん材料費なんて払わない
    ・もちろん「自分がつくったの~♪」と言う
    ・もちろん「嫁はお菓子どころか料理も掃除も駄目で~」と大嘘つきまくる
    ・おかげでこちらは近所の方に「料理できないんですって?」と言われてしまう
    で、ここからがDQN返し
    クリスマスに「ケーキ作りなさい!」と言われたので、最高級の材料揃えて作ってやった
    そして旦那(ちゃんとトメを〆てくれます)に言ってこっそり義実家にカメラを設置
    ばっちり撮れていました

    開けた瞬間叫ぶトメ、ご近所さん
    子どもの巣立った方々のパーティだったので大人だけなのでやりました
    お化けケーキを
    食紅や持てる限りの技術を使って作りました
    腫れあがり、開かない目
    そして腐り落ちた目玉
    髪はココアクリームを使って表現
    目玉は笑顔動画のそれなりに有名な動画を参考に作ったので素晴らしい出来です
    もちろん、「材料費返してください、嘘付かないでください。このケーキは嫁子が作りました」
    と書いた手紙に見立てたマジパンもつけました
    トメ、ご近所さんに今までの嘘がバレpgrされてしまい、旦那ウトに〆られ
    私には「次はゾンビとかいいですねぇ」と言われて縮みあがっています

    現役パティシエなめんな

    673 :ガールズにちゃんまとめ 2011/12/17(土) 02:44:37 O
    クソトメにしたDQN返し投下(今は元トメですが)
    私が米を炊こうとしてると現れ『お水ちょっと足りないわね』と5cc程足される
    洗濯物干せばせっせと干し直してる、畳めば畳み直しt掃除すればry
    (↑これはトメが疲れると思って放っておいた。イキイキしてた)
    私が苦手な豚足・モツ・内臓系ばかり買ってくる
    (↑豚足をムシャムシャ貪るのを醜い…と心で呟いてた。豚足好きな人ゴメン)
    水面下でエネ夫との離婚を考えていた頃ウトがタヒんだ
    家のローンはチャラで保険金は3000万
    これで50代トメは残りの人生過ごさなきゃいけない

    820 :ガールズにちゃんまとめ 2016/04/29(金) 00:39:39 ID:qM0
    ありがちな話かもしれないけど一つ。

    中学生のとき、美人で強気な幼馴染に、ブサイクで気弱な私はいつも嫌味を言われていた。
    時には、じゃれるような感じを装ってぶたれることもあった。

    例えば、
    友人「○○ちゃんと私ちゃん、いつも一緒だよね。幼馴染なんて羨ましいなー」

    幼馴染「まあ本当はもっと可愛い子が良かったんだけどなーwwwあれと一緒にいると私まで頭のおかしな奴に思われるっていうかwwwww」

    これを全部私のいる教室で言う。
    ちなみに幼馴染のすごいところは、これだけ言っても誰からも嫌われないことだ。むしろ、幼馴染の周りには常にキラキラ系の取り巻きが数名侍っていた。

    本当に我慢ならなかった。
    私が一体何をしたというんだ。
    なぜ私がこんなにも傷つけられなくてはいけないのか。

    答えは自分でも分かっていた。
    私が「陰気なおブス」だったからなのである。
    そして、これがいじめられっ子の私と多少悪口を言っても許される幼馴染の決定的な差だったのだ。
    私は、美形で自信家の幼馴染には格好の引き立て役兼サンドバッグだったのだろう。

    そして私は中三の秋、ある決心をする。
    彼女よりも美しくなって、彼女を見返そうとしたのだ。

    まずはニキビだらけの顔の改善。
    皮膚科に行った上でさらにニキビ用化粧水を塗りたくり、10時には就寝を徹底。
    次に腫れぼったい一重まぶた。
    母が生まれつきぱっちり二重だったおかげか、こちらは軽いマッサージで簡単に何とかなった。
    ついでに眼鏡からコンタクトにした。
    そして髪型。
    まず自分の輪郭とそれに似合う髪型を分析し、「勉強の邪魔だから」とひっつめにしていた髪を切った。
    コンプレックスである輪郭を隠すことができ、さらに校則の厳しい学校でもおしゃれに出来るボブヘアーにしてもらった。

