ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    🔶家族🔶

    kawamura1029IMGL4517_TP_V

    672: 1 2014/07/31(木) 14:03:18.50 ID:31QlEYDB
    私が4歳の時に体験した修羅場。

    私の母はいい母だと思う、適当だけどニコニコしてるし遊んでもくれる。
    そんな母が大好きだったんだけど、4歳になった夏の頃、母が体調を崩した。
    大好きな抱っこやブーン(飛行機みたいに抱えてくれる)もしてくれなくなった。
    ねだると「ゴメンね、今お腹が重いから抱っこできないの」と困ったように笑って
    お絵描きやトランプなどで遊んでくれるけど、それが寂しくて不満だった。

    ある日、いつも幼稚園に迎えに来る母が来なくて変わりに父が迎えに来た。
    不思議に思いながら家に帰ると母が横になって寝ていた。
    横になりながら「お帰り」という母が、なぜかすごい嫌だった。
    夕飯もいつもの手作りじゃなく、惣菜が出てきて母はご飯も食べず寝ている。

    私が「大丈夫?もうお腹なおった??」と聞くと、困ったように笑って
    「ゴメンね。お腹重くて、今大事だからしばらく治らないの。大切なのよ」と言った。
    その言葉を聞いて私は子供なりに「大切なお腹」に嫉妬したんだと思う。
    ワンワンと泣きながら母に怒った。

    kawamura1029IMGL4424_TP_V

    629: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/11(月) 13:48:51.65 ID:H0DnYiJj
    赤ちゃん~中2まで母子家庭だったけど、
    小3くらいまでは母の彼氏やら、援助男が数人家に出入りしていて
    兄と私が密かにあだ名をつけた大関くん(40代くらいの太ったおじさん)が
    仲介者の紹介でやってきた。

    通常おっさん達は、母を目当てに来ているんだけど
    大関くんだけは?私目当てにやってきた(当時、幼稚園年長)
    仲介者、母、大関くんは母の部屋で話をしていたけど
    ふすまには誰がやったか忘れたけどメロンが通るくらいの穴があいているので
    私はそこから堂々と覗いて聞いていた。
    20万くらい?かそれ以上のお金を母が受け取り
    母は「わかっていると思うけど汚れにはしないでちょうだいね」みたいな事を大関くんに言っていた。
    仲介者と母は穴から覗いている私を見て手招きし
    私は部屋に入って大関くんと挨拶させられ、よろしくねと言われた。
    大関くんは土日に私を連れて、遠い動物園、遊園地、美術館、牧場、海、スケートなど
    色々な所へ連れて行ってくれてご飯も食べさせてくれた。
    ただ、毎回行く先々で絵を描かれた。
    手は繋がれたし、肩車もされたけどそれ以上変な事はされなかった。
    1年半くらいそんなのが続いたけど、私の誕生日に遊園地に行った時
    「今までありがとう、元気でね」と言われ、それっきり家に来る事はなくなった。
    大関くん来ないんだねとは思ったけど、特に母には何も聞かなかったけど
    それからしばらくして仲介者が母に、大関くんが亡くなったと話をしていたので
    割り込んで、どうして?と聞いたら、病気で亡くなったんだよとだけ言われた。

    何が衝撃かと言うと、大関くんだけじゃなくて色々なおっさんが数年間出入りしていて
    それが私達は外では話さないけどあまり重大な事だと受け止めていなくて
    我が家では普通の光景で、高学年になって、ヤバイ家庭だと気が付いた時だと思う。

    223 :ガールズにちゃんまとめ 2015/08/14(金) 23:35:47 0.net
    実家暮らしの毒女です。
    同居OKです!と嫁に来た兄嫁が酷かった

    バツイチだったので幼稚園の子供も一緒だったので、相手をして可愛がったが
    兄嫁が化粧してたりスマホいじったりして子供が邪魔だと邪険にするのもあって
    こっち超懐いてきたら、子供がとられる!!と泣かれ
    子供をあまり構いすぎないようにしたら「子供可愛くないから、構(Ry」
    いたずら書きや、危ないことしてるのを注意するだけでも「子供嫌いだから
    そんなに怒る(ry と、極端な思考

    家事はやっても自分たちのスペースだけ、共有スペース放置。
    休日にやるとしても、平日よりマシな家事量なのに、家庭の主婦は
    忙しいからとか電話してたwwwww

    なにも文句つけてないのに「やろうと思ってるのに、お義母さんたちとか
    すぐ洗っちゃうんですもん」とか言われたが、何度か一晩中放置された
    食器類を見て、洗わずにいられないとツッコミたいwww

