ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    😂衝撃的な出来事😂

    lllllllllllllllllllllll

    22:名無しさん@おーぷん2014/07/06(日)09:01:01 ID:???
    尊敬してた上司が精神疾患か何かで退職してしまった。

    社内の噂好きの同僚に聞いたところ元上司は小中学校はかなりのイジメ加害者だったらしい。

    そんな上司が精神的におかしくなった理由がかつての被害者達による集団ストーカーとのこと。
    どこに引っ越しても何故か自分宛に妻と娘達のプロフィールだけが書かれた手紙が何通も送られてるらしい。

    奥さんも娘さんも被害にはあってないらしいが何故か手紙の送り主が自分の事を知っているということが神経をすり減らしたのだろう。もしかしたら統合失調とかかも知れないが。

    かなり厳しい人だけど社会人として尊敬してたからイジメ加害者と知って幻滅したわ。

    KMzoukahanataba_TP_V

    569:おさかなくわえた名無しさん04/03/21 22:54ID:h0M+zF+u
    こないだのマクドナルドでの出来事。
    店に入ってレジの前に並んだら、うしろからバッグで叩かれた。
    後ろを振り返ったら俺とおんなじくらいの身長のリーマンが立ってて
    俺を睨み付けている。近づいていって「ナンですか?」と問うと
    「ちゃんと並べよ。常識だろうが。」と威圧的に答えた。ハァ?

    そいつが言うにはどうも銀行などである「フォーク並びをしろ」と言い
    一列に並んで空いたレジに先頭のヤツが逝くと主張していた。
    つーかそんなマクド見た事ないんですけど・・・

    もし俺が身長180くらいだったらあのオッサンおんなじ態度を俺にとれたかなあ?
    本当にマックでフォーク並びするのって常識なんですか

    250

    450: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)14:38:35 ID:Rli
    10年以上前で記憶が曖昧
    中学生の時自宅の電話に「芸能界興味ありませんか?」とかかってきた
    漠然と声優っていいなー思っていた私は興味があると答えた
    じゃあ会ってみてやっていけるか見極めようという事で後日会うことに
    両親には反対される可能性があるから内緒にするように言われた
    ドーンと売れてから告白すればいいような事を言われたと思う


    KMajisainohanataba_TP_V

    745:名無しさん@おーぷん2015/08/03(月)10:36:41ID:5LF
    私は大学進学のため18で実家を出て上京、そのまま関東で就職した。
    私が大学3年の時、兄が結婚して兄夫婦が両親と同居。
    小姑が泊まるのは兄嫁さんに迷惑だろうと、帰省する時は土産持って1~2時間お茶いただいてホテルに一泊して帰っていた。
    なので実家に8年以上泊まっていなかった。

    ある年、お正月前に母から電話があった。兄嫁さんが都合で実家でお正月を過ごすそうで、大掃除の人手が足りないから
    今年は帰省して泊まってくれという要請だった。いーよと答え、29日に愛車で高速使って田舎へ帰った。
    帰ってすぐ高校時代のイモジャーに着替え、掃除にかかった。
    父が「久しぶりだな~、おまえが家にいると、普段の家じゃないみたいだな」とニコニコしながら寄ってきて
    いきなり私の胸を掴んだ。驚きすぎて悲鳴があげられなかった。
    「え?え?」となっていると母が「もうお父さんたら~」兄が「久しぶりでうれしいんだよ、スキンシップだよ」と…
    「ええええ?」と混乱しつつ「出来心かも。次やられたら絶対悲鳴あげてビンタしよう」と決心した。
    次、棚を掃除してたら後ろから尻にベタっと掌を当てられ、上にベロンと撫でられた。
    気持ち悪すぎてやっぱり悲鳴が出せず、そばの母をマジマジと見ると、母は見なかったふりで目をそらした。
    何この空気?実家ってこんなとこだったっけ?と兄をつかまえて、
    物陰で「いつの間にお父さんはあんなセクハラ爺になったの」と詰問した。
    兄は「おまえが帰ってきて嬉しいだけ。親父なりのスキンシップ。お前と距離を縮めたいだけ」と繰り返す。

    kazeniyureruhiganbana_TP_V

    290:名無しさん@HOME2015/09/24(木) 12:34:48.53 0
    私の母親は、男とっかえひっかえして夜中に小学生の娘二人を家から放りだしていたしたり、パチンカスでサイマーだったりとホントどうしようもないクズだった
    このまま一緒に暮らしてたら人生ダメにされると高校卒業と同時に上京するバイトの同僚にくっついて家を飛び出した
    仕事はお決まりの水商売だったけど、生活必需品とか仕事の物以外の物を買ったら自分までサイマーになってしまう気がして給料の大半を貯金
    おかげで三年たつころには自分でアパート借りて、同じように逃げてきた妹と一緒に暮らせるようになった

    このページのトップヘ