ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    ⚡修羅場⚡

    CHIHIROIMGL1274_TP_V
    338: 名無しさん@HOME 2015/04/21(火) 11:58:06.78
    婚約者を奪われた(?)姉が壊れ、それまでギクシャクしながらも家族をやっていたうちの家族がほぼバラバラになった。 
    父(60代後半)…義姉、義兄、姉、弟、私の実父。結婚歴3回。 
    母(60代)…姉、私、弟の実母。義姉、義兄の継母。初婚 
    義姉(30代後半)…実母とはタヒ別。家族の中のガン。独身実家暮らし 
    義兄(30代)…父の二番目の妻の息子。家族の中では一番常識人。当時一人暮らし婚約中現在既婚者 
    姉(20代)…私と双子。メシウマ。5年付き合った婚約者あり 
    私(20代)…喪女歴=年齢と言ってもいいくらいの喪女。当時実家近くに一人暮らしメシマズのため料理勉強中 
    弟(20代)…ほぼ出番ないので割愛。都会で一人暮らし中 
    婚約者(20代)…姉の婚約者。女好きらしく浮気歴数えきれず 
    A(20代)…婚約者を寝とった女 

    双子の姉には結納まだしてなかったけど、婚約者として一緒に住んでいた男がいた。喧嘩は人並みにあったらしいけど、付き合いに支障が出るほどの致命的な喧嘩はなく、仲良く生活していた。
    うちの親に挨拶に来た時点から、親は婚前調査の名目でその婚約者に興信所を付けた。期間は一週間。
    そしたら真っ黒だった。浮気しまくりで一週間のうち2人の女忄生に会っていた。
    婚約者は女忄生たちに「彼女のご飯が不味くて」「元カノがメンタル弱くて」「仕事しないし家事もダメだから最悪だわ」などと言って姉sage女忄生ageをし、いい気分にさせた後犯行に及ぶなどをしていたらしい。
    親は激怒。姉に事実を伝えるが「知ってる。でも同じ人とずっと続いたことがないし私のとこに戻ってきてるから大丈夫」。親は反対しつつ興信所の契約をさらに三週間付けた。
    それからも定期的に興信所を付けて報告を受けていたが、8月初めの報告時、6月ごろから一人の女忄生(以下A)と頻繁に会っていることに気づいた。
    怪しんだ親は8月は一ヶ月の契約を結んだ。
    婚約者は京都のある有名な花火大会のときに姉と同棲して初めての朝帰りをした。姉には「同僚と行ったら盛り上がって終電なくした」と言っていたが興信所の報告ではAの家に泊まったとのこと。


    KZ1796062_TP_V
    前編はコチラ
    665: 659 2017/04/12(水)00:26:40 ID:p6j
    十日ほど経ち、弁護士から離婚届の受理通知が美鈴に届き離婚は成立したとの連絡がありました。
    今後の手続きについて聞いた後、いつもは場数を踏んだ何処か流れ作業的で事務的な感じの弁護士が
    終始困惑した口調であることに違和感を感じ、書類か手続きに不備でもあったのかと思い尋ねました。
    弁護士は離婚の件に関しては問題無く受理されたが、美鈴の件で伝えたいことがあると言い
    彼女が私と会って話がしたいと言っていると切り出しました。

    私は断り電話を切ろうとしましたが、弁護士は慌てて、まだ美鈴とは代理人契約が残っており
    騙して会わせるようなことはしないので、せめてお話だけでも聞いて頂きたい。
    電話では話せない内容なのでお会いすることは出来ないか。そう言いました。私は一度だけとの条件で了承し日取りを決め、電話を切りました。

    そして次の休日、もう行くことは無いと思っていた弁護士事務所へ赴き、扉を開けると
    事務所は休みのようで職員は居らず弁護士本人に出迎えられ応接室へ通されました。

    弁護士から美鈴が私に宛てた手紙入りの封筒を渡され、彼女に一切の助言はしていないと断りの上で以下の説明を受けました。
    離婚届提出の日、男に管理されていた携帯電話を隙を見て取り戻し私に直接連絡をし、離婚を止めようとしたが繋がらず、
    弁護士経由で私に連絡の最中、男に見つかり逆上して壊され

    男を振り切り着の身着のままで家を飛び出し市役所へ駆け込み、離婚届の撤回を懇願したが取り合って貰えず
    私に会いたい一心で住み慣れたマンションへ戻ると名札は外され空室になっており
    藁にも縋る思いで弁護士事務所へ行ったものの既に閉まっており、そこで一晩を過ごしたこと。

    P1030684_EDIT-Edit_TP_V
    659: 名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水)00:22:24 ID:p6j
    取り留めの無い長文で恐縮ですがご容赦ください。

