ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    ウト

    26NJ_itimennnisakuhana_TP_V
    152: 名無しの心子知らず 2017/08/06(日) 22:19:05.35 ID:0kxXMU3S
    初書込み、仕様をあまり理解していないので失礼があったら申し訳ありません。
    が、ちょっと困った状況にいるので話だけ聞いていただけたらと思います。

    舅の浮気が発覚、そのタイミングが最悪でした。

    ただいま臨月妊婦で、3日前おしるしがあり、現在前駆陣痛に悩んでおります。
    旦那と2人でアパート暮らしです。
    実家が県外なので里帰りができず、産後は義実家にお世話になることになっていました。

    なので、分娩は義実家近くの病院を予約したのですが、アパートと義実家が電車で1時間かかるほど離れているので、予定日近くから義実家でお世話になることになり 
    今日、荷物を持って旦那と義実家に来ました。 

    義実家は姑と舅2人暮らしです。 
    今日からよろしくお願いしますと挨拶し、4人でお夕飯を一緒に食べた後、姑と私で旦那を見送りました。 

    その後、色々あって(話すと長くなるのと、結局どういった経緯があって浮気が発覚したのか分からないので割愛させていただきます)、舅の浮気発覚。 

    2階から(私は1人1階にいました)聞こえる姑の今まで聞いたこともないような声と物音。 
    何があったのかとオロオロしていると2階から降りてきた姑から「舅が浮気してたの」の言葉。 
    びっくりして私は「え…」と固まってしまいました。 

    ちなみに今姑は、兄ががんで手術入院予定、母親が危篤状態という大変な状況で、さらに私の出産がそこに重なってしまいそうになっています。 

    姑は朝5時に家を出てお昼までの仕事、舅は朝7時に家を出て夜8時頃に帰ってきます。 
    姑は毎朝4時に起きるため夕飯は舅を待たずに食べて、帰ってくる頃には寝ているそうで平日顔を合わせることはないようですが 
    私はこれからどうやって姑、舅と接していいか分かりません。 

    旦那は、少しでも居辛いと思ったら自分から姑に言って、私をアパートに帰してくれると言ってくれているのですが、やはり姑からすると、今私は義実家に居ない方が気持ちは楽でしょうか 
    それとも舅と2人きりのほうが嫌でしょうか 

    パニックになっていてどうしたらいいか分かりません。



    KMIMG_9323_TP_V
    479: 名無しさん@HOME 2009/11/20(金) 10:12:22 O
    独身ウトが一応パソコンで作りました、って感じの同居家(現在別居、義実家改築ついでに同居したいらしい)図面を持ってきた。ワードかエクセルの表機能で作ったっぽいやつ。

    旦那は「同居なんてしねぇよ~」と(厨二病が親に言う感じだったけど)ウト・私・旦那が三人でいた時に言っていたため味方だったはずなんだけど、
    線を引いて部屋一つ一つに「○○部屋」と走り書きした文字はどう甘く見ても旦那の文字だった。(ウトとは字体が別)

    まあウトを追い返した後に帰ってきた旦那を〆たわけなんだけど、自分(旦那)渋る→ウトが素敵図面を持ってくる→嫁(私)「素敵!こんな家を考えるウトさんも素敵!!
    是非このおうちに入りたいわ!!」→旦那「しゃーねぇなぁ、でもうちの親(ウト)見直したろ?流石俺の親」→
    私「エクセレント!この家に入って何でもしちゃう☆」……となる予定だったらしい。
    土地もあるし二階建て予定なのに、二階全面がほぼウトスペースでその片隅に夫婦の寝室(四畳半)、一階に旦那部屋(十二畳だったかな)と
    私部屋(三畳)にリビング(四畳半)ってアホじゃね
    そんなスペースの使い方あるかwwwって建築士にも笑われるわ

    「君のプライベートスペースも作るんだよ!」って旦那こんなにアホだったんだーへー
    ちなみに一階にトイレないって突っ込んだら一撃で沈黙しました。ので「次同居言い出したらこの家から追い出す」って言っておいた。
    独身時代に私が買ったマンションをそのまま使ってるので。
    義実家は会社からどう急いでも二時間かかるのにどんだけ寝言言ってんだかなー…同居熱が冷めた頃に聞いたら
    意外な事実とか出てくるのかな。辞める気だったとか。



    flowerGFVL8905_TP_V
    912: 修羅場まとめ速報 2008/04/21(月) 00:14:11 0
    ここに書かれてるみなさんに比べたら、大した事ないのかも知れませんが・・・。