    夕飯を作っていた時に、兄嫁の食べれない料理だったらしく、それを知った兄嫁は
    買い物に言ってくると出かけ兄から「嫁、それ食べれないから。別のもの買ってくるって」と
    聞き、自分の作った料理を一切手をつけず、買って来た出来合いのものを
    兄嫁自身は何も言われずに目の前で食べられたら泣きそうになる前に呆れたw
    いい大人がwwww
    せめて、食べれないのwって軽く言ってくれれば・・・ちなみにアレルギーでも
    なんでもなくて、ただの好き嫌いwww

    そして、長年進めてきたマイホーム計画を知ったら、なんで家でてくんですか
    皆で住めばいいじゃないですか!と引き止めてくるんだけど、どう考えても
    家事やる家政婦を逃がしたくないとしか思ってないんじゃないかと。
    嫌だよ、いずれ兄夫婦の家になるのに、そこに居候とかwwww
    彼氏どころか、友達も呼べないwwww

    IMGL8024_TP_V

    117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/15(日) 21:11:06.29 ID:TOshPV4I0
    豪雪地帯居住者なんだけど、嫁が全然雪かきしてくれない
    ここの所、寒波のせいで朝雪かきしても昼にはもう積もってる感じなんだけど、仕事から帰ると車入れるのも苦労するくらい積もってる
    現在妊娠中だからまぁ具合が悪い時はしょうがないと思うんだけど、妊娠を理由に一切やらないのは正直甘えてるとしか思えない
    豪雪地帯に住んでる人、嫁さんが妊娠中どうしてましたか?

    yukayukaIMGL0395_TP_V

    705: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)13:57:49 ID:MJn
    俺は弟嫁に娘をコロされかけたと思っているんだが俺の考えが間違ってるのか客観的意見がほしい

    俺と娘は二人暮し(嫁は他界)
    実家で長男の俺がやらなければならないことがあり、当時中学生だった娘を2日だけ弟夫婦に預けた
    その時の出来事を弟嫁と娘からそれぞれ聞いたことが以下の通り

    弟嫁言い分
    娘ちゃんに天ぷらを教えようとした
    「わからなかったら火を消して待っててね」と伝えた
    作り方も教えてレシピも渡した
    油に火をつけた時に来客があって対応していたら娘ちゃんが油から火を出して部屋の中が煤けた

    娘言い分
    弟嫁は来客が来たことがわかったうえで火をつけた油鍋を私に任せた
    15分は来客と話し込んでいたと思う
    鍋の温度計を見て言われたとおり180度になるのを待ったけどなかなか針が動かなかった
    150度を指しているしまだかなと思って菜箸を入れたら火がついた
    私はレシピ通りにやった

    弟と四人で話し合った時、弟が「あの鍋の温度計って、お前が水で洗って壊してなかった?」と発言があった
    弟嫁は激怒して否定していたが娘の言い分だと壊れていたことになる
    そもそも中学生に天ぷら任せて目をはなす大人が有り得ないと俺は思う
    むしろ13歳に天ぷらをさせること自体が間違っているのではないか
    娘は濡れた布巾を油にかぶせた際に小指側の手の甲を火傷をして今も痕が残ってる
    当時のショックから手元や間近で火がつくもの(マッチ、ライター、チャッカマン、ガスバーナー等)を一切使えなくなった
    高校で理系を選択したがっているが、火のことを伝えると授業の実験に参加できないので進路を変えたほうがいいと言われたくらい引きずっている


    この度父が亡くなり、母から俺に実家に戻って同居してくれと言われている
    だが実家には毎年節目に弟夫婦が帰ってくる
    それで拒否してるんだが母も弟も親戚も
    「そんなことで」
    「二人暮しが娘ちゃんの負担になってるのがわからないの?」と俺を責めるが
    俺は娘の安全のために過剰なことではないと思っている
    娘は油の時に放置された件を恨んでいて弟嫁が大嫌いだ
    俺は娘をコロされかけたと思ったからこの態度を崩さずに貫いてきたが、俺の考え方は異常か?
    そろそろ時効だとか大袈裟と頻繁に言われることが俺は理解できないんだ

    MIZUHODSC_0104_TP_V

    866: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 14:15:09.27 ID:trHGN5GM
    私の大学時代の修羅場
    大学に入って仲良くなった友達にR子って子がいた
    R子は色白で目がくりくりしてておしゃれな女の子のテンプレみたいな子だった
    学祭の時期にR子は友達何人かとバンドを組むことになったらしくうちの父親に楽器を教わりたいと言ってきた ちなみに父親は学生時代からとある楽器をやってて結構な腕前

