ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    🤦トメ・コトメ🤦

    KZ1796035_TP_V4

    27: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)15:20:35 ID:o6J
    突然すまんね。
    ちょっと相談させてほしい。

    うちの嫁さんと俺の母親は訳あって絶縁中。
    まぁ世間一般でよくある嫁姑問題ってやつ。
    母親が昔からちょい毒親というか無神経というか、言われた相手がどんな気持ちになるかってのを考えない人間で、結婚当初から嫁さんに対して、
    「昨日の晩御飯は私が猫に作ってやってたエサとそっくりで懐かしくなった。」やら「今までの息子の恋人は顔はよかったけどそれ以外がねぇ…。顔はイマイチだがこんなによく出来た嫁さんを捕まえられて本当によかった。」などと言っていたらしい。
    らしいってのは、嫁さんは俺に何度もその手の話をしてたみたいなんだが、解決の方法のない嫁姑関係に俺を巻き込んでくれるなよって思いがあったためか聞き流してたから覚えてない。
    嫁さんは積もりに積もって結婚4年目に大爆発。

    hartIMGL0274_TP_V4

    891: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/01/09(木) 15:26:54.86
    嫁が意地張って毎日ケンカ状態だわ
    結婚して2年だけど、ホント女って生き物はどうしようもないとつくづく思う

    発端は結婚当初にうちの親との同居話を断ったこと
    まあ当時は兄夫婦が同居していたし、離れ使っても良いって話だったけど
    6畳プラスキッチンが物置の上に設置されている程度だからそりゃ嫌がるのも当然
    でも俺にしてみたら、家賃も浮くし飯も母屋で食ったら安く済むからいいと思うんだが、といったら
    じゃあ一人で住めば?結婚の話も破談ね、とか言いやがった
    この時点でイラッとした

    valentineIMGL7149_TP_V4

    627: 1/2 投稿日:2009/06/29(月) 15:23:31
    5年程前の話です。

    トメと私と同居で、夫は出張で海の向こうへ行っていました。
    夫がいる間は、良トメなんですが、出張中は
    「嫁子は、体臭が臭いわね。本当にお風呂はいったの?元から?」
    「嫁子の、その癖毛、浮浪者見たいね。お風呂入ったの?あ、元からかプッ」
    と、色々と突っかかって来ました、特に容姿系。
    私もエネme入ってたので、夫には相談しませんでした。
    まあ、私さえガマンすればーとか、今思えばバカな事を考えていました。

    valentine0I9A0039_TP_V4

    582: ◆36TVopDwOU 2011/06/14(火) 20:42:17.91 0
    今日、実家に帰ってきました。

    旦那からは言葉の暴力はもちろん、肉体的な暴力も振るわれたことがありません。
    家事も率先して手伝ってくれ、優しい人です。
    ただ、義両親や義兄夫婦が関係したことになると、事なかれ主義になり
    私がどんなに何かを訴えても、私をなだめて「相手も悪気があるわけじゃないから
    許してあげようよ」と言います。

    義両親はあからさまな嫌味や、嫌がらせをしてくるわけではありません。
    ただ、遠まわしな嫌味を笑いながら言われます。
    大人のボクサーに一発殴られてノックアウトするのではなく、
    小さな子供に延々と殴られ続けるような感じです。
    一発一発はタヒぬほどの痛みもないけど、延々とゆるいパンチで殴られるみたいな。

    義兄夫婦は義両親と違って、明らかに私を見下し、親戚の集まりなどがあっても
    私だけそこにいないかのように振舞われます。

    義両親の笑いながらの嫌味、義兄夫婦の見下しが辛くて、旦那に何度も訴えたけど
    旦那は「悪いように取り過ぎてるだけだよ。気にしすぎ。」「兄貴はバカだから
    無視してたらいいよ」と、解決に向けて動いてくれません。

    anjyu0706IMG_1753_TP_V4

    58: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/23(月) 17:52:52
    俺の母親が、「もう年だし家事がきつい。誰かにやってもらいたい。」とボヤくので
    「嫁と相談してみるよ。」と安易に言ってしまった。
    嫁に相談したら「家政婦雇えば?」と言われたので、
    「家政婦を雇えなんて言ったら、お前が冷たい嫁だと思われる。俺はそんな事言えない。」
    というような事を言いました。

    このページのトップヘ