ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    🏡義実家🏡

    PP_chiisaimurasakinohana_TP_V

    66
    : 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/13(金) 16:19:03.74
    PCが暑さのせいで逝ってしまわれたので 携帯から投下

    長い上に読みにくかったらスマソ


    旦那と結婚の挨拶に行った時 ウトメ コウト コトメ全員から

    『デブが身内になるなんて恥ずかしい!!』
    と、総スカンを食らった

    まぁ当時の私は確かにデブ(152cm60kg)だったし気持ちは理解出来たのだが どうやらそれだけが理由ではなかったようで…。


    なんでも義実家の家計の殆どを旦那が負担していたらしい。

    182: åç„¡ã—さん@HOME 2018/08/24(金) 00:30:38

    うちの義兄嫁。 
    私と旦那に年の差があるため、義兄嫁は私よりひとまわり以上年上のアラフィフ。義兄と結婚したのが40台半ばだそうで、小梨。 
    結婚前に1度会って連絡先を交換はしたが、1度も連絡はとっていなかった。 

    私の妊娠中、突然携帯に向こうの家電から着信があった。とりそびれたのですぐにかけ直そうとしたが、今度は向こうの携帯から着信。びっくりしてそれもとらなかったら、家電と携帯を織り交ぜながら10回以上着信。 

    時間をおいてかけ直したらワンコールで出て、「おめでたなのよね?おめでたなのよね?安定期に入ったなら1回でも2回でも義実家に顔出すべきだと思いますよ」と独特の地方なまりで勝ち誇ったように言われた。 


    後日義両親に来てもらって安産祈願に行くことになっていたので、それを伝えると「そうですか」とガチャ切りされた。 
    元々私は妊娠前は義実家には顔を出していて、新幹線の距離なので妊娠後は訪問を控えていた。義兄嫁は数年顔を出していなかったが、前日にトメの実家族の葬儀があって参列、義兄は仕事で帰ったが事前の約束もなしに本人だけ義実家に無理矢理泊まったらしい。 

    夜に旦那から苦情の電話をしたら、悪気はなかった、私は7回流産していて今もおなかにタヒんだ子が入っていて、本当は同じ土俵だったんです、と電話の向こうで号泣したらしい。義兄はこちらから連絡しても逃げ回るばかりで、話ができなかった。 
    聞いたところによると、義兄嫁はある職業の男忄生が多く所属する結婚相談所に長年在籍しており、その末にその職業でない義兄と結婚したらしい。 
    旦那はその職業で、最初に会ったときは義兄嫁は職業の話で旦那をほめてばかりいた。 

    怖くてもう会いたくない。


    348: åç„¡ã—さん@HOME 2018/10/09(火) 23:30:36.54 0
    義実家に、義兄家族と 我が家が集まって 
    皆んなで義母のご飯食べる時がたまにあるんだけど、
    義兄嫁が食後の片付けをしない。 
    私がお皿下げたり皿洗いしてても座ったまま。

    別に、たまの事だし、害はないからいいんだけどさ、
    単純にどんな気持ちで座ってるのか不思議。 
    これが私が同居嫁なら、義兄嫁のお客様の様な態度に
    ブチ切れるんだろうなー。

    69: åç„¡ã—さん@HOME[sage] 2007/11/27(火) 00:40:56 0
    トメと近居の義兄が転勤になり、はっちゃけかけた次男の夫。 
    ところが、上を行くはっちゃけ発揮したコトメ(三人兄妹末っ子) 
    婿連れて、トメとさっさと同居して「お兄ちゃん達は冷たい!」と激怒していた。

    今後のトメの世話を、夫が全面的に引きうけそうなのを止めてはいたが 
    一人暮しだから、前よりは頻繁に夫が顔を出すくらいは必要かなと思っていたけど 
    そうまで言われたら、冷たくて結構と、私達も離れた場所に引っ越した。 
    元々、出産を機に広いところへうつろうと思っていたところだったし。 

    それから三ヶ月、コトメの婿さん、プライバシーがないと、会社に寝泊りが増えて 
    トメは、コトメ家政婦代わりに使われて、家事のやり方でコトメと喧嘩がたえず 
    コトメは「私がこんなに一生懸命なのに、トメも婿もわかってない!」と 
    夫や義兄のとこに愚痴の電話をかけまくる。 

    どうなることやら・・・とニヤニヤ傍観している私と義兄嫁です。

    N612_aoiajisai_TP_V

    630: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/07/17(木) 18:04:28 O
    近距離別居のウトメ。私に子が産まれるまでは、可もなく不可もなく、って感じのまぁまぁ良ウトメだった。
    しかし、子が産まれ男子だとわかった瞬間にはっちゃけ。
    半紙に筆でデカデカと名前を書いて持ってきた。そして、テカテカきた顔でトメは言う。
    「お父さんが立派な名前つけてくれたわよ。家の跡取りとして恥じない素晴らしい名前なのよ」
    半紙には、時代錯誤な古臭い名前が書かれてる。例えるなら「権兵衛」みたいな感じ。
    旦那はきちんと〆てくれて、その日はなんとか帰ったが、ことあるごとに顔を出しては名前を勧める。

    ダブスタコトメ(鬼女)も一緒に着いてきては、「せっかくお父さんがつけた名前なのにねー」って嫌みたらたら。
    ウトは一時的なはっちゃけだったのか、最初の一回以降はすんなり諦めておとなしくなった。おさまらないのが、トメ&コトメ。
    もちろん、息子には夫婦で決めた名前をつけたんだけど、トメ&コトメは顔見に来たわよ~とくる度に嫌みを言う。
    あげくのはてに、息子のことを「権兵衛ちゃん」「権ちゃん」と呼び出した。そのたびに、旦那やウトは〆るんだけど、言うことを聞きやしない。
    そんなとき、コトメの妊娠が発覚。ここぞとはかりに仕返しのチャンスを待った。
    産まれて3日くらい経った日、トメと一緒にお祝い持って病院へ行った。トメ「もう名前は決まったの?」
    コトメ「最終候補の2つで迷ってるの」
    トメ「まぁ、早くつけてあげないと何て呼んだらいいかおばあちゃん困っちゃうわ」
    私「昨日、権兵衛で届け出しときましたんで、困らずに権ちゃんって呼んであげてください。」
    もちろん表情はにっこりと。目は笑ってない。
    キチのようにフジ子るトメ&コトメwww
    コトメ「そんな名前で呼びたくないっ」
    トメ「嫁子ーっ!なんでそんなことするんだ」
    私「お二人とも良い名前だって言ってたじゃないですか。これからは思う存分呼んであけ゛てください。」
    もちろん表情はにっこりと。目は(ry
    コトメ「いやーっ」
    そのままほっぽって帰ってきた。届け?出してるわけないじゃん。なので、すぐにばれたけどすっきりした。

    このページのトップヘ