ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👨旦那・恋人👨

    KAZ86_kasanaruhana_TP_V

    400: 名無しさん@おーぷん 2016/03/04(金)11:54:01 ID:BLH
    適当に私の復讐を投下

    私達夫婦は共働き
    2人とも30代で結婚して2年目経過

    夫自体は優しい人だし家事もやってくれるので不満はないが
    義母がどうも苦手で・・・
    会うたびにチクチク嫌味をいってくる

    まぁ内容自体はたいしたことないスルーしている
    ただ私が義母に何か小言を言われている時
    夫は完全に無視するのがちょっと悲しかった
    援護してほしいわけじゃないが、小言の内容は
    私が悪いわけじゃない内容ばかりだからちょっとくらい
    何か言ってくれても・・・と思ってた

    そんな先週末
    夫実家に出かけた際にまた義母から小言まつり
    ブチブチと何かいっているが私はスルーしてたのに
    突然義母のある一言に夫が便乗しやがった

    義母「2年たっても子供できないなんて畑が悪いのかしら」
    ちょっとカチンときたが話を流そうとしていたら突然

    夫「本当だよマジで!子供できないのは嫁のせいなんだよ!」と
    ぬかしやがった

    一旦切ります

    KAZ88_gakuajisai_TP_V

    873: 名無しさん@おーぷん 2016/08/26(金)10:50:38 ID:5Fu
    会社の同僚でものすごく社交的で明るいA君がいた。三枚目で友達も多いタイプ

    ある日曜に大型ショッピングセンターのフードコートでばったりA君とその彼女が食事をしているところとバッタリ会った
    私は人気者のA君の彼女ってどんな人だろうってテンション上がりまくり
    私も彼氏連れだったのでA君も「私さんにはいつもお世話になってます!よかったら一緒に」と相席を勧めてきた
    A彼女がどうぞ~と言ってA君の正面から隣に移動するように見えたので、私たちカップルは席についた

    そこで突如A彼女がAに「じゃあ私は帰るからゆっくりしていってね(笑)」
    Aは慌てて「え!?どうして!?いいじゃん一緒にいなよ!」と言ったがA彼女は「一緒にいたら悪いから(笑)」と言って強引に去っていった
    ちなみにAカップルは食べ始めたばかりだったらしくまだプレートにがっつり残っていたがそのまま返却口に戻して行った

    急ぎの用事でも??と思ったがAによるとそうじゃないけど彼女はちょっと人見知りが激しいとのこと
    凄く衝撃というほどでもないかもしれないが、意図せず他人のデートをぶち壊してしまったのが衝撃だった

    mitubashiDSC_5713_TP_V

    36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/17(火) 22:44:11.88
    夫(30代)は今年の春に転職したんだけど、最近仕事が上手くいかなくて落ち込んでる。ハッキリとは言ってこないけど、会社を辞めようか悩んでる。
    「夫を励ます」でググれば「私はいつでもあなたの味方だよ。辛ければ転職してもいいよ。私が支えるから。」なんて言葉が。
    子供が二人もいてそんな簡単に転職容認なんてできないよ。でもやっぱり励ますには「辛かったら~」の言葉は有効なんだろうか。
    しかし昨日は私から「転職なんて現実的にあり得ないから!」と言ってしまった。励ますにはどうしたらいいんでしょう?もう何言っても追い詰めるだけだろうか。
    ちなみに夫の仕事は自動車の損害調査です。

    TSURU1891010_TP_V

    149: 名無しさん 2014/04/10(木)09:33:23 ID:???
    旦那が風呂嫌いで困ってる
    風呂場には行くんだけど、毎日一分もかかんないわ
    早い時なんて6秒とかあったんだけど
    そんな汚い身体で私に触るなよ~

    KUMA1892130_TP_V

    239: 恋人は名無しさん 2005/03/31(木) 23:34:44
    彼女とこれからのデートプランを考えてたとき。
    4月はオレンジデー、5月は3ヶ月記念、
    6月は恋人の日、7月は七夕、8月は花火…
    記念日いっぱいだね!ほしいプレゼント、考えておくから、と張り切ってた。
    なんかこいつプレゼントほしいために記念日色々こじつけてるだけだなって
    思ったら引いた。一緒に楽しもうって言うならまだしも
    自分だけいい思いしようってつもりなら当然祝う気なんかゼロだが…

    このページのトップヘ