ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    🏡義実家🏡

    pp816IMGL0977_TP_V

    440: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/25 00:14:00.76 ID:ZhF91xer.net
    嫁と恋人だった時の修羅場。
    嫁の家族は嫁含めて全員が非常に仲良しで微笑ましい。
    今は嫁と結婚してその家族の輪に入れてもらえて凄く嬉しいと思ってるし俺も居心地が良い。
    嫁実家に遊びに行くのが楽しみなくらいなんだが、嫁の兄貴が苦手だったりする。
    そりゃ妹ラブでとにかく妹に甘い…はずなんだが遡る事6年前くらい。

    嫁と恋人だった頃に家に招かれた時の出来事だった。
    義父と義母に歓迎されて緊張しながらも雑談に花が咲いた。

    丁度その時、たまたま廊下を通りかかった嫁の兄貴(のちの義兄)
    スポーツをした後か上半身ネ果でタオルを首にかけスポーツドリンクを飲んでいた

    「どーも…」とギロっとした目つきで低い声で挨拶され最初の印象は「怖い」だった。

    続きます

    31

    275: 名無しさん@HOME 2007/11/23(金) 00:38:52 0
    トメから私に着物が送られてきた。誕生日プレゼントだ。
    地味だがけっこう好みの柄で、サイズもピッタリ。
    以前はお互いの好みがわからずトメの嫌いなものを私が贈ったり、
    逆にいらないものをトメがくれたりしてギクシャクしたこともあった。
    しかしここ3年ほどはお互いの好みがわかってきて、関係もよくなっていた。

    着物を大事に畳みなおしているところに夫が帰ってきたので、
    「おトメさんがくれたのよ」と報告し、夕食を作っていたら車の音が聞こえた。

    あれっと思ったら夫がいない。
    タバコでも買いに行ったのかな?と思いつつ待っていたら、一時間くらいして
    やっと戻ってきて「つっ返してきてやったからな!」とニコニコ。
    は?何を?まさか!
    ……着物がない……。夫の奴、トメの家に着物を返しに行きやがった!

    KZ1796046_TP_V

    42: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)18:56:31 ID:1Bi
    同居の甥に優しくできない
    本人には何の罪もないって分かってるけど
    甥を勝手に置いていったあげく養育費どころか連絡ひとつよこさず
    いつのまにか再婚してまた子ども産んだらしい義妹のことを考えると憎たらしくて仕方ない
    甥は明らかにうちの子より優秀でそれにも苛つく

    我ながら醜いと思いつつ小さな嫌がらせというか差別が止められない
    建て替えたばかりの家で家族だけで暮らしたいって、そんなに贅沢な望み?
    なんで他人の面倒見た上にこんな自己嫌悪しながら暮らさなきゃならないんだろう

    sayaIMGL8064_TP_V

    688: 名無しさん@HOME 2009/08/10 22:57:31 ID:???
    うちの両親はいろいろあって二人とも働いていない(まだ50代)
    働いてないし健康だから生活保護ももらえない、だから一人娘の私が仕送りするしかないんだけど
    これをウトメが夫から聞きつけて猛反対している(ウトメは60代、ウトはまだ仕事してる)

    鳩夫くたばれ、と思いながら話を聞いていると
    ウトいわく自分より一回りも下で健康なのにどうして仕事が見つからない、自分だって再就職できたのに…
    ウト(中卒、中小企業)よりも実父(宮廷卒、大企業)のほうが条件だっていいはずなのに…と愚痴を言っていた。

    さらにトメは夫ちゃんが稼いだお金を事後承諾で仕送りに回すとはどういうつもりだってキーキーうるさかった。
    確かに何も言わずに仕送りをしたのは悪かったけど…これはやむをえない出費なんだから……と思った。

    しかし本当の敵はたぶん夫、ウトメを召喚して自分が悪者にならないように主張を押し付けようとするなんて……

    kawamura1030IMGL3937_TP_V

    121: 名無しさん@HOME 2008/12/04(木) 02:32:27 0
    トメ、マゴコールうざい。

    顔見るたんびにマゴマゴマゴマゴマゴマゴ。
    「うるせー、お前の息子のち○こが役立たずなんだよ!」
    って~言っちゃった。

    「えっ!まっ!お下品な!」
    って言われたけど、
    「あ?毎日顔合わすたびに、セ○○スしろセ○○スしろ言う人に言われるとはwww」
    って言ったら、
    「そんな事いってないでしょ!孫生みなさい言ってるのよ!」
    って言われたから、
    「うはー、一人で生めると思ってるの?トメさんそうやって生まれたの?人間?」
    と畳み込んだら、何もいえなくなって下向いて黙ってたよ。