    日曜日の夕方、夫の実家から電話があり、「夕飯を一緒に外で食べよう」と言われました。

    4歳になる息子は、外見が夫にそっくりです。
    髪の毛の質までほんとに同じだと言うところで
    7ヶ月の娘の髪質は私と同じだと夫が言いました。
    娘はどんな風に育つのかと言う話になったときに、私が自分を指さして「私に似るんだよね〜」と言ったら
    ウトが「そんな風になったら困る!」と言いました。
    ムカッと来てつい「お母さんに似ていいよね。男の言いなりではいけないもんね、男を振り回す強い女の子でいいよ」と言ってしまいました。
    ウトは更に「女は男の言いなりでいい!男を振り回すようになってはいけない!」としつこく言い続けました。
    夫はちょっと焦ったように「もうやめようよ」と1回言うだけでした。
    トメはすべてスルー。

    帰りの車の中で「また庇ってくれなかったね、どうして?」と夫に言うと
    「うちの親父はあんなんだから、スルーして」と困ったように言うのです。
    前にも3回ほど、私や子供(ウトメから見たら孫です)を、バカにするような発言をした時にも、
    (0歳の息子が寝つきが悪かった時は、そんなのおかしい、私達の夫婦仲が悪いせいだと言われました)
    夫は何も言い返してくれませんでした。
    毎回家に帰ってから、私が泣いて「どうしてあの時に一言「親父、やめろよ」と言ってくれないの?」と言っても
    「ごめんね、うちの親は非常識で・・・。僕もあの時やばいと思ったけど、止めると言う事を気が付かなかったんだよ。今度は気をつけるから」と言うばかりです。
    最後には私が怒って責めるので、板ばさみで可哀相な自分、と言う感じで泣き出します。
    今日も泣きました。
    帰ってきてから、私に隠れてウトに電話をして「あんなこと言うな」と言ったらしいのですが、ウトが切れたと言ってました。
    夫はたくさん飲んでいるので、さっさと寝てしまいました。

    スルーできない自分が悪いのだと思います。
    でも、やっぱり何度同じような事があっても、ビシッと言ってくれない夫に嫌気がさしました。
    明日子どもを連れてしばらく家を出ようと思います。

    TOMS526523_TP_V
    628: 修羅場まとめ速報 2009/07/17(金) 15:00:57 O
    なにかと嫁をこき使いたがるウト(同居)
    普段は良トメに
    「それぐらい自分でしなさい」
    と〆られて引き下がるチキン。

    そんな良トメが先日から旅行で居ない。
    ここぞとばかり調子に乗るウト。
    「あれしろ!」「これしろ!」と言いまくり。
    でも旦那が居る時は言わないチキン。
    適当に相手したりスルーしてたが、今日も
    「出かける。帽子についてる猫の毛取っておけ。」
    とガムテープと帽子投げられた。
    (ぶつけられてはない)
    ガムテープでキレイにペタペタして、玄関で待つウトに手渡した。
    「ふん!これぐらいして当然なんだぞ!」
    と帽子をかぶり出かけて行った。

    しばらくしてウトから電話があった。
    かなり激怒している模様。
    帽子の裏の両面にしたガムテープが
    うまくウトのズラをひっぺがしたようだ。

    ウト「こっ…このっ!お、おれに恥っ!おっ…おれがっ!」
    私「オレオレ詐欺お断りします!」
    でガチャ切りした。

    先程帰って来た良トメさんとのティータイム邪魔しやがって…
    大人しくハゲとけチキンウト。



    258

    493: 名無しさん@おーぷん 2014/09/19(金)11:13:24 ID:???
    医者も分からない原因不明の病気になった。
    ある日、旦那の父親(舅)が、いきなり知らない人になってた。
    最初、夫たちみんな私をだましてると思ったけど、病院つれていかれてびっくりした。でも大きなストレスも受けてないし、そもそも舅とは子どもの頃からの付き合い(夫とは幼馴染み)。
    私の記憶の声や顔が違うだけで、写真とかは今の舅。中身も舅。旦那や姑を始め、舅以外は変化ない。医者も原因が分からないって「脳の機能の問題」とか言われて検査も色々したけど、健康体。
    私の顔認識の仕方が特殊で、舅の老化についていけなかったのでは?発達障害?糖質?と色々あったけど、結局は脳の誤認識ということで終わった。

    舅の顔が別人になったことで困ることはなかったから、そのまま過ごしてるけど、また同じことがあったらと思うとちょっと怖いので、似顔絵講座習ってる。

    このページのトップヘ