    崩壊はある日突然訪れました。

    私がまだ幼い時、両親が交通事故で他界し、当時比較的若かった父方の祖父母の養育と母方の支援も受け
    慈しまれ育てられました。お金のことは心配ないと短大にまで進学させて戴き
    憧れ、目標にしていた両親が生前勤務していた企業に就職することが出来ました。

    就職して四年ほど経った頃、電車に乗り帰宅していると若い女忄生に声を掛けられ
    顔を見ると通勤や帰宅時にたまに見かける女忄生で、その日以来顔を会わせる度に会話をするようになり打ち解け
    名前や連絡先を交換するまでになりました。女忄生の名は美鈴と言い
    彼女の忄生格に惹かれ好意を抱き告白しようと思った頃、先を越される形で告白されました。
    私は喜んで受け入れそれから三年の間お互い愛を育み、今度は先を越されぬよう結婚の申し込みをし
    美鈴も感極まった表情で受け入れ、結婚しました。

    お互い支え合い愛し合い、本当に幸せな毎日でした。そんな生活が二年続き、そろそろ子供が欲しいと思い出した頃、
    会社の事情で海外支社へあくまで正式な担当者が決まるまでの一時的な措置という話で私が指名されました。
    私は断固拒否しましたが、適任者は私しか居ないと上司に説得され受け入ざる得ませんでした。
    私は沈痛な気持ちで、美鈴に報告しました。彼女は泣き出しましたが
    数日後、気丈にも少しの間だけだから大丈夫と言って同意してくれました。

    辞令が下り、出国の当日空港に向かう車の中で黙ったまま手を握り合い、そして出国ゲートで涙を堪え
    いつまでも私を見送る美鈴に私は何度も振り返り、何度も手を振り別れを惜しみました。
    私は遠い海外の地で少しの我慢だと自分に言い聞かせながら日々仕事に励みました。
    正直嫌な予感はしていたのですがいつまで経っても正式な後任とやらは決まらず
    一年が経ち、あと一年、次の年が来ると、流石に強く抗議はしましたがもう一年だけと延ばされ、
    ようやく国内勤務の内示が出た時には三年の月日が流れていました。

    私はすぐさま美鈴に電話をかけ、日本に帰れること。一緒に暮らせること。これまでの勤務が評価され上位部署へ配属されること。
    昇給することを報告しました。美鈴も嬉しそうにしていましたが
    どこか上の空で元気の無い印象を受けましたがその時は気にかけませんでした。

    EL14051257_TP_V
    190: 名無しさん@HOME 2015/01/17(土) 08:39:53.50 0
    義両親は官舎住まいで定年退職。定年後義父の生まれ故郷にある生家をリフォームして住むつもりでしたが、義母が難病を発病。

    この病気を診てくれるような病院が田舎にある義父生家地域にはなく、急遽現在の地域に家を探すもマンション等買ってしまうと老後のためにとっておきたい退職金に手を付けてしまうので、私達夫婦と結婚予定はあるけどまだ未婚の義妹が集まって話し合った。


    結局旦那と私共有名義の一戸建ての庭に離れを増築して義両親を引き取ることに。

    増築費用は義父が退職金の一部を旦那に生前贈与して(贈与税は支払いました。)義父が負担。我が家の土地は私の実父名義なので結構広めの土地で将来私が相続する。
    これは私の兄と話し合って了解済み。 

    それをどう理解していたのか、我が家を義実家と認定した義妹。 
    我が家に義両親が同居して一年後に義妹は結婚したのだけど、お正月とか我が家に帰省してくる。 

    最初は義両親のいる離れに泊まっていたし、義妹が嫁いだのは遠方なので普段の出入りはなかったし 
    私達は共働きなので義父が我が家の子供が病気で寝ている時に(もう小学生なので普段は世話は要らない。)見に来てくれるような手間も掛けているので、我慢していた。 

    それが義妹がいきなり帰省して来た。それから一か月ずっと帰らない。 
    旦那が義父に聞いたには、なかなか子供が出来ないので夫婦二人で検査したら義妹旦那さんは正常で義妹自身に問題があったそうだ。

    義父は内容までよくわからないらしいが無排卵状態で原因として十代でしていた過激なダイエットじゃないかと。


    PAK73_kumasannonuigurumi20140531_TP_V
    前編はコチラ





    883: プーマ ◆S9T984w7a2 2012/09/17(月) 17:55:39.62
    具体的には否定してない 
    でも元カノの方が数倍綺麗だし可愛いしメシも上手いし家事も仕事も出来るしスタイルもいい 
    産後に偶然見たけど今もスタイルもなにも変わってなかった 

    嫁は勝手にFacebookで検索して見て、勝手に怒ってきた 
    具体的に言い返してはない 
    「仕方ないことをヒスになって叫び散らすな」って言っただけだ 
    元カノは話し合いも落ち着いていつも前向きだったのにな 
    なんでこんなに違うんだと思うよ

    このページのトップヘ