ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    💛恋愛・結婚💛

    chitoseIMGL1962_TP_V

    611: 愛とタヒの名無しさん 2012/04/28(土) 14:06:16.34
    又聞きの話だけど、遠縁女性の結婚式。

    新婦父は大の酒好きで、酔うとハイテンションになる。
    が、機嫌を損ねると途端に荒れまくり、醒めると覚えていないという実に面倒なタイプ。
    おまけに「酒が入っての事だから…」という言い訳常備。
    そして新郎はかなりの下戸。

    披露宴で、既に出来上がっていた新婦父は、上機嫌で新郎に酒を勧めまくった。
    最初は礼儀で受けていた新郎も、「すみません、もうこれ以上は…」
    新婦も「お父さん、それくらいにしてあげて」とやんわり。
    すると機嫌が急降下した新婦父。


    新郎とその親族に、
    「礼儀がなってない!育ちが悪いせいだ!」
    「家も土地も持ってない貧乏人に、娘がやれるか!!」
    と暴言を吐き、新郎に掴みかかろうとした。

    慌てて新婦父を取り押さえる新婦の兄弟や新婦親族。
    新婦父は大暴れで暴言吐きまくり。
    親族の紋付は破れるわ、スーツのボタンは飛ぶわ…
    惨憺たる有様だったそうだ。

    15

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/23(火) 20:52:39.670 ID:NmPIC4P60.net
    彼女「お寿司屋さんなんて久しぶりにきた~!昔は何かの記念じゃないと来れなかったな~!」

    彼女「えっ500円のお皿頼むの?!そんなのパパと来ると食べさせて貰えないよ!」

    彼女「今度は中とろ?!食べたことない~!」

    彼女「中とろより唐揚げの方が美味しいねw」



    店員もいるし客も多いからめっちゃ恥ずかしかった

    tyuka170809-0011_TP_V

    686: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)00:08:59 ID:oaI
    大学の時に毎日おむつ履いて大学行ってた
    好きな男の子と話してるとき、ゼミの発表してるとき、友達とおしゃべりしてるとき
    涼しい顔しておむつの中におしっこするのが大好きだった

    ある日同じゼミの男子に告白された
    告白されてる途中にするおしっこが気持ちよすぎてうっかりOKした
    その男の子が今の夫です
    おしっこの勢いで付き合い始めたとは絶対言えない
    あとおむつ代のためにキャバ○ラで働いてたことも言えない

    tcar170809-0029_TP_V

    11: 名無しさん@HOME 2009/01/13(火) 14:40:32 0
    普段の嫁(専業)

    夫の稼ぎは夫のもの。生活費をキチンと入れてくれれば残りはお好きにどうぞ。と言ってる。
    実際、俺が何を買おうと、どんだけ人に奢ろうと文句を言わない。
    給料日に生活費を渡すと、口だけだろうが「一ヶ月お疲れ様でした」と言う。

    さっきの嫁

    嫁「去年買ったこのジャンパー(3000円、嫁が自分用にどこぞかで買ってきた)
     セールで安かったけど、温かいし買って正解」
    俺「買ったじゃなくて、買ってもらっただろ。俺の金じゃん。」
    嫁「・・・それってモラハラ(超絶不機嫌)」

    普段言ってる事と違うじゃねーか。

    pcarIMGL4679_TP_V

    237: 名無しさん@おーぷん 2015/03/01(日)09:26:30 ID:OCa
    フェイク混で、長いけど・・・


    好きだった恩師と実は両思いだった。

    学生時代、友達といるのも楽しかったけど、友達じゃ専門的な話はできないから先生と話す時間は一番の楽しみだった。
    だんだん先生のところにお邪魔するとき少し綺麗な服を着たり、メイクをちょっと変えたりしてる自分に気づいて、
    「ああ、私は先生のこと好きなんだな」って思った。
    既婚だって知ってたし、そもそも付き合いたいとか全然思わなかったから、
    友達にも、もちろん先生にも言わず、卒業した。

    この前、偶然私が社会人として働いてる土地のスタバでその先生に会った。
    先生が気づいて声をかけてくれて、混んでたのもあって相席させてもらった。
    お互い近況報告とか、学生のときみたいに学問の話をしたりで1時間くらい過ごした。
    ふと結婚の話になって、私に婚約者がいることや時期は未定だが結婚式をすることなどを話した。
    先生はが「おめでとう。私さんは白無垢もウェディングドレスも似合うだろうね」と言うから、
    学生時代の恩師として招待したい旨を話し都合がつけば是非、と。

    結果的に、先生は結婚式に来なかった。
    そのかわり、返信のハガキとともに書留で封筒が届いた。
    あけたら手紙と、ネックレスが入っていた。
    手紙には、私が学生の頃「学生にしては頭がまわる子」という評価をしていたこと、
    既婚で子供もいたけど好きになってしまっていたこと、
    何度も告白しそうになって踏みとどまったこと、
    先日会って、今でも好きだと気づいたことなどが書かれていた。

    ネックレスは私の卒業式当日に渡そうと思って奥様に内緒で購入したものだったらしい。
    私に気持ち悪いと思われそうだったこと、渡してしまえば気持ち的に一線を越えてしまい後に引けなくなると思い渡さなかったそう。
    「本当に愛してました。こんなやつを尊敬してるって言ってくれてありがとう。今でも、これからもずっと、愛しています」の文で涙が止まらなかった。
    ネックレスは処分してくれてもいい、と書かれていたけど大切にしまっておくことにした。

    夫の転勤で引越した先で見つけた職場で先生に再会し、当時の自分の気持ち、今の気持ち、ネックレスのお礼を言って、
    同じスタッフとして頑張っていくことを約束した。
    リアルでは誰にも言えないし、言わない。
    これから先も、絶対進展することなんてない、させてはいけない恋だけど、
    すごく満たされてる気持ちになった記念に。

    このページのトップヘ