ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    😂衝撃的な出来事😂

    C824_akabarentain2_TP_V

    530: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)19:27:15 ID:zZq
    うちの糞嫁、結婚前から子供造らないと合意していたにも関わらず、子供が欲しいと言い出した。
    今31でもう時間がないそうだ。
    子供要らないと答えたら、子供の世話一切は自分がやるから産ませて下さいと土下座された。
    結婚前の合意を、あっさりと反故にしようとしている人間との約束なんて信用出来ないと答えたら、あれはもう事情が変わったから仕方ない、臨機応変に考えてよと言われた。

    だから、子供産んだらまた事情が変わって子供の世話を要求するんだろ?と返したら、それまでの泣き顔から一瞬で無表情になって寝室へ去って行った。
    で、それから俺の分の家事拒否で現在5日目。
    先程、まだ反省出来ないのかと呆れたように言われたけど、このまま一ヶ月程家事放棄の証拠集めて離婚予定。
    専業で夫の家事放棄の穀潰しが、よくもここまで偉そうにできると関心する。
    結婚前、働いていた頃はまともだったのに、何でこうなったんだか。
    仕事辞めたいと言ってきた時、別に良いよと返さずに仕事続けさせてたら、今もまともなままだったのか……

    C824_akabarentain_TP_V

    285: 名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)01:28:47 ID:KsG
    友やめほやほやの話

    私とA子は10代の頃からの10年来の友人
    A子は東京で一人暮らし
    私は名古屋市内の実家暮らし
    A子とはSNSでやりとりはあるものの、2~3年会っていない

    A子が土曜日の午前中に京都に行く用事ができたらしく
    「名古屋を通るよ~、新幹線でw」
    「えー通るなら寄ってよーw」
    という会話をLINEでしていた

    そしたら、金曜日は仕事で京都に着くのが遅い時間になるし
    土地勘ないし、京都で一人で夕飯食べるところも知らないし
    いっそ、名古屋で降りて泊まって、翌朝京都に行くから
    名古屋で久々に一緒に飲もうという話になった
    名古屋から京都は新幹線で35分なので、翌朝出れば問題ないらしい

    ただ、名古屋も土地勘ないから、ホテルをとってほしいと言われ
    急遽、某大手宿泊サイトでホテルを選んで予約した
    急だったので安い部屋がとれなくて、1万円くらいの部屋になった

    予約したことがある人なら知ってると思うけど
    予約者と宿泊者が違う名前でも予約できる
    宿泊費は泊まった人が現地で支払い

    C785_coffeekukki-milk_TP_V


    545: 名無しさん@おーぷん 2017/03/24(金)12:18:21 ID:gvh
    夫の両親は共働き。義母さんは資格職で、現役でバリバリ働いてる。稼ぎ◎。
    私も働いてるけど簿記くらいしか持ってないし、稼ぎは義母さんの半分くらい。
    夫はそれが不満で、家事は全部こっちに押し付けてきた。
    「母さんは稼いで家事育児全部やってた。なぜ君はできないの?稼げないならせめて家事できないとでしょう」
    まだ子無しだけど、これで育児も全部私なら無理だって思った。
    話し合ったけど夫は歩み寄る気配なし。

    「育児の負担が増えようと、家事は全部君がしないと。甘えはダメ」
    「母さんはやってた。なぜやる前からできないと決め付けるの」
    「仕事を辞めるのは論外。育休も最低限でないと許さない。すぐ働いて。母さんはそうしてた」
    義母さんはスーパーウーマンだからできるだろうけど
    平凡な私には無理です~とこの時点で半分ノイローゼっぽくなった。
    病んだ私はお休みの日、夫に内緒で義母さんを訪問し
    「どうやったら義母さんみたいになれるんですか。なりたい。コツを教えて」と訴えた。
    義母は目を丸くして「え、私家事はまるでダメなんだけど…」

