ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    😘惚気・なれそめ😘

    mizuho17810DSC_0792_TP_V
    49 :ガールズにちゃんまとめ 2019/07/06(土) 19:32:17 ID:RfehAxjgr.net
    俺の勤めてる会社に新卒で入って来たのが今の嫁

    当時のスペック
    俺デブ、ブサ、魔法使い
    嫁かなりの美人だが性格に難有り

    俺の事を
    「あのブタ野郎が~」とか
    「男の癖に料理得意とかキモイ」とか

    陰で罵倒してた女と結婚して子供が二人出来るなんて
    当時は全く思ってなかった

    010KAZUKIHIRO414A_TP_V
    390:おさかなくわえた名無しさん2017/12/29(金) 00:27:25.29 ID:rE+q5Y72

    友人が人妻に恋をして、夫側に慰謝料払って離婚させた。
    更に、その前夫も最初の夫に慰謝料払ったらしい。
    不倫癖のビ○チは3回目も平気で挙式かとバカにしていたが、披露宴の新婦はあまりに可憐で明るく美しかった。

    後日新居に行くと気の利いたおつまみと手のこんだご飯、正座をする彼女の控えめで柔らかな笑顔に涙が出そうになった。
    新郎が俺だったらよかったのにと毎日写真を見返しては溜め息が出る。
    早く会いたくてたまらない。
    魔性の女とは腹黒いわけではなくああいうのを言うのかもな。。

    YUKI0211025_TP_V
    603:おさかなくわえた名無しさん2007/08/06(月) 12:32:51 ID:6LJbxRgy
    過去に遭遇した話

    一人でアメリカに行くのに国際線に乗ったら、私の席に既に家族連れ(ママ・パパ・幼児×2)がいた。
    話しかけるとその旦那さんが「あー同じ席Noですねぇ」と言って通りかかったフライトアテンダントに「ダブルブッキングです、私たちは家族ですので申し訳ないですが彼女の席を至急手配していただけませんか?」
    で、私の方を向いて「こっちの勝手な事情ですみません」と言うので「いえいえ、そちらが悪い訳ではないですから」と伝えた。
    (内心、すごく混んでいたので席があるか冷や冷やしていたが)

    しばし待たされて不安から開き直りの境地にかわった頃、チーフっぽい人が来て、
    「お待たせして申し訳ございません。こちらの手違いでご迷惑をおかけ致しました。あいにく空いている席がございませんでしたので、申し訳ありませんがビジネスの方のお席でよろしいでしょうか?」とおっしゃる。
    こちらとしては願ったりなのに、そんなご丁寧に・・・。

    「ありがとうございます」とビジネスの方へ移動しようとした時、その奥さんがいきなり立ち上がって「だったら私がそっちに行くから、あなたここ座りなさいよ」と。
    イヤイヤそれはおかしいでしょ、第一あなた子供連れだし・・・。
    ポカーンとしてたら、旦那さんが「お前なに言ってんだ!・・・すいません、お気になさらないで下さい」と奥さんを睨みつつ私に頭を下げるので、私もペコリと軽く挨拶して移動しました。
    (後ろで、あなたが譲るからこっちが損したじゃないの!とか聞こえた)

    HIRO20556000_TP_V
    1:名無しさん@おーぷん2018/01/31(水)21:29:39ID:Zdi
    彼女に打ち明けたほうがいいかな?

    とりあえず当時の詳細書く

    019Yama077_TP_V
    546: ãŠã•ã‹ãªãã‚ãˆãŸåç„¡ã—さん@\(^o^)/ 2014/09/18(木) 14:47:24.68 ID:R6Z7TOPS

    俺にとってはすごく衝撃的だったんだが、スレチだったら申し訳ない
    乞食みたいに食べると噂の女性と出会った話

    当時コック目指して修行中
    高校から地元離れて料理の専門学校行ったり、海外に修行に行ったり、ひとところに落ち着くことが無かった
    一段落ついたとき、地元に戻って働くことになった
    地元の友達も久々に帰ってきた俺を歓迎してくれて、人脈が乏しくなってた俺に友達紹介してくれたり、彼女がいなかった俺に興味があるという女性Aを引き合わせたりした
    その人は料理が趣味で、彼氏彼女にならなくてもいい友達になれるんじゃないかとのこと
    実際ちょっと込み入った料理の話ができる、いい話し相手だった
    多分結構いい雰囲気だったと思う
    周りからも早く付き合えよーと茶化されてた

    ある日Aが食に執着する人が職場にいるんだという話をした
    いつもご飯は一人で食べていて、食べ始めると話しかけづらい雰囲気になる
    食べている最中に声かけても食べるのに夢中で気づかないらしい
    まるで久々に食に有りつけた乞食のようだという
    料理の勉強をする過程で食に執着することについて学んだことがあったので、少し気になった
    Aに頼んでその人を紹介してもらった

    Aの家で俺が腕を奮うのでそこに呼んでもらった
    太っているのか、はたまた肌の荒れたガリガリか、不健康な人が現れると思ってたんだが、Aか連れてきた女性は、メガネかけて可愛く写ってる多部未華子にそっくりだった
    体型含め多部ちゃんそっくりなので普通に健康だってのは一見して解った

    俺が料理をしてる間にAと多部ちゃんの会話を聞いてると、多部ちゃんはほんわかした喋りをする
    アニメだったら周りにお花飛んでそうなふんわり感
    こんな子が乞食みたいに?と半信半疑で出来上がった料理を並べた

    食べ始めた多部ちゃんは目に見えて顔が変わった
    よく美味しそうに食べる人がいるというが、それの上級版みたいな表情
    美味しそう、なんてものではなく、あぁすごく美味しいんだなぁ、幸せなんだなぁと解る顔
    そして確かに一切喋らなくなって、集中して黙々と食べてるんだけど、作り手だからかもしれないが、あまりに美味しそうに食べるから話しかけてはいけないような気にさえなった
    食べ終わった後も幸せそうな顔


    このページのトップヘ