ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    👍GJ・スッキリ👍

    19322F011_TP_V

    594: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/04(日) 14:31:18 ID:1vh8ZVKO
    ちょっと武勇伝とは違うかも知れないが。

    高校一年のとき、直毛だった髪がいきなり天然パーマになった。
    最初はゆるいウェーヴだったのが、二年になる頃には見事にチ○毛頭に。
    毎朝必タヒでブローして出かけてたんだけど、その頃から生活指導の先生に目をつけられ、
    いくら天然だと説明しても信じてもらえなかった。

    ある時の服装検査の時に他の違反生徒と一緒に体育館に残されて、そこで髪をつかまれ、
    みんなの前で『パーマかけたなら堂々としてろ。ヘンな嘘つくやつが一番かっこ悪い』
    とか怒鳴られた。

    さすがに頭にきたのでそのまま体育館を飛び出し、野球部の部室にあったバリカンを使って、自分で丸坊主にした。
    我ながら痛い行動だったが、先生が満足そうにしてたのがさらに腹が立った。

    だが後日、伸びだした髪がやはりチ○毛だったので慌てたのか、その先生が教頭と一緒に家に謝罪に来たよ。
    親はすげえ笑ってたがw

    ただ、その伸び掛けの頭が今度はパンチパーマみたいになってしまい、色々苦労したのは別の話だ。

    19322F007_TP_V

    599: 1/2 2013/11/22(金) 18:11:11.98 ID:3M9XzbYn
    武勇ではないが、一つ投下。
    会社への通勤路は車が結構渋滞する。その中に、いつも右折車線を使って
    直進列の先頭に割り込むDQN丸出しのα度がいる。
    そいつは、時には逆走してでも先頭に割り込むらしく、会社のAさんは一度
    信号が変わり発進しようとした所に強引に割り込まれ、事故になりかけたらしい。
    結構会社内でむかついていた奴が多かったのと、かわいい系のAさんの
    ご機嫌を取るためか?α度の特定が始まった。

    そいつは俺達の会社と同じ工業団地だったので、特定は早かった。
    2週間後、同じ会社のB君から用意していたデジカメで撮影しながら
    DQNを追跡し、会社に入るまでを実況付きで録画した、と報告が。
    昼休憩に皆で確認。ナンバーまでバッチリ。更にB君のリアル実況に爆笑。
    そしてこれをうちの総務係長を通じてDQN会社の安全運転管理者へ通報。
    (工業団地内の会合時に渡してもらうよう頼んだ)


    HNIMGL8163_TP_V4

    875: 離婚さんいらっしゃい 2011/06/16(木) 22:34:28.34
    マジ話です。
    書き逃げごめん。
    身バレが怖いので細かい所は省略。
    俺は娘にえらく嫌われていた。
    風呂は最後、洗濯物は別、飯は食卓で一緒に食うのが嫌という理由で
    俺だけ嫁と娘が食い終わった後に1人で食ってた。
    当初は年頃の反抗期という事もあって軽く叱る程度で済ましていたが、この生活が続いて数年。
    嫁はフォローするどころか我関せず。
    しまいには娘を叱ってる俺に「大人気ない」と娘について俺を責めるようになった。
    俺も黙っていた訳ではない。
    家族で話し合いをしても無視されるため、
    自分に原因があるのだろうと考えて、
    仕事をバリバリこなして昇進、今までより更に家事を手伝い、
    肥えた腹を絞.りに絞.って26%あった体脂肪を12%まで減らし、
    ユニクロメインだが少ない小遣いで身形にも気を遣ったりしたが全て空振り。
    何が原因でこんな態度をとられてるのか分からないでモヤモヤとしていた頃、
    娘が携帯で「ウチのダメ親父は少し無視しただけで媚びへつらってきてさ。キモイよホント」
    と俺の顔を見ながら話してる光景を嫁が見て笑っていたのを切欠にプツリと切れた。

    ELL19613035_TP_V

    306: おさかなくわえた名無しさん 04/06/14 11:59 ID:x6v9RzSY
    飛行機つながりでもう一つ武勇伝を

    成田発ハワイ行きの飛行機の中、
    エコノミークラスに陣取っていたDQN一家が
    いきなり騒ぎだした。子供がビジネスクラスの席を
    見て、あっちに座りたいと言い出したらしい。
    その一家は外見も典型的なDQNで、
    親父は金髪、アロハに3本線ジャージ。
    オカンも金髪プリンの髪にミッキーシャツとピンク3本線。
    おそらく飛行機も初めてだったのだろうが、
    座らせろとゴネてはスチュワーデスを困らせ続けている。

    その時!
    ギャーギャーわめくDQN一家にむけて、
    近くに座っていた初老の男性が話しかけた。
    「そこの席より前はハワイには行きませんよ」
    DQN一家はおとなしく自分の席に戻った。

    19322D012_TP_V

    595: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 13:45:42.24 ID:cwNBwXX2
    「武」ではないが胸がスーッとした話。

    キリスト教系の私立小学校で、当時としては珍しく中高と同じ教科担任制だったので、担任の先生に
    教わるのは国語と社会だけで、算数、理科、体育、音楽、図工、聖書は別々の先生だった。

    その中で、図工の先生の価値観の押しつけが激しくて、あるテーマで自由に絵を描くはずなのに
    ちょっとでも自分の考えと違うとその場で画用紙を破られて、結局は皆ほとんど同じような絵を
    描かされるような、無意味な授業だった。図工と音楽は、その道から専門家を講師として雇っていて
    (私立はそういうことができるそうだ)、児童心理などはまったく無頓着な人のようだった。

    ある日の授業で「家族」というテーマで自由に描けということになったが、相変わらず同じような
    価値観の押し付けをしてきて、祖父母との思い出を描いていたら「何なのこの絵は!ふざけてるの!」と
    破ろうとしたので「やめてください。祖父母との大切な思い出なんです」と初めて抵抗した。

    その態度に先生は「あたしの授業に文句があるなら出て行きなさい!」と激怒し、私を教室を追い出した。
    ちょうどそこに担任が通り掛かって事情を聞かれたのでこれまでのこともすべて話した。担任は図工の先生に
    掛け合ったが「そんなふざけた絵を描いている子に教えるつもりはありません」などと息巻いていた。

    担任の先生は「じゃあ、教室に戻ってその絵を完成させて、私のところに持って来なさい」と私を教室に戻した。
    絵を描き上げて先生に持って行くと「この絵を先生に預けてくれる?」と言い、そのまま渡したら、先生はその絵を
    県の美術コンクールに内緒で出展してくれた。結果は金賞、全国コンクールにも出品されて、そこでも金賞を獲った。

    後日、そのことが朝の礼拝で発表され、壇上で表彰されて拍手喝采を浴びた。その件が関係するのかはわからないけど、
    図工の先生は翌年は別の先生に替わっていて、楽しみの授業へと変わった。

    このページのトップヘ