    義母が言うには夫が小さい頃は夕飯はほとんどお惣菜。
    掃除は普段はさっと撫でるだけで月一回業者に頼んで、
    義父が「気になる」と言った箇所は「自分で掃除して」と突き放し、
    育児は私的に預かってくれる人の所へお金払って小3くらいまで頼んでたと
    全然話が違う。
    「洗濯だけはまめにやったけどそれだって洗濯機だし、洗わないと着るものなくなるから仕方なく」
    「仕事して家事育児完璧なんて無理。あの子誰と間違えてんの?」
    と義母は困惑してた。
    その後夫と義母で話し合ってもらい、私は横で聞いてた。
    脇で聞いてて思ったけど、夫は嘘ついてたんじゃなく、本気で義母が完璧だと思い込んでたみたい。
    「今でも掃除はダスキンに頼んでる。領収書見る?」
    「手作りのオヤツ出してくれたのは×山のオバチャン(預かってくれていた人)でしょ。
    私は働いてるんだから昼間にオヤツ出すなんて無理に決まってる」
    「母さんほど稼がないなら家事しないとって言うなら、あんたも家事しなきゃいけないでしょ。
    あんたと嫁さんの稼ぎなんて大して変わらないじゃない」
    畳みかけられて夫はシドロモドロになってた。
    最後に「あんたの記憶の中の母さんは本物の私じゃない。気持ち悪いよ」と言われうなだれていた。

    私がノイローゼ気味なこともあって別居になって、今も別居中。
    自分一人だけだと大して家事もすることないから、帰宅したらダラダラビール飲んだりしてる。
    夫からは連絡なし。ロミオメールどころか「どうしてる?」の一通もなし。
    こっちも連絡しないし、完全に繋がりが切れてる状態。
    離婚になるんだろうけど、もう会うのも面倒だから
    郵送で離婚届をやりとりしてさっさと終わらせたい。財産ないし、子供いないし。

    PAK85_donatutakusan131310_TP_V

    458: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 01:35:09.16 ID:HkbERMRy
    検索で来たんで板の雰囲気と違ったらごめんなさい。
    俺の車でオシッコ漏らした彼女が逆ギレして俺を馬鹿にしてきた件です。

    3カ月くらい前に彼女と遊びに行って、高速走ってるときにトイレ行きたいから次のパーキングに寄ってって言われたの。
    でも喋っててウッカリ寄るの忘れた。
    それまでは普通に喋ってたのに実はかなり切羽詰ってようでトイレトイレと騒ぎだした。
    だから次のPAに早く行こうと思って飛ばしたの。
    俺も焦ってたのか高速降りるって思いつかなくて降りなかったら「なんで降りないのふじこふじこギャー!」ってキレられて静かになって漏らされた。で、俺が悪いってキレられた。

    長くなるので箇条書きにする。
    その後も彼女とは普通に付き合ってた。
    でも高速では「PAまであと2キロ」「あと500m」「入り口だよ」っていちいち言うようになった。
    (つか下道でも目的地が近づくといちいちナビる)
    馬鹿にされてる気がしてとうとう俺キレた。で、ケンカ。
    彼女が折れてもう言わないと言った。
    その後また「次のPA寄って」と言われたのにウッカリ通り過ぎた。
    「ほらね!」と彼女は親の首を取ったような顔。
    オレは試された。馬鹿にされたわけだ。で、キレた。

    で、今ケンカ中。
    試されたのは腹がたつけど俺が悪いような気もする。
    俺が悪いの?謝った方がいいの?

    PAK57_rousokutoichigo_TP_V

    236: 恋人は名無しさん 2015/06/12(金) 22:30:40.36 ID:m68sEf1J0
    彼女が28で処●だった。それどころか男と付き合うことすら初めてだという。
    容姿は好みはあるだろうがそこそこ可愛い方だし(少なくとも酷いブスではない)
    学校もずっと共学だったし男と全く接触しない環境にいたわけでもないのに今まで何して来たんだ?と思って理由を聞いたら
    「部活や趣味をやってる方が楽しかったし、そこまで好きになれる人いなかったし…」だと。

    部活や趣味に熱中してても恋愛と両立させてる奴なんて沢山いるし、28年間生きてて誰も本気で好きにならないなんてありえないだろ
    正直言い訳にしか聞こえなくてそこを突っ込んだら「理由なんて何だっていいじゃん」だの
    「俺君なら受け入れてくれると思ってたのに」だの「私とは遊びで付き合ったの?そんなに好きじゃなかったの?」だの泣かれて
    あーこれは何かあるな、彼女は真面目でしっかりした優しい子だと思ってたけどやっぱ高齢処●って地雷秘めてるんかなと思った。
    というかそうやって都合悪くなると泣いて逆ギレするような性格だからその年まで誰とも付き合えなかったんじゃね?手出す前に本性表してくれて良かったわ。
    別れ際に「次は俺君と違って私の初めてをちゃんと受け入れてくれて優しくしてくれる人と付き合うから」と言われたが
    その年でも処●を喜んでくれるキモいDTの処●厨が見つかるように祈っといたわ。

    このページのトップヘ