ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    🤦トメ・コトメ🤦

    TAKEBE160224530I9A0481_TP_V
    7: å¯æ„›ã„奥様 2021/09/26(日) 13:32:59.79
    家建築予定だけど義母が「バリアフリーにしてる?」って聞いてくるのよ怖いわ
    いやいやお前は住めませんよっと

    kazukihiro08030I9A6973_TP_V
    61: åç„¡ã—さん@HOME 2008/03/31(月) 23:31:57 0
    遅ればせながら私も携帯を持った。
    義実家でその話をしたら、コトメが「アドレスおしえてー。」 と言ってきた。

    教えたくないので、
    「いやーちょっと教えられないわー。」 と言ったら何でと聞くので
    「旦那と私の親と妹にしか教えない事にしてるからー、ごめんね。」
    と言うと、
    「エー、妹さんに教えるなら私にも教えてよ、私だって兄弟じゃん。」
    というので、素でびっくりしてしまい、おもわず
    「え、コトメちゃんと妹じゃ全然違うっしょ。」と言い返してしまった。
    コトメは、えー、とかいーじゃーん、とか言ってたが
    私の旦那に「そりゃそうだわははは」と笑われて黙ってしまった。
    ウトメは凍ってたけどw

    しょうがないよね、コトメから自分のケータイに連絡があるなんて嫌なんだもん。
    もちろんウトメにも教えてません。

    FCFG100153346_TP_V
    121: åç„¡ã—さん@HOME 2012/01/06(金) 10:26:27.42 0
    とりあえず報告。 
    台所は女の城なのよ! 
    と言いつつ自分は台所に立たない同居トメ(ウト鬼籍)。 
    そのくせ私が使いやすいように並べてた調味料類を
    あーだこーだ言いながら
    勝手に並べ替えたり仕舞ったり捨てたりしてくれる。 
    おかけで料理に手間取り調味料が足りないこと多々。 
    その他聞きあきた程のテンプレ満載クソトメ。 

    ムカついたんで水道の蛇口のレバーを下に下げたら水が出るやつから、
    上にあげたら水が出るやつに変更。
    見た目は同じw
    わざと水をちょろちょろと少し出しっぱなしにし、止め忘れを演出。
    そのまま逃亡。

    うっかり携帯の電源切っちゃって入れ方分からないけどしょうがないよね。
    そういえばこれから新しい家に行くのも
    うっかり伝え忘れちゃったけど良いよね。
    夫婦揃ってうっかりさんだからトメに教える前に
    うっかり携帯解約しちゃうかもしれないけど問題ないよね。

    午後には旦那と合流するから
    うっかり夫婦で携帯の電源切ったまま
    連休は新しい家具とか家電見て回るんだ~。

    youDSC_0044_TP_V
    412: åç„¡ã—さん@HOME 2021/01/25(月) 13:46:07.09 0
    夫が腹膜透析中で血液透析目前
    腎移植も視野に入れてと言われた
    しかし子供もまだ小学生だし、私が提供するのは現実的ではない

    そうしたら義母からの申し出があった
    まだ60代で健康に不安もないから、多分提供できるとは思う
    でも、どうしても私は義母がドナーになるのに抵抗がある

    夫は義母に頭が上がらなくなるだろうし、
    今後の付き合い方も変わっていくだろう
    義母がドナーになるくらいなら私がと言ったら
    それは受け取れないと言われた…


    TAKEBEcheck_TP_V
    678: åç„¡ã—さん@HOME 2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN 0
    だいぶ前のことです。
    私の祖母が末期の膵臓癌で療養中、私は医療職ですが産後だったので、実母がメインで付き添いしたりしていました。
    姑は私の祖母が末期癌と聞いて、ものすごく嬉しそうでした。「今どんななの?」と頻繁に私に聞くだけならまだしも、
    実家の母に頻繁に電話して「私の知り合いでも膵臓癌でタヒんだ人がいて、最後は痛がって痛がって可哀想だったよ」
    なんて何度も行ったのです。実母がキレて「これから看取りをする人に何を言うんだ!もう二度と電話するな」
    と、姑に言ったら、姑が憤慨して私に「あんたの実家にお見舞いの電話したら怒鳴られた」と言ってきて、私が実家に電話して
    発覚しました。実母はそれまでにも不快な電話をたびたび受けていたけど我慢していたそうで。

    このページのトップヘ