ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    お金

    SHIO16032447IMG_7319_TP_V

    967: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 01:04:23.78 0
    下話。注意。



    10歳から18歳までそういうことをヤりまくってた。
    小学生の時は両手以上もらうことが多かった。複数でして、1日に30近く手にいれたこともあった。
    貫通しなくてもかなりくれる人も多かった。

    主導は叔父だけど、割り当ては早い段階で私が8割もらえるように交渉した。
    中学生になるとさすがに片手くらいになった。自分主導になった。
    高校になると2とか3にまで落ちた。
    それでもしまくってた。
    当時は今みたいに法も厳しくなかったから、釣り放題だった。
    家が貧乏なの(実際貧乏だった)だとか、進学費用を貯めてる(進学校だった)で、別途高額もらったこともかなりある。
    ヤリ逃げもあったけど、車のナンバーから知人に自宅特定してもらってピンポン凸したりした。
    個人情報も結構緩かった。
    ヤバい仕事から固い仕事までものすごくたくさんの知り合いができて、それは今でも人脈としてある。
    高校卒業するときに私の通帳には4,000万以上の金額が入っていた。

    きっかけは叔父からの虐待だったと思う。二世帯同居してて、父とは歳が離れていた叔父は祖母とすんでいた。その叔父に始めてされたのは9歳だった。小学生になったころには叔父のを触らされていた記憶がある。
    それでも、私自身の気質的な問題が大きいとは正直思う。
    嫌悪感もなく、お金を貯めることに尽力した。

    高校の先輩と結婚したんだけど、進学校→旧帝→上場企業と順風満帆な旦那にはタヒんでもいえない。
    旦那を選んだ理由が転勤族だから(地元にいなくていいから当時の人とそこまで密に会わなくていい)というのも言えない。

    276

    80: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/12/18(金) 00:56:55 ID:uKYK2aJe
    彼の部屋に遊びにいった時に突然に「お前、貯金いくらあんの?」と言われて答えたら
    「えーそんだけか~。まぁ学生だから仕方ないな」と言われカチンときていたら更に
    「じゃぁ、全額は可哀想だから40万でいいから払ってよ。」と言われた。

    いやいやいや、何の金だよと思い聞いたら

    kazeniyureruhiganbana_TP_V

    290:名無しさん@HOME2015/09/24(木) 12:34:48.53 0
    私の母親は、男とっかえひっかえして夜中に小学生の娘二人を家から放りだしていたしたり、パチンカスでサイマーだったりとホントどうしようもないクズだった
    このまま一緒に暮らしてたら人生ダメにされると高校卒業と同時に上京するバイトの同僚にくっついて家を飛び出した
    仕事はお決まりの水商売だったけど、生活必需品とか仕事の物以外の物を買ったら自分までサイマーになってしまう気がして給料の大半を貯金
    おかげで三年たつころには自分でアパート借りて、同じように逃げてきた妹と一緒に暮らせるようになった

    TSURU170321-45 mm-117_TP_V

    319: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/28 13:22:06.00 ID:Mfa8OhJL.net
    生活保護受給者と遊ぶ約束をしたら、他の受給者をゾロゾロ連れてきました。
    (そういう人たちを雇っている工場の、仲間みたい)
     
    知人がキャバ○ラ行きたいと、呼吸困難になるほど禁断症状出てたから、仕方なく約束したんですが、
    連れてきた皆さんは僕顔知りません。
    まー彼らも一生に一度くらいはいい思いさせてあげても・・・・と、温情をかけた。

    問題はそのあとで、店を出て「じゃ」と解散するところを、知人が「食事行きません?」ときました。
    予定に無かったので断ると、一緒に行きましょうよと粘る。
    まーそれなら・・・・と、どこ入るか街ウロウロし、ガストがいいですよ、安いしTカードも使えるしと、僕奨めた。
    でも知人は高級焼肉店を希望、受給者一同それに同意したので、僕「ほんとにいいんですか?」
    決定し、僕と知人に続き、受給者軍団がゾロゾロと入っていく。
    席に着くと、彼ら食べる食べる、揃いも揃って大食いなのです。
    そして会計の時が来ました。
     
    僕は店員さんへ「個別会計で」と伝え、スープしか頼まなかったでその分だけ。
    知人含め受給者軍団は顔が真っ青に。
    「そんな(泣)、おごってくれるって聞いてたから・・・・  」「明日からの生活費無くなっちゃいますよ(泣)」
    阿鼻叫喚。
     
    結局彼ら全員、所持金がお代に遠く達しなかったため、その分だけは負担してあげました。
    とは言えサイフに入っているのが全財産の彼らは、それを全部失くす事に。
     
    ちょっと冷たかったかなと、心が痛まないでもないですが、これまでも知人と連れてくる皆さんは、常識が無かったので、
    こういう荒療治をしないと、わからないんですよね・・・・
    一夜明けた水曜の朝から、知人から電話、メールが入りまくりで、相当焦っている様子です。
    これ以上の温情は・・・・  かけないほうがいいのかなあ・・・・

    ZBDSC_4863_TP_V

    464: 名無しさん@HOME 2013/02/15(金) 23:42:42.16 0
    経済的なことでの相談です
    現在、妻は子育て中のため専業で
    毎月生活費を渡しているのですが、もう少しアップして欲しいといわれました

    話をした内容としては

    現在渡している額・・14万
    支出
    子供の貯金・・8千円
    私の小遣い・・1万5千円
    嫁の小遣い・・5千円

    これ以外は生活費で、内訳は
    食費・ガス電気水道等の光熱費・その他諸々の支出です
    家賃・保険・電話ネット・携帯は引き落としとなっています
    子供のオムツも通販で買います

    実質11万2千円で1ヶ月家庭をまわすのは厳しいものなんでしょうか?

    このページのトップヘ