    高校生の先輩が「一目惚れした!」と私に告白してきてくれたのは、しばらく経ってから。
    せっかくだけど、断った。正直タヒぬ位嬉しかったけど。やっと努力が実った!私でも、可愛くなれたんだ!って感じで。
    あまりの嬉しさに終始ニヤニヤしてたと思う。
    幼馴染は「え、え?・・・ま、まあ○○にコクるなんて物好きじゃない?w」なんて言ってた。
    動揺した様子が面白くて、その後告白される度に幼馴染に報告してた。
    でも、まだこんなものじゃ満足出来なかった。

    534 :ガールズにちゃんまとめ 2016/03/05(土) 00:47:37 ID:zQO
    義姉(兄嫁)になんかチビチビとした嫌がらせを受けてた。
    すれ違いざまに嫌味言われるとか、手土産のお菓子を私の分だけ人数分から省いたり、
    本当に些細なことだったのであんまり気にしないことにしていた。
    私は実家暮らしで兄夫婦とは別居で、そもそもそんなに顔を合わせてもいなかったから。

    兄夫婦はお互いの仕事や日取りの関係で入籍→結婚式という順序だったんだけど、
    披露宴で義姉が過去最大の嫌がらせをやらかしてくれた。
    無断で私を余興のメンツに入れ、しかも明らかに私が歌えないであろう曲目まで指定されていた。
    結婚式前に親族待機室(?)へ挨拶に来てくれた司会者に話しかけられて発覚した。
    しかも私の順番は余興としては最後のほう。
    招待客が余興に飽きてきて酔っぱらっているようなタイミングでろくに歌えない歌にオロオロする
    私を見てニヤニヤするつもりだったんだろうなという魂胆が丸見え。
    「いやいや無理無理」で押し通そうとしたけど、時間がー式次第がーと言われ、
    スタッフに相談したら「カラオケリストにある曲なら差し替えられる」とのことなので急遽変更。

    歌ってやりましたよ、振袖で民謡の祝い唄を。
    祖母(現在鬼籍)が民謡を習っていたので小学生の頃に付き合いで覚えさせられてた。
    しっかり習っていたわけじゃないので小節や唸りはさほどできないけど、
    明るいテンポのものは子供心に歌ってて楽しかったので歌詞はあやふやでもメロディは覚えてる。
    カラオケだから歌詞出るから問題ないし。
    しかも偶然にも義姉の親族がその祝い唄のある地方出身だったことがわかったので、
    「みなさんお手拍子お願いしまーす!」とか煽って場を盛り上げた。
    義姉友人や同僚の若い人しかわからないような余興ばかりで飽きてたっぽい。
    おじさんおばさんの食いつき半端なくて、おじさんからはおひねりもらったw

    で、このあいだ義姉側の親族が顔を合わせたときに「あのお姉ちゃん(私)は元気か」と口々に聞かれ、
    義姉がウギギッとなってたらしい。
    兄がつぶさに報告してくれた。

    669 :ガールズにちゃんまとめ 2016/01/29(金) 11:37:31 ID:MeU
    今から30年ほど前の話。
    その当時高一だった俺は毎日いじめられていた。偏差値55-56程度の中堅公立高校で教室に「勉強しない俺らカッケー」って雰囲気が蔓延していたクラスで一人真面目に勉強している俺が気に食わなかったんだろう。
    その当時のクラスのヒエラルキー上位にいたOとTは何かにつけ俺を目の敵にして飛び蹴りかましたり、小突く毎日だった。
    ラグビー部で体も大きいOとリア充でバスケ部のTに対してガリで帰宅部の俺では敵うはずもなく苛められる毎日だった。
    たまにクラスの女子が「俺君、ここ教えて。」って勉強聞きにきていたのがさらに気に食わなかったようで男子だけの教科(体育)とかだと露骨な嫌がらせをされ続けていた。
    そうした日々が1年続いたが2年に上がる段階で俺は理系に進み、OとTは文系に進んだ。
    理系のクラスは大学進学を真面目に考えている連中が中心で2年の段階で学年でもトップクラスの成績になっていた俺は勉強を周りの皆に教えてたから、クラスで俺を苛めるやつなんかいなかった。
    ただ休み時間に廊下とかで俺を見つけたOとTは「よう、俺くーん。ひさしぶりー」とか言いながら小突きにきていたが理系のクラスの女子に白い目で見られるようになり、あんまりこなくなった。
    うちの高校の文系のレベルではごく一部を除いて大学進学とかとてもできないのが現実で文系の大部分は高校生活エンジョイ組というのが実情だった。
    OとTもそういう雰囲気で高校2-3年の生活を楽しく送ってたと思う。
    俺としては正直「もう苛められなくなってよかった」というのが本音だった。俺はひたすら勉強をがんばっていた。
    各教科の先生に恵まれたというのもあり自分で言うのもなんだが、ウチの高校からでは無理そうな上のレベルの大学狙えるんじゃね?というところまできていた。

    863 :ガールズにちゃんまとめ 2010/02/24(水) 13:46:03 0
    日曜の話だけどいいですか?