    ざまーwww

    171 :ガールズにちゃんまとめ 2018/06/18(月) 12:36:15 0.net
    また遅刻ギリギリで起きてきたコトメが「ヤバイ!!間に合わない!!誰か車で送って!!」と朝から叫んでた。
    義父母、旦那は仕事、私は1ヶ月足らずの子持ちで育休中なので、明らかに私に送れと言ってる。
    産休中に何度か送ったことあるけど、今は赤子置いていく訳にもいかないし、バタバタと連れて行くにも一苦労だから無理。

    義父が「ちゃんと起きないから。遅刻して怒られなさい」と言ってるのに「もうー!!今日は遅刻できないんだって!!!ヒマな人、送ってよ!!!」と「ヒマな人」と言いつつ明らかに私宛に怒鳴りちらす。
    義母が「私達の中にヒマな人はいません。起きてなーんにもしなくていいあんたが一番ヒマな人です。自分でなんとかしなさい」とシャットアウトしたら「役立たず!!帰れ!!」と怒鳴って出て行った。
    「帰れ!」は、私に実家に帰れと言っているらしい。

    義父母も旦那も守ってくれるからまだいいけど、朝のバタバタ劇でいつも八つ当たりされる。
    ちなみにコトメは26歳。まだママに起こしてもらって当たり前だと思ってる。

    kawamura1030IMGL4301_TP_V

    366: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/03(金) 16:36:43.72
    コトメが双子の女の子を生んだので旦那、義兄、義次嫁と病院へ行った
    コトメは以前から私にだけ対抗意識を燃やして来たり言いがかりをつけたりするので
    行きたくなかったが、一応出産祝いもあるしと足を運んだ
    病室に行くと、コトメ夫とコトメ友人もいた
    そこで「ずっと考えてた名前なの!」と名前の書かれたメモ帳を印籠みたいに見せてきた
    「…くりかちゃんとくりみちゃん…?」
    と読んだら義長兄嫁がうちのベビたちの名前を読み間違えるな!と激怒

    よく見たら「栗香」と「粟美」だった
    読み方は「りつか」と「そよ」らしい
    そのときまで名前を候補を知らなかったらしいコトメ夫はぽかーんとし、
    旦那、義兄、コトメ友人は吹き出し、義兄嫁はそっと目を逸らした
    旦那と義兄が「ひどい下ネタ」と爆笑したことで私もやっと意味に気づいたけど、
    「お前(私)のせいで!!」といろんなものを手当たり次第に投げられたので解散した
    コトメ夫が絶対阻止するって顔真っ青にしてた

    6 :ガールズにちゃんまとめ 2018/06/18(月) 00:16:52 0.net
    怒りが収まらない
    旦那の実家の県にUターンして来て3年
    そろそろ家買おうかと探してやっっと見つけた土地。義父に報告に行ったらダメの一点張り。理由はなんとなく好きじゃないことと、自分の管理下の中で家探しをしなかったからという自分勝手な理由が一位。二番目は中学までの距離がややあること。
    この義父と母は20年くらい昔から夫婦関係は破綻してて別居状態。子供たちはその不仲の中苦労したと、旦那談。義父を不機嫌にしたらもう終わり、らしい。

    子供が決めて来たことを真っ向から否定し、かといって自分の土地をあげるとも言ってくれるわけでもない。けど口は出す。今までの苦労も知らないで、腹がたつ。毎回お伺いを立てないといけないとかもう家いらない。関東に帰りたい。

    30 :ガールズにちゃんまとめ 2017/05/24(水) 15:22:40 ID:AxC
    うちは話し合って結婚式を平日に二人だけで挙げたんだけど、
    その事で義母の妹が
    『披露宴もしないし、事情も説明に来てくれてないからお祝い金減らしておいたわよ!!!』
    て言ってたって義母から聞いた。
    60代の方だからなのか、はたまた義兄夫婦と比べられてるのか、
    言われても仕方ないとは思うけどわざわざ言われてちょっとムッとしてしまった。

    351 :ガールズにちゃんまとめ 2018/06/18(月) 05:22:04 0.net
    先日義兄嫁の2人目出産祝いでみんな集まった時、「赤ちゃん抱っこして!抱っこしたら◯ちゃん(私)も子供授かるよ!」と何度も大声で言われた。私が持病あって何年も不妊治療中って知ってるのに、こういうデリカシーないところが本当に本当に嫌い

    このページのトップヘ