ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👨旦那・恋人👨

    PPG_hisimekisakumurasakinohana_TP_V

    843: 名無しさん@HOME 2016/07/12(火) 16:31:29.18 O
    相談お願いします。
    現在妊娠中。
    子供(男)の名前で旦那と噛み合わないです。

    旦那は名前にコンプレックスがあり、かなり名付けに意気込んでいます。
    私は私で、昔からずっと付けたかった名前があり、最近ずっと険悪です。
    私から見れば、旦那の候補はキラキラどころかギラギラネームに見えます。
    また、旦那に言わせると私の候補は古臭く時代に合わないと言われます。
    お互いに付けたい名前の方向性が真逆過ぎて、折衷案も見つかりません。

    皆さんが子供に名前を付ける時にどうしたか、上手く折り合いをつけるにはどうしたらいいか
    アドバイスお願いします。


    前編はこちら
    666

    149: オレンジランドセル ◆/Wb1YQeufhiU 投稿日:2011/02/25(金) 09:16:59.48
    test


    後編はこちら
    665

    352: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/19(水) 17:20:10
    ちょっと違うけど、うちはトメが娘にオレンジのランドセルを担がせたがって
    うるさいんだよなあ
    夫は「ハイハイって聞いてりゃいいんだよ、そうしないといつまでもうるさいし」とヘタレ。
    娘自身が赤がいいって言ってるのにさ…

    うちはド田舎でちょっとでもほかの子と違うことすると
    すぐいじめられたりする閉鎖的な土地で
    娘もそれをよくわかってるから
    「普通のみんなと同じ色がいい」
    「変わったのはいや」
    って何度も言ってる。
    でも自称都会的なトメはそれが嫌みたい。

    たしかに閉鎖的なのは良くないけど
    まず娘の意向を尊重してくれよ…

    KIJ_suitekigashitatarupinknoumenohana_TP_V

    964: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/07/13(水) 00:41:38.74 ID:DGR0FR8V0
    相談させてください。
    先日入籍し、夫と暮らし始めて約1ヶ月が経ちます。
    現在私が無職の為、食事は毎食私が作っているのですが度々、夫が夕食の後にカップラーメンや冷凍食品を食べたりしています。
    食事の量が足りないのかな?と思い量を増やしたりしていたのですがついに今日夕食をほぼ残されカップラーメンと冷凍食品を食べ始めました…。

    そんなに美味しくなかったのかな?と不安に思い聞いたところ
    「味は美味しいけれど君の料理は主菜が無いから箸が進まない」と言われました。
    自分が作る食事に主菜が無いなんて思った事が無かったのでショックで不貞寝してしまいました…。
    もう何を作れば良いのか分かりません。
    ちなみに本日の夕食のメニューは
    豚肉入りオムキャベツもやし
    水菜とトマトのサラダ
    里芋とイカの煮物(昨日の残り)
    オニオンスープ
    白米
    でした。
    個人的にはオムキャベツもやしが主菜だったのですが…やはりこのメニューは副菜ばかりでしょうか?

    633

    295: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2007/10/03(水) 04:06:38 ID:0IGHYmI8
    私のダンナは、以前はよく友人や親戚を家に呼んでいた。
    そのたびに私は胃がキリキリしながらも「これも妻の務め」と精一杯もてなした。
    多いときは7~8人呼ぶこともあり
    私は持病の坐骨神経痛の痛みに耐えながらずっと台所に立ち続け
    大人数に見合う酒の肴(ダンナの友人は酒豪が多い)や料理をひたすら作り続けた。
    ダンナはといえば、客らと私の知らない趣味関係の話題などで盛り上がり
    私に対してはたまに「つまみがそろそろ無くなりそうだぞ~!」と声を張り上げるだけ。
    もちろん料理を運ぶのさえ手伝おうとしない。
    ダンナが呼ぶ客の中には女性がいることもあったけど
    彼女達も私を手伝うなんて思いつきもしないのか、どっしりと座りこんで
    私が運ぶ料理を当たり前のように食べ散らかし
    空いた皿もほったらかしで「なんかテーブル狭いね~」とか言っている。
    それどころか「もうお酒がないんですけど~」と背中越しに私に催促する始末。
    そうやって私は休日のたびにダンナが連れてくる不躾な客たち+ダンナを
    たった一人でもてなしていた。

    このページのトップヘ