    日曜にコトメの結婚式があり、土曜に実行した事。
    まつげパーマをやってくれ、と。
    義母にちゃんと「かぶれる可能性があるから前日はやめたほうがいい」
    って説明したんだけど聞きやしない。
    しょうがないからやってあげた。
    放置してる間に時計を1時間半遅らせてきた。
    トメには「落ち着かせるために私が処理したらそのまま眠ってください」
    「ついでにマツエクも少しやっておきます」といい、私も寝室へ。

    翌朝式場からの電話で起こされたトメ・コトメ。
    急いで仕度するも「会場7時入り」と言われているのにすでに8時。
    しかもトメはギャル並みのフサフサまつげ&ちょっと目に入ったらしく充血ww

    今日写真みたけど、白無垢コトメは「エリカ様」を目指していたらしいが
    時間の関係でエリカ様には程遠い。

    「嫁子がいるとコトメが汚れる」と式に呼ばなかった罰じゃ!

    もちろん、みんなが留守中に時計は戻して知らん顔しときました。

    341 :ガールズにちゃんまとめ 2016/01/18(月) 11:30:58 ID:xrH
    日本でサッカーのワールドカップがあった頃、
    俺が高卒で倉庫会社に入り、リフトを運転してた。
    俺以外にも高卒で入った奴は男女10人ずつの20人。
    同僚が20人いるということだ。
    その中でカップルが幾つか誕生した。

    女の子達は真面目に仕事をしていたが、男は半分以上が喋ってばかりで仕事してない感じだった。

    そん中で俺は上司からは何故か期待されてリフトの免許もとらせてもらって給料も上がった。

    そんなある日、会社の同僚の間で
    「(俺)が同僚女子A子を狙っている」
    という噂が流れた。
    A子というのは同じく同僚A男の彼女である。
    事実無根なので気にせず仕事してたんだが、ある日の会社終わりに同僚男5人に囲まれた。
    で、彼氏A男に胸ぐら捕まれ
    「おい、俺の女に手を出したら承知しねーからな」と言われた。
    俺がいくら「狙ってない」と言っても聞き入れてもらえない。
    最後は顔に唾を吐かれた。

    それ以来色んな嫌がらせを受け、事あるたんびに「辞めろ、辞めろ」と言われた。

    あとで聞いた話だが、根も葉もない噂をたてたのは男連中で、上司から気に入られ、資格を取り、給料も上がったのを女の子達が
    「俺くんってすごいねー」と、言ってたのが気に食わなかったらしい。

    ああ、だから別の同僚男に
    「お前という魔の手から女の子たちを守る!」と言ってきたんだな。
    あほか。

    と、そんな小学生から脳ミソが発達してない連中にいたずらしてあげることにした。

    この会社、リフトを運転出来るのは俺とおやっさんの二人。おやっさんはもう定年を超え、若い奴に伝授してから辞めたいと。
    俺に色々教えてくれて「お前は一人前!頑張れよ!」と涙流しながら言ってもらった。いい人だった。
    おやっさんが会社を去っていったその翌日の朝、
    「同僚連中に嫌がらせされまくって精神的に参ってしまった。申し訳ないが一ヶ月休む」と会社に電話してぶった切りお休みした。

    おやっさんが会社を辞め、唯一リフトを運転出来る俺が休んだことにより、誰もリフトを運転出来る者がいなくなって会社は大混乱。

    一週間ほどケータイの電源を切って実家に帰り、野球とかサッカー見に行ったり釣りに行ったり旅行したり休みを満喫。

    電源を入れたとたん会社から電話がかかり出てみると、事情聞きたいってことで会社に行った。

    で、事情を全部話したら同僚男連中は違う部署に配置替えするから戻ってきてくれと言われ、翌日会社に行ったら本当に男連中は違う部署に移ってた。

    このページのトップヘ