ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    お金

    NS525_mituwosuuhati_TP_V

    303:名無しさん@おーぷん2016/01/30(土)18:28:44ID:ZVP
    復/讐と言うにはぬるいかもしれないけど書き込みさせてください。

    毎月20万家に入れていたのに兄夫婦と同居するからと追い出された結果。

    家を出るまで、
    (父が借/金を遺してこの世から退場したので)
    毎月20万家に入れて私が家庭を支えてきた。

    母は更年期と称して働かず、家事もやらなかったから必然的に私が殆どのことをやっていた。
    ある日母と兄夫婦がいきなり
    「同居するからスネカジリは出て行け」と言いだした。
    突然のことに反発した私を3人がかりでpgrしてくれた。
    ソファに座っている3人の前で2時間正座してた。
    曰く「お嫁にも行かない極潰し」
    曰く「30にもなって母親に寄生するダメな子」
    曰く「いつまでも親の脛をかじる能無し」
    だって。

    その頃の家の経済基盤はすべて私の稼ぎで成り立っていた。
    母は浪費家ではないけれど騙されやすく、簡単に人を信用してお金を出してしまう。
    (2度ほどオレオレ詐欺に引っ掛かったorz)

    父が遺した借/金も、元を正せば母が知人の保証人になった結果負ったものだ。
    父が亡くなった後は実家暮らしだった私が母の生活の世話を惰性で引き継いだ。
    母は私が毎月いくら支払って、いくら家の維持にかけているのか知らなかった。



    elly181027A006_TP_V
    307: 名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水)11:35:36 ID:fbT
    家族で夕飯食べてたら、弟がいきなり立ち上がって
    「ごめんなさい。大学行けなくていいから100万円貸してください」
    と親に向かって泣いて頭下げた時。

    事の起こりは、当時中1だった弟が家のPCでこっそりアダ○トサイトを見ようとしたことからだった。
    弟はリンクで飛ばされてるうちに架空請求のページを踏んでしまった。当時はまだ架空請求が流行り始めた頃で、中高校生の間じゃそんなにメジャーではなかった。
    弟はどんどん膨れ上がる金額に恐怖し、叔父に相談した。
    叔父は父の弟で、かなり歳が離れていて当時まだ20代だった。
    叔父甥というよりイトコのような間柄だった。
    親には恥ずかしくて言えないけど、叔父になら…と相談したんだと思う。
    叔父は「俺にまかせろ」と言い、数日後
    「なんとか業者と話をつけてやったけど、100万もかかった」
    と弟に言った。
    それ以後、弟は叔父のパシリになった。
    最初は「何々買ってこい」とかたわいない内容だったんだけど、段々エスカレートして
    ついに「クラスメイトの女の子を斡旋しろ」と叔父は言い出した。
    弟は「さすがにそれは…でも100万円の借り…」と思い悩んだ末、
    親に打ち明けて借金を返してもらうしかない!と決心し、夕飯中に告白したのだった。

    zzzzzzzzz

    168: 可愛い奥様 2011/05/10(火) 12:32:20.35 ID:VfGNyuII0
    母親が生保の勧誘の仕事をしていた。所謂「枕営業」も随分やったらしい。
    高校生のある日、一人で留守番している私の所に、母の顧客が来て
    「お母さんと約束してるから、家に上げて待たせて」と言われた。
    母の仕事に差し支えるといけないので、仕方なく家にあげたら
    あっという間にレ●プされた。初体験だった。

    ELL140924050014_TP_V

    444: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 10:19:34.60 d
    厄落としの意味で…
    私の学生時代はバブルのど真ん中だったんだけど、私は景気のいい話とは無縁の、どちらかと言えば貧乏な学生だったの。
    大学3回生のころ、今思えば「総量規制」ってのが入っていきなり景気の雲行きが怪しくなったあたりだったんだろうけど、バイトの帰り道に小さめのバッグを拾ったのね。

    zukokiaDSC_5821_TP_V

    352: 名無しさん@おーぷん 2015/02/26(木)12:27:45 ID:2ls
    叩かれるかもしれないけど

    私は、専業主婦ってある種の人達がなるものだと思ってた。

    まず、実家が裕福でバックアップ体制万全の人。
    本質的に働く必要がなく実家円満、家計に十分貢献できる。

    それから、パーフェクトな本物の「主婦」。
    複数人の子供を産みきちんと躾けて家事料理に人付き合い、
    夫のフォローまでこなす、家庭における事実上のリーダー。

    それ以外での専業主婦は、国家資格持ちや職歴十分など、
    いざとなったら働けるけど現状その必要がない、あるいは
    幼児がいる、要介護者がいる、本人が病気療養中など
    働ける状況ではない…という人達だと思ってた。

    上記が絶対!!強く主張します!!って言うんじゃなくて、
    まあなんとなくそんな感じかなーと思ってたって位なんだけど。
    完全に夫一人の収入しか無いならば、夫に見捨てられたら
    終わりだよね。それはかなり不安なんじゃないのかなーって。
    専業主婦としてとても有能ならその心配はないだろうけどさ。
    もちろん男女関係なく、専業主夫でも。

    ちなみに私はやりたい仕事に就けたので結婚出産後も働いている。
    実母は専業主婦だけど親から継いだ不労所得で月額40万入る。
    だからそんなもんかなと思ってた。

    で、あるカルチャースクールで知り合って仲良くなったAさん。
    明るくて話し易い人なんだけど、まさにそういう不安な人だった。
    40代の専業主婦で、夫が高収入。学生を終えてから働いた事は無い。
    息子さんが一人いて、中学に入った頃から御飯の支度以外に
    面倒を見る事が無くなって、今は県外で一人暮らし。そして、
    旦那さんは出張が多いので、普段は家に自分と自分の母しかいない。
    だから、家事もほとんどする事が無い。そもそも苦手。
    Aさん、見た目はピン子を柔和にしたような、良いお母ちゃん!て
    感じだったので、ちょっと以外だった。

    じゃあ毎日暇ですねえって私が言ったら、Aさんは
    うん、でもここは私の地元だから友達がいるし、テレビ見たり
    本読んだり、息子にメール攻撃したりしてるよ~。と。

    このページのトップヘ