ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    😃友達😃

    263 :ガールズにちゃんまとめ 2017/09/01(金) 00:56:44 ID:Gft
    仲良いバイト仲間Aとラーメン食いに行こうとしたら
    軽く会話する程度のBが一緒に行きたい言ってきて
    Aに聞いたら「そっちがいいならいいよ」だったのでokした
    辛いのが名物じゃない普通のラーメン屋だけど辛いラーメンもある店
    俺とAは辛いの苦手(タバスコとか七味とか常識の範囲でちょっと使う程度)
    なので普通のラーメンを注文
    Bは5辛の激辛ラーメン頼んでて内心良く食えるなーと思ってたら
    「辛いの美味いよなんで食べないの」と言われて
    2人して「辛いの苦手だから」と答えたら
    「食えば絶対美味いのに」とか「人生損してる」とか
    「辛さは大人の味」「お前らの舌は子供」とか言われた
    正直うざかったけどスルーしてたらラーメンが来てみんな食べ始めた
    途中にセルフのウーロン茶を汲みにちょっと席離れて戻ったら
    AがBに何か怒ってて何だろうと思ったら俺のラーメンが真っ赤に染まってた
    Bがラーメンに付いてた辛さ調整用?の辛味ダレをぶち込んだらしい
    ドヤ顔で「美味いから食ってみろって」って言われたけど
    丼に顔近づけたら湯気と匂いで咽るレベル
    キレそうだったけどこいつを連れてきたのが悪かったんだと思って
    Aに料金渡して会計お願いして1人で先に帰った
    Aから電話来て
    「いきなりお前のラーメンにタレ入れだして止められなかった
     何やってんだって言っても「これが美味いんだって」って聞かなかった
     つーかあいつあんなキチ外だったんだな2人っきりにすんなきつかったわw」
    勝手に帰った事は謝りつつ2人して「あいつと関わるのやめよう」って結論になった

    なんで辛味ごときで人生損しなきゃならないんだよっていうスレタイ
    酒飲みが飲めない人にも似たようなこと言うよね

    540 :ガールズにちゃんまとめ 2013/03/20(水) 17:38:28 ID:Lv7VavW30
    以前外国に住んでた頃一番近しかった子宅(外国)に日本から会いに
    一週間滞在させてもらった、んだが
    (向こうが自分とこ泊まれと言ってくれたので)
    ちょうど夕食前に自力で空港から辿り着いた。ら
    『夕食、あなたの分があるかどうか分からないんだけど…』って。
    吹っ飛んだよ。
    一ヶ月以上前に、行く話もついてるし一週間旦那いないからその時に、と期日も向こう指定。
    で、着いたらご飯ないかも、って。
    ショックで
    「う、ううん、長旅で疲れてるからお腹すいてないよ」って言うのがやっと。
    結局住み込みメイドがちゃんと私も人数に入れて作ってくれてたけど…

    友達と思ってたのは自分だけだったもかな。
    それなら他に泊まらせてくれる子もいたのに。
    私が彼女なら自分の分へつってでも客に食べてもらうけどな。
    で、私が帰る前日に素敵なユリの花を買ってきて活けてた。
    旦那が帰ってくる前日だったから………

    912 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/27(火) 12:58:51 ID:h0s
    知り合いの女忄生がとんでもない美人でいつも目の保養にさせてもらってた
    多分誰しも「美人(イケメン)いいなぁ仲良くなれたら幸せだろなぁ」って考えは持ってると思うけど、俺も例に漏れずボンヤリとそんなことを考えてた
    ただ最近その美人とやたら親密になって、とうとう今度の休日に映画に誘われた
    今までは「あんな美人と仲良くなれたら幸福だなぁ」とボンヤリ考えてはいたものの、いざそれが現実となって冷静に考えてみるとなんか急に「俺そんなこと望んでないかも…」って思い始めた
    憧れの相手だからこそ現実的な交際相手としては考えられないし、「俺みたいな釣り合わない男じゃ…」とヒヨッている面もある
    先走りすぎだけど、仮に告白でもされようもんなら答えに物凄く迷う

    という話を男友達三人にしてみたら「えっ卑屈すぎでしょ」「美人に誘われたら喜ぶ以外ありえないだろ」ってフルボッコされた
    とんでもない美形に物怖じするという感覚ってあんまり理解されないのだろうか
    友人の言う通り俺が卑屈すぎるのだろうか

