ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👨旦那・恋人👨

    aig-ai20221111191-xl_TP_V
    505: åç„¡ã—さん@おーぷん 20/11/18(æ°´)21:20:51 ID:SO.vd.L1
    男女差別と言われるかもしれないが、男の馬鹿ってホントキツい
    頼れるレベルの知能は備えててほしい
    神社仏閣と城巡りが趣味なんだけど、
    「神社仏閣とか行く意味が分からない」とか
    「城とかどこもいっしょ」とか教養のなさに加えて、
    他人の趣味を否定する知能の低さに呆れる

    お前の趣味は競馬とパチだろ
    パチはしないって話だったのに他人に流されて始めて結局依存
    競馬も付き合いでやってるだけだからいつでもやめれるっていってたけど、
    ビギナーズラックが忘れられず
    「勝てる方式を見つけた」とか馬鹿丸出し
    国税に目をつけられるくらい勝ってる人は
    ソフトを組んで徹底的に解析してんだよ
    お前はメインレースだけ新聞見てその日に適当に選ぶだけ
    トータル負け越してることを認められずむしろ、
    これから勝つとかギャンブル依存者のセリフじゃん
    クズ街道まっしぐら過ぎて別れた


    C785_ringbuke_TP_V
    195: åç„¡ã—さん@HOME 2011/11/24(木) 19:05:29.89
    まだ婚約段階だけど相談と言うかモヤモヤを聞いて欲しい。 
    PCは無くiPhoneからだからかなり打つのが遅いが良いだろうか? 
    スレ違いなら誘導もお願いします。 


    TAKEBEcheck_TP_V
    276: æ‹äººã¯åç„¡ã—さん 2019/01/20(日) 00:48:22.06 ID:8nmAnC0a0
    カレシにパパバレして
    どちゃくそ怒られた上にヤ〇マンビッチと罵られた 
    んで今すぐ別れろと言うからカレシと別れてきた 
    お金くれる人がいいに決まってんじゃんバカなのあいつ



    BIS151026173927_TP_V
    323: åç„¡ã—さん@おーぷん 2017/04/27(木)17:56:01 ID:b2k
    小学校1年生から高校3年生まで好きだった人。
    中学の卒業式でやっとの思いで告白して、付き合えた。
    若いなりに相手の悪い所も知った上で好きだったつもり。

    高3の冬、受験勉強も追い込みに入ってくる時期のこと。
    彼の家は親が教育熱心だったので、かなり真剣だった。
    私はというと、普段まぁ真面目に勉強していたし、
    その学力で無理なく受かる大学でいいやくらいの構えだったので、
    彼とご家族の気迫に気圧されていて、
    会うのも遠慮しているつもりだった。
    が、一緒に少しゆっくり下校することさえ
    彼母的にはダメだったらしく、注意されたこともあった。
    この辺の考え方は人それぞれだろうけど、
    私には何か怖かった。


    年末のある日、気晴らしにと
    彼から電話がかかってきたので雑談していたけど、
    長くなってきたので私から
    「そろそろ勉強に戻った方が良くない?
     またお母さんに言われるよ」と聞いてみた。
    彼は乗り気じゃなかったけど、まぁ電話を切る流れになった。
    そこで挨拶ついでに
    「願書もそろそろ締切だし出さないとね。
     彼くんは時々うっかりしてるんだから、
     忘れちゃダメだよ~?w」と言ってみた。
    そしたら突如彼がキレて、
    「子ども扱いするな、馬鹿にするな」とめっちゃ怒鳴られた。
    驚いてそんなつもりじゃないと弁解するも、
    ブチキレたまま電話を切られた。
    その後一人で泣きながら、お節介だったし、
    揶揄する言い方に聞こえたのかもと反省した。

    年が明けてなんやかんやで仲直りして、
    しばらくしたある日、半泣きの彼から電話がかかってきた。
    「どうしよう。第一志望の学校、願書出し忘れた」

    私は自分のことのようにショックで、咄嗟に
    「ええ!?もう!!そうなると思ったから言ったのに……ええ~!!」と答えた。

    すると彼が
    「え?そうなるとわかってたのに言ってくれなかったの?」と言い出した。
    私「え!?いや言ったよ?言ったけd」
    彼「(かぶせて)出すまで確認してくれず、
      俺が出し忘れるのを笑って見てたの?」
    私「……へ?」
    彼「酷いね……。私子のせいでこうなったんだ。私子は疫病神だ!」

    一瞬で完璧に冷めた。
    電話を切った後さよならのメールを丁寧に送り、二度と連絡しなかった。
    しばらくしてロミオメールが来まくったけど余裕で冷徹にスルーした。

    sora458A5765_TP_V
    427: åç„¡ã—さん@おーぷん 20/03/05(木)23:44:38 ID:ZN.mb.L1
    友達の紹介で最近付き合いはじめた彼氏の神経がわからん。
    古いiPhoneをずっと使ってた彼氏が、
    最新のでかいiPhoneに機種変した。
    そしたら画面が大きくなったのとプランが変わったので
    通勤時に動画が見たくなったそうで、
    イヤホンを買いたいと言い出した。

    たまたまその日の待ち合わせ場所に近かったので
    ○○西口駅の前~♪のお店に寄ることに。
    いやー、普段は行かないけど、すっごい品揃え。
    コンビニくらいの面積全部イヤホンなのね。
    こりゃこの中から選ぶの大変だ~!って思ってたら、
    彼が近くにいた女忄生の店員さんに声かけた。

    彼:イヤホン欲しいんだけど
    店:メーカーなどはお決まりですか?
    彼:イヤホン無いの?
    店:とても沢山ご用意がありますので、お探しのタイプなどありますか?
    彼:だからイヤホン
    店:お使いになる機器はどんなものでしょうか?
    彼:スマホだよ!
    店:有線のものと無線のものがございますが、どちらがお好みですか?
    彼:は?なにそれ?
    店:スマホに挿して使うタイプと、
     Bluetoothによる通信接続のタイプがございます
    彼:……挿すやつ
    店:スマートフォンの機種は何をお使いですか?
    彼:スマホ
    店:いまお持ちでしたら拝見してもよろしいでしょうか?
    彼:スマホだって言ってるじゃん……(ポケットから出す)
    店:これは……iPhone11ですね、そうsh
    彼:は?これイヤホン挿すとこ無いじゃん!
    店:充電口に挿して頂くことがでk
    彼:ここに丸いの挿すの?
    店:充電口対応のイヤホンg
    彼:ねぇ、丸いの挿さんないよね?
    私:充電口の形のやつがあるんでしょ?話ちゃんと聞きなよ!

    もう腹が立って、思わず横から入ってしまった。

    このページのトップヘ