ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    お菓子

    32

    163: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/11/06(火) 05:17:33 ID:6VSadC/P
    うちの大学にはパンやお菓子の自販機がある。
    上手く説明できないんだが、商品に番号がふってあって、
    欲しい商品の番号押すと中にあるクレーンみたいなのが取って来てくれるやつ。

    今日俺が飯買いにその自販機のところに行ったら、自販機の前で仁王立ちしてる馬鹿でかい外人二人。
    近づいてみると自販機見ながら悩んでるっぽい。
    次の講義に遅れるのも嫌だったし、勇気をだして話しかけてみた。中学生英語でw


    (´・ω・`):外国人講師。トルネコみたいな体型。 ('A`):たぶん留学生。金髪碧眼。

    俺「何か困ってるんですか?この中のどれかが欲しいとか?」
    (´・ω・`)「!そうなんだ、この中のくぁwせdrftgyふじk(早口英語で聞き取れなかったorz)」
    俺「えーっと……」
    ('A`)「ちょっと君」

    ('A`)自販機の中の商品を指差して
    ('A`)「俺と先生、これ欲しい。金、渡す。買って?」

    俺「(分かりやすい英語キタコレ!)まかせろ!」

    20

    567: 名無しさん@HOME 2008/02/25(月) 12:13:51 0
    ウトメは良い人なんだがコトメが糞。トメ+コトメを1人でやるように色々とやらかしてくれていた。
    そんなコトメがこの度結婚する事に。夫になる人にも会ったが似た者同志お似合い馬鹿ップル。
    私と旦那が結婚した時に私手作りのお菓子を配ったことを覚えていたコトメ
    「私の結婚式でも配るから作りなさい!」と案の定言い出したのでDQN返し決行。
    作ったお菓子はプチケーキとトリュフチョコなんだが、中身が少し違うので
    リボンを3種類にして区別する事に。
    (50%)水玉リボン:普通のプチケーキとトリュフチョコ
    (40%)青色リボン:↑、砂糖と塩を間違える
    (10%)赤色リボン:青色リボン+トリュフの中にワサビ
    どれも一口でポイッと食べられるサイズ。
    中にメッセージカードも入れておいた。「私たちのほんの気持ちです」と。

    「水玉は中身が普通だから(配るには一番無難だよ)」と言っておいたけど、
    友人やコトメ夫上司とかに何色を配ったかは不明。
    ちなみにプチケーキは赤>青>水玉で見た目が豪華になっている。
    案の定コトメは「私が作ったの~ミャハ★」と来場者に配っていた。
    コトメ夫も「俺も手伝いました~。いやぁ、ああいうのって結構大変なんですねぇ」と馬鹿笑い。
    義実家と私一家は余り物(水玉対象)が大量にあるのでその土産は辞退した。

    他人を巻き込みまくってるDQNでした。

    800 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/26(月) 10:28:45 ID:5pG
    くだらない話だけど失礼。
    俺は仕事で朝に帰ってくることも多くて、妻は普通に朝出勤するからすれ違いになる。
    そんなとき妻は俺の朝食・昼食を作り置きしてくれる。これはすご~くありがたいし感謝してる。
    だけどメニューが手作りのホットケーキやガトーショコラというお菓子系が多い…。
    妻の実家に行ったときも朝昼はホットケーキ等が出てきたからおそらくそういう習慣なんだと思う。
    俺としてはそういうものはおやつであって主食ではないと思ってる(重ね重ね言うが作ってくれてることには物凄く感謝している)。
    だからそれとなく「いつもありがとう。でも朝からあんな手の込んだもの作るの大変でしょ?適当にご飯の余りとかをお茶漬けにしたりするから大丈夫だよ」と言ったんだけど、その言葉で火がついてしまったようで最近さらに手の込んだお菓子を作ってくれるようになってしまった。
    今さら「ご飯食べたい」とかストレートに言い出しづらい状況になってしまってちょっと困ってる。
    せっかく作ってくれたものを残して他のものを食べるわけにもいかないし。
    まあ夜はガッツリご飯だからまだマシなんだけど…。

    117 :ガールズにちゃんまとめ 2013/04/06(土) 00:37:37 ID:fEBFl/4Ai
    旦那のケーキ勝手に食べたら(一応報告した)旦那が帰ってから「ビンタするからどっちの頬が良い」って腕掴まれた。
    いや、私が悪いよ、悪いけど、暴力は駄目だろ。
    されてないけど、ホントにビンタされそうだった。

    このページのトップヘ