    Kazukihiro171227DSCF8462-Edit_TP_V

    525: 名無しさん@HOME 2017/01/16(月) 22:19:17.78 0
    現在発生中の修羅場
    子供連れて弟の家に行ったときに息子(6歳)が転んだ拍子にテレビの画面が割れたこと。
    息子はコブができただけで済んだけどテレビは完全に壊れてた。
    弟が茫然自失してたけど最近大型テレビもだいぶ安くなってるだろうから弁償すればなんとか許してくれるかと思ったけど家に帰って型番調べたら100万近くするっぽくて旦那が真っ青になって今弟の家に謝罪に向かってる。

    Kazukihiro171227DSCF8427-Edit_TP_V

    321: 名無しさん@おーぷん 2016/04/08(金)19:22:23 ID:b09
    私と兄の部屋はアコーディオンカーテンで仕切られています。
    仕切りが薄いのがすべての原因なのですが、兄の自慰行為の音とか気配が伝わってきます。
    今年受験生で勉強に集中したいのですが、自慰の気配が伝わってくるととてつもなくイライラします。

    カーテンを殴って、うるせんだよ!等怒鳴ったりしていましたが、最近は明らかにわざと聞こえるようにして嫌がらせをしてきます。
    自慰中にわざと聞こえるように私の名前を言ったりします。
    ストレスがマッハで溜まるので、大声で、お母さん!お兄ちゃんのお●ニーがうるさい!と呼んでお母さんがお兄ちゃんの部屋に行ったらモデルガンを磨いていました。
    本当に本当にイラつきました。サツ意が湧きました。
    今はヘッドホンを付けて勉強していますが、カーテンにくっ付けて自慰の動きで揺らしてきます。
    ヤっていいですか?正当防衛になります?

    KZ1796028_TP_V

    315: 名無しさん@HOME 2014/10/16(木) 17:35:58.90 0
    言葉遣いについての相談です。
    私の勤務地が配属替えで9月から実家近くから自宅近くになったので、娘も実家近く(農村)の保育園から
    今度の私の勤務地(市街地)の近くに替わりました。
    娘が実家近くの園に通っていた時には、迎えには母が行ってくれ私も仕事が終わったら実家に行き、
    夫は出張が多いので夫の出張時には実家泊まりで娘が私の父母と過ごす時間はとても長い状態でした。

    その娘が今の園に替わって友達から「言葉が汚い」と言われたようです。
    夫に相談したら娘の言葉は私と私の母とそっくりだと言い、「お」を付けない(お金とか)、
    「ごはん」を「めし」(昼ごはんを昼めしとか)、「おいしい」を「うまい」、
    「おばさん・おじさん」を「おばはん・おっさん」、「~か?」を「~け?」、
    「それで」を「ほんで」、「そうか」を「ほぅけぃ」等々とで、これらは今の勤務地に
    替わってから私が周囲に指摘されているのと同じで普段から直せばいいのかもしれませんが
    職場で使わないようにしているだけでストレスになり白髪が激増しているのに家でまで
    気を使うなんて耐えられません。
    何か良い方法はないでしょうか。

    smIMGL4075_TP_V

    10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/10(火) 12:30:35.81 ID:Rz6Agcr80
    今日、嫁と産科に行ってきた
    タイミング法のために何回か行ってたところだからあんまり緊張はなかった
    しかも検査薬でわかってたし、すぐできて嬉しいねえ、なんて暢気に話しながら行った
    その産院、奥さんがエコーをしてもらうときはその部屋の前でも待てるから俺はそこにいたんだ

    しばらく待ってたら部屋から嫁と医者の笑い声が聞こえた

    和やかな談笑レベルじゃねえの、嫁ってこんなに声出して笑うっけ?ってくらい笑ってんの
    しかもおばちゃんナース?助産師?まで「あららー!」って
    そしたら俺が診察室に呼ばれて、嫁もそこに来た
    先生「ここに丸があるでしょ」
    俺「はい」
    先生「これが赤ちゃんの入る袋、胎嚢っていうんですよ」
    俺「(この丸、2つ見えないか?)はい」
    先生「ところでこの胎嚢が3つあるんですよ」
    俺「(2つじゃないのかよ!)ということは?」
    先生「トリプル赤ちゃんです」

    このページのトップヘ