    207 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/20(火) 12:24:40 ID:7HZ
    私は見合いで25歳の時に結婚したんだけど、そのことを幼馴染だったAにものすごく馬鹿にされた。
    私の友人にも見合い結婚した子がいたし、見合いに抵抗はなかった。
    話を持ってきてくれた人が大好きだった伯母で、私にぴったりだって言って見せてくれた釣書と写真を見た時に
    決してイケメンではないんだけどなんかこの人と結婚決まりそうって予感があって、
    実際会ってみたらお互いフィーリングが合ってトントン拍子に話が進み結婚。
    その後思い描いていた理想通りに20代のうちにふたりの子に恵まれ、30代後半にはマイホームも建てた。
    見合いだったせいもあるだろうけど両家の関係もいいし、夫婦関係も40代後半となった今でも一緒にいて友達のように楽しい。
    見合いってのは出会う切っ掛けだっただけで何の問題もなかったのに、何故かAは酷く馬鹿にしてきた。
    A曰く、見合いなんてのは婚期を逃した人がするもので、20代で見合いするなんてどんだけモテなかったのって馬鹿にされても仕方ない、
    ハッキリ言って恥ずかしくて友達に出会いのキッカケを話せないような結婚はしたくないって言われたんだ。
    私は気にしないとは言っても、そんな言い方されたら腹が立つ。
    でも母親同士も知り合いのご近所さんだったし、COしたくとも実家に帰れば顔を合わすこともあるわけで。
    で、初めての出産で実家にいた時に遊びにきたAに「見合いなんかで知り合った男とでもやれるんだねー」って言われたのね。
    それでブチ切れちゃって絶縁。母親にも事情を話して今後Aとの付き合いは止めるからって宣言した。
    その後も何度かAを見かけることもあったけど、ここ10年ぐらいは全く姿を見た事がなく、母からの情報によると
    相変わらず未婚で仕事も止めて引きこもってるらしいが、A母もそのことを気にしてか近所の人と目も合わさないそうだ。
    生活も大変みたいで、母親がパートの掛け持ちもしていると言うのにA自身は全く外に出ない生活をしているらしい。(続きます)

    980 :ガールズにちゃんまとめ 2016/01/03(日) 13:28:29 ID:9sc
    アザが残るほどのいじめ受けて不登校になってフリースクール通ってる男の子に
    「お前にも悪いとこあったんじゃね?」
    「ちゃんと通え。それで自杀殳するほど弱い人間ならお前には最初から生きてる価値はない」
    浴衣着せられてはしゃいでる幼女に
    「イチゴ柄とかダセえw」
    「センスないくせに浴衣なんかに手出すなよ」
    親の束縛に悩んで親に内緒で学校のカウンセリング利用してる女の子に
    「昔の女の子はもっと不自由だった。そのぐらい我慢しろ」
    旦那が近頃忙しくて0時回らないと帰ってこないけど温かいご飯食べさせてあげたいから起きて待ってる~って喋ってた女性に
    「女でも作ってるんじゃね?」
    なんて具合に相手の感情を逆撫でする発言や余計な一言が多い奴がいた
    どうも悪気は全くなく自分の発言が相手にどう受け取られるか理解できなかったようで、相手が泣いたり怒るとえっ?えっ?って感じで本気で困惑してた
    その場では謝るけど同じことの繰り返し
    万事こんな調子だから親戚の集まりでも話しかけるのは俺だけ。大学卒業した頃にはすっかり顔見せなくなった

    そいつと昨日5年ぶりに再会。
    全く知らん間に結婚して、全く知らん間に離婚していた(式は挙げなかったらしい)
    どうも嫁さんに懇願されて一年たたずに離婚したらしい
    まぁ残当だな…と思ったら話に続きがあった
    離婚したあと郵送で元嫁さんから発達障害関連の本を何冊か送られたらしい
    一般向けに書かれた簡単な本で、読み進めていくうちにどうも思い当たる節があったらしく、最後の方のページに書いてあった「発達障害の治療」みたいな項目を参考に障害者支援センターに行ったらしい
    最寄りの障害者支援センターに足を運んで大学病院を紹介されて、そこでアスペルガー症候群と診断されたらしい

    発達障害がもっと広く知られていて、もっと早く診断されて適切な治療が行われてればこいつも別の人生が歩めたのかなぁと思うと切なくなった

    497 :ガールズにちゃんまとめ 2015/04/02(木) 17:57:18 ID:NZ6ogZGV.net
    まだ携帯電話が普及する前の話。

    乳飲み子抱えて主婦していたある冬に、当時の友人に騙されて見知らぬ河川敷に車で連れて行かれ、そこで借金の申し込みをされた時が修羅場だった。

    元友人は、能面みたいな顔で言ったんだ。「貸すまで帰さない」と。

    周りは車も通らないし見渡す限り家は無いし、電車の音なんかも聞こえない。そんな中に人を騙してまで連れてきた元友人の中に狂気じみた物を見た気がして、恐怖からか寒さのせいなのか震えたのを覚えてる。

    何より子どもに何かされないか、寒空の下に長く居ては風邪を引かせてしまわないか、そればかり気になってアッサリとお金を貸してしまった。
    と言っても、帰りに支払う予定だった光熱費の3万だけだけど。

    元友人は随分早くに子どもを産んでいて当時5才くらいだったけど、帰りの車の中で「おかねあるから、ごはんたべれるね!あしたはだれにおかねもらう?」って言っているのを聞いて密かに涙を流したよ。

    もしかしたら本当に修羅場だったのは私では無く、この子の今後の人生だったのかもしれない。

    このページのトップヘ