ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    💛恋愛・結婚💛


    KZ1796034_TP_V4

    933: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/08/15(月) 13:45:21.77
    お見合いした相手♂
    30歳 有名大卒 新聞社勤務。年収600くらい。
    身長180、中肉中背。
    ひっかかるのがまだ、実家暮らし(もうすぐ出る予定だけど) 合コンとか大勢で遊ぶのがそこまで得意じゃない。
    選びすぎでしょうか?



    KZ1796027_TP_V4

    213: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2014/01/08(水) 16:04:50.51
    23歳、高卒ニート、子供嫌い、料理好き、容姿はいいと言われる女ですが、
    27歳、院卒研究職年収700万、家事得意、性格優しい、専業主婦OK、同居の可能性なしの男性と付き合ってます
    私のスペックで、彼氏以上のスペックの男性と結婚できますか?
    彼氏と結婚すると転勤は恐らくないかわりに田舎に住むことになるので悩んでいます


    RED19428D003_TP_V

    492: 名無しさん@HOME 2007/01/26(金) 23:33:46
    (良トメ話なので嫌な人はスルーしてください)

    今日の近距離別居トメ。
    ある書類を持って行ったら、真剣な面持ちで「嫁子さん、ちょっと・・・」と中に招かれた。
    「誰にも言わないでほしいの、息子クンにもよ。お願い、約束して。」
    今までそんなトメは見たことがなかったので、なんだ?もしかして借金か?と思いながら
    おそるおそる話を聞いてみたら、

    「あのね、あの・・・私、お付き合いをしてみようかと思う人ができてね・・・。」と。

    ウトは9年前に亡くなった。(私が嫁いでくる前だけど)
    おととしに下のコトメもお嫁に行き、やっと肩の荷が下りた頃だろうなと思ってた。

    「いいですね、トメさん充分寂しい思いしましたもん。ウトさんだって許してくれますよ。」
    と言うとワァアアアと泣き崩れた。
    「素敵な人だなあと思うたびに自分はなんて汚い人間なんだって思ってた。
     人間として最悪な感情を持ってるんだと思ってた。違うの?違うの?」と。

    「人を好きになるのに、何が汚いんですか?トメさんがウトさんに申し訳ないと思う気持ち以上に
     ウトさんはトメさんを一人残して申し訳ないと思ってるはずですよ。」と言うと
    もう鼻水や涙やらで顔ぐっちゃぐっちゃにしながら
    「でもねでもね、一番好きなのはウトさんなのよ?生涯ウトさんなのよぉぉぉおお」
    と私にすがるようにきたので、「トメさんそれはウトさんに言ってくださいよw」と言ったら
    急いで仏壇に向かい、(なんだっけ?度忘れしたけど音鳴らすやつ)をΩ\ζ°)チーンと鳴らしまくってたw

    そのあと私の元に戻ってきて、「あのね!○○さんっていってね、今年還暦の人でね!」と
    その素敵な人とやらを紹介してくれた。
    すっかりウトさんのことは忘れたようだったけど、まあいいか。
    最後に「息子クンに言わないでよぉ~」と念を押された。

    今うずうずしている私がいる。

    KZ1796013_TP_V4

    504: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2013/12/25(水) 23:18:01.75
    ちょっといいか?俺は今日、とんでもないことをしでかしたぞ。お前らもやってみろ。

    嫁がいつもの感じで、
    「ちょっと聞いてるの?
    っていうか、わざわざ私が言わなくても分かるでしょ?
    ほら、何が分かったか言って見なさいよ!」
    という、俺にはどうしても理解できない三段論法を使ってきたんだ。

    で、俺「お前、良い女だな。」
    嫁「え?」
    俺「いや、何でもない。」

    これで、ヒスが止まった。すげぇ技を編み出してしまった。
    この後の色々は省略な。

    kawamura1030IMGL3937_TP_V4

    676: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/05/10(木) 10:15:04.29
    専門家に相談する前に書き捨て。
    嫁が浮気していた。同棲か最悪結婚している。
    確かに別居して離婚届に名前書いてハンコ押して渡した。
    本当に出すとは思わなかった。
    前に会社に勤めてたパートのおばちゃんとばったり会って俺に「ご近所だったんですね」と言って発覚。
    地元の役場で子連れの嫁と会ったらしい。で、当然俺もそこに住んでいると思ったんだろう。

    このページのトップヘ