ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👍GJ・スッキリ👍

    PPW_retoronapiano_TP_V
    977: åç„¡ã—さん@HOME 2012/05/23(æ°´) 12:12:37.14
    義弟嫁が私の事を馬鹿にしてるのは知っていた。
    バブル時代に空前の売り手市場の中、どさくさに紛れて有名企業に就職、
    そこでは大して仕事も出来なかったけどorz
    氷河期直前に入社したそこそこ優秀な年下夫と結婚し
    社内慣例で子会社に再就職。
    育休制度がまだ確立されてなかったので、産休後復帰。
    子供たちはほぼ保育園と実母に育ててもらったようなもの(感謝)。
    リーマンショックで子会社は本社に吸収され、私は解雇。
    でも関連会社でパートとして雇ってもらえ、少ない時給で細々と働いている。
    義弟嫁に言わせると、時代の波に乗せられた愚かな労働者なんだって。
    確かにそうだけどさ、面と向かって言う必要ないよなーと思ってた。

    tamanegi0624AC_TP_V
    285: ãŠã•ã‹ãªãã‚ãˆãŸåç„¡ã—さん 2012/02/23(木) 03:00:30.63 ID:SEWvh560


    ちょっとDQN返しかもしれん。

    Aは正真正銘、社長令嬢。

    習い事のために、月に何度か新幹線二時間以上乗って東京まで通ったりしていた。

    A母は、子供の修学旅行先についてきてたり(同市にホテル取る程度で付きまといはしない)したちょっとアレと噂な人。

    ある日バイトで、交差点でビラを配っていた。

    すると、たまたまA&A母と遭遇。

    ちょっとだけAと話をしていると、側にいたA母が吹き出した。

    ?っと思っていると、AがA母に聞きいって、帰ってきて一言。

    「あんたがオバサン顔すぎて面白かったみたい。不細工だね、だって」

    言われた瞬間固まった。A母はこっちを見ながらニヤニヤしている。

    けど何故か、次の瞬間自分は爆笑していた。




    「ちょwww、美人に言われるならともかく、自分と自分の娘の顔見てから言えばいいのにwww」

    Aがなんか言おうとしてたけど、変なツボに入ってしまったらしく笑い続ける自分。

    A母が詰め寄ってきたけど、先に自分が言った。

    「わっ、わたしも相当デブブサだけど、Aだってちょっと綺麗な永沢君じゃんwww」

    で、信号待ちで立ち止まっていた一人が「ブホォッ」って噴出した。

    我ながらいい例えだと思うくらい、Aはちょっと綺麗な永沢君に激似だった。

    吹き出した人の隣にいた彼女も堪えられず吹き出し、

    笑いは交差点にいた人ほとんど全てに連鎖。

    A母は顔を真っ赤してブルブルした後、Aを連れて逃走。

    その後、Aからは嫌がらせをされそうになったけど、

    もうAの顔を見ると綺麗な永沢君しか浮かんでこなくなってそのたびに吹き出し大変だった。

    あ、これ友達をやめられた話だったかもしれない

    YUSEI9V9A7485_TP_V
    800: åç„¡ã—さん@HOME 2008/09/06(土) 01:19:24

    どこに書いていいかわからないので、ここに投下させてください。
    2週間前にリコン成立した元夫から、ロミオメールが届く、届く。

    元義理母からさんざんいびられたのに、
    「ママンの言うとおり。
    お前ががまんしろ」と全然かばってくれず。

    その上ウワキして、ウワキ相手と再婚すると言い出した。

    SAWA_hanbagu_TP_V
    239: åç„¡ã—さん@HOME 2021/07/15(木) 17:39:22.61 0
    ハンバーグにしたいけど面倒臭くて、スーパーであとは焼くだけの生ハンバーグを買って
    小さめ3つ入りだったから一度合体させて2に分けて焼いて出したら
    普段はあまり料理の感想を言わない旦那から「今日のハンバーグ美味しいね」と
    お褒めの言葉をいただいたので、もうハンバーグは買う事にした

    TSURU170308-044_TP_V
    433: åç„¡ã—さん@HOME 02/09/18 20:00

    ウチの前にも堂々と駐車して入りロ付近をふさぐバカ車がいた。
    何度車のオーナーに注意しても「すぐにどきますからいいじゃないですか」と言うだけで

    ほぼ毎日止めに来ていたので凄くナメられていた。

    このページのトップヘ