ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    😘惚気・なれそめ😘

    110:名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/01(日) 13:32:09 ID:6UxSIvpwa

    長くなりそうだから産業

    ・会社の屋上から飛び降り自*をしようとしていた女を説得
    ・余りにもウダウダ言うから家政婦に雇う
    ・胃袋捕まれたので褒め倒し拝み倒し結婚に持ち込む

    marbee_DSC0310_TP_V

    198: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/03(月) 00:55:55.84
    図書館で借りた本に栞が挟まってた。
    タティングレースで編んだいかにも手作りっぽい可愛いしおりは、
    すごく手が込んでる様に見えたから、返却する時に司書さんに頼んだ。
    俺より前に借りた何人かのうちの誰かが忘れたものだと思ったので。
    「すごくきれいで勿体無いので、できれば返してあげて下さい」
    「はい、お預かりします」
    自分で頼んでおいてアレだけど、そんなの本来の仕事じゃないだろうに、
    いわゆる文学少女がそのまま大人になったみたいなメガネの司書さんは、
    愛想良く笑った。きっとこの人に預かってもらえれば持ち主に戻るって、
    根拠も無く俺は思った。そういう笑顔だったね。

    自分の手を離れて安心してしまい、そんな事すっかり忘れた一ヶ月後の
    図書館で、司書さんに話しかけられた。
    「あの栞、ちゃんとお返ししておきました」
    「あー、ありがとうございます」
    「いえ、こちらこそ、ありがとうございました」
    「?」
    改めて司書さんにお礼言われたのがいまいち腑に落ちなかったが、
    その理由は後で解った。
    栞は司書さんが自分で本を借りた時に挟んだままにしてしまったもので、
    編み物も得意な本人の手作り。その場でお礼を言いたかったけど、
    利用者の情報は秘密厳守なので、ひとまず、預かったということにした
    というのが真相だった。あれは素で嬉しかった笑顔だったのね。

    てなわけで、その司書さんが嫁です。

    RED19428D008_TP_V

    229: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)13:32:15 ID:zT8
    旦那を十年以上ずっと騙し続けていること

    私の旦那は会社の元同僚なんだけど、
    チビでガリでダサくてコミュ障で吃りで不細工で貧乏で高卒だった。
    ゆえに、嫌われはしてないけど完全に空気扱いだった。
    でもある日社食でふと視界に入った旦那のご飯の食べ方が綺麗だった。
    魚とかこんな綺麗に食べる人初めて見たなーと印象に残った。
    それ以来、一人ボソボソ隅っこでご飯を食べてる旦那を目で追うようになった。
    別に好きではない。というかむしろ気持ち悪い。なのになんか、
    ものすごい慾情した。
    旦那がご飯食べてるとこを見ると興奮して仕方なかった。

    なので、(弱めの)ビっチである私は早速声をかけて誘ってみた。
    付き合う気なんかさらさらなかったが、とにかく一度してみたかった。
    押しまくったところ、どうにかホテルまでこぎつけた。
    当然ながら童/貞だった。私は歓喜と興奮が止まらなかった。
    びっくりした。旦那の行為はものすごく良かった。
    信じられなかった。今までのどの男とも比べ物にならなかった。
    何もかもが良すぎた。昔の劇画の抱かれる女みたいな気持ちだった。

    旦那は終始不安げで怯えているようだったが、私は特に感想は言わなかった。
    でももう我慢できなくて、常に旦那に求められたくて、
    会いたいと言ってもらうためにわりと旦那に尽くした。好いてもらいたかった。
    その甲斐あってプロポーズされた。もちろん即同居開始した。
    理想の結婚式とか、友人とずっとあれこれ言ってきたけどどうでも良かった。
    そんな面倒なことは無しで早く一緒に住んで入籍し避妊をやめたかった。
    だから結婚式は親族だけ、新居は私が住んでいる両親所有のマンションにした。
    旦那は申し訳ないと言って、月何万か私の両親に支払っている。
    とにかく出来るだけ旦那としていたかったので自然に私の生活は地味になった。
    旦那下半身は元気でいて欲しかったので健康にも気遣って料理も覚えた。

    AJG_waretachokotohana_TP_V

    374: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/20(月) 23:08:31.47 ID:EUG5zjlN0
    馴れ初めかー
    俺と嫁の旧姓&名前が一字ちがいだったことかなー

    例えば
    俺:田中和夫
    嫁:田中和子
    年齢も同じ

    昔は嫁の友達に会うのが面倒くさいかったなー
    婿もらったのかとか説明するのうんざりしたw

    563

    355: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/17(木) 16:57:52.81.net
    18年下の嫁。まだ未成年。
    家庭の事情で中卒で男だらけのブラックもいいとこの職場に入社してきて一目惚れ。俺は当時同い年の嫁(元)がいて子 どもも2人。
    そんなだからこの子と付き合うとか、結婚するとか考えてはなかった。妄想はしてたけど。
    ちょっとギャルちっくで、でも大人っぽくて賢くて。ムチムチボイン。Fカップはあったそうだ。毎日不満たれてヒスって子どもを言い訳に働こうともしない嫁(元)と全然違ってた。
    親に捨てられ高校も行けず、糞みたいな会社でも毎日笑顔で一生懸命働いて夢を語る嫁(今)にどんどん惹かれてった。休みの日が来るのが嫌になるくらい惹かれた。 でもこんな既婚者の親父、相手にしてくれるわけないって思ってた。

    それがさ、半年たって会社のバーベキューがあってさ、酒飲んで酔っ払ってた勢いと、たまたま嫁(今)と二人きりにな れるシチュエーションがあったもんだから、言っちゃったんだよね。好きだって。
    ちょっと困った顔して、嫁(今)は、「親の愛情がなかったから、俺さんに理想の父親像を重ねちゃってるだけなのかも しれないけど、私も好きです」って。「でも俺さんは結婚してるから、ダメです。私は不倫する気はないし」。
    そんなん聞いたらさ、そりゃ離婚するよ。子どもには悪いけど、嫁(元)にも悪いけど。 その場では何も言わずにそれから2ヶ月で離婚して、嫁に告白した。嫁はまたちょっと困った顔して、家庭を壊してし まったって落ち込んでた。でも付き合ってくれた。
    元々嫁は一人暮らししてたから、転がり込む形で一緒に住み始めた。嫁には仕事やめさせた。俺だけの嫁でいて欲しかっ たし、可愛かったから不安なのもあった。

    このページのトップヘ