ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    キチ


    HIRA85_udewonameteiruneko_TP_V4

    280: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/12(土) 19:37:29.48 ID:lZfvvBZ4
    私は「鈴木マコト」のように男女どちらでもある名前の鬼女なんだが
    平日に有給取って家にいる時に「マコトさんの子供を妊娠した」という
    妙齢の女性.が訪問してきた。

    あまりに有り得ない話を頭が理解できずに「は?」と自分のお腹抑えた。
    「間違いなくあなたのご主人の、マコトさんの子です!」と言われ
    あ、これ詐欺か~最近のオレオレ詐欺は直接来るのか~と気楽に考えて
    適当に話を合わせながら主人に連絡をするふりして近所の派出所に
    オレオレ詐欺の人がお金取りに来てますと電話した。

    19322A003_TP_V

    660:恋人は名無しさん2010/11/20(土) 19:57:28ID:SV/KQW7V0
    カノ子(俺の当時の彼女)は手芸が趣味だった。
    付き合ってる当時セーターや帽子も何度か編んでもらったし
    よく手作りの髪留めやブローチ(花みたいな豪華なやつ)を作って
    友人の結婚式に出席してたりした。
    俺は詳しくないけど上手なレベルだったと思う。

    一年半くらい付き合って、親にも紹介したんだけど
    その頃からなんかカノ子の様子がおかしくなってきた。
    それまではお互い結婚を視野に入れての付き合いって感じだったのに
    カノ子が及び腰になってきた。
    まず俺んちに来たがらなくなった。
    お互い実家住まいだったから自宅デートも多かったんだが
    なんやかや理由をつけてうちには寄らないようになった。

    Photoelly011_TP_V

    774:名無しさん@HOME2011/09/17(土) 02:24:17.46 0
    私の年の離れた姉はお金持ちの旦那さんと結婚してる。
    両親が早くなくなったのもあり、私は姉旦那さんの援助で
    大学まで出して貰って、小梨で親子ほどの年の差があるため
    姉旦那さんは私のことを「うちの娘」というくらいに可愛がってくれた。
    ウトメコトメはそんな姉旦那さんを羨ましがり
    「うちのリフォーム姉旦那さんにお願いできないかしら(チラッ」
    「そろそろ車買い替えないといけないんだけど姉旦那さんに(チラチラッ」と
    浅ましいことこの上なかったが、スルーしてきた。

    そして、姉が長年の不妊治療の甲斐あって妊娠した。
    私旦那に姉の妊娠を伝えたらチッて舌打ちした・・・。
    「子どもいたんじゃこっちに遺産こねーじゃん。姉さん流産しねーかなあ」

    とりあえず荷物まとめて現在私はマンスリー住まい。
    義実家で唯一姉の財産のことを言わず、まともなひとだと思ってたけど
    一番の鬼畜だったよ。

    KUMA1892016_TP_V

    200: 名無しの心子知らず 2008/09/08(月) 14:31:00 ID:iq54z54q
    ファミリアで買い物した帰り、スーパーで買い物してたら
    ファミリアのふくろをひったくられかけたので何すんですか!!!と
    大声あげてタヒ守した。向こうは「私のよ!これは私の!!」と
    大声あげる。
    幸いすぐ警備員さんが来てくれたんだけど、向こうは「これは私のよ!」と
    騒ぐばっかり。じゃあ警察呼んで監視カメラの録画見てくれたらいいと
    言ったら「うるせえこの貧乏人!」とか騒いで、ファミリアの袋
    ひったくって警備員突き倒して逃げていったため、お店の人が警察を呼んだ。

    結局、その人は近所の人だった。服も持って帰って破いてたらしくてさ。
    取り返せなかった。

    valentinePAKU2833_TP_V4

    716: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/09/21(火) 22:20:10 ID:EAKMXQ1+
    盛り上がってるところごめん。読みづらいけど。

    昨日のお昼に男友達とご飯を食べに行った。
    待ち合わせしてからサイフにお金が少ない事に気付いて、コンビニに向かった。

    コンビニの近くには病院が二件あって、田舎にしては人は多い場所なんだけど、私たちの周りに他の人はいなかった。
    狭い歩道のんびり歩いてて迷惑になるといけないから確かに確認した。
    「とりあえず(お金)おろしてからどこに行くか考えよう」「どうしても?おろさんでもいいよ、たまには俺が…」「いや、おろしてきますよ」
    と軽口を言いあってたら、突然後ろから道路に押された。
    幸い車はこなかったけど、振り返ったらわたしを押したのは見た事もない長髪ボサボサの男だった。(友達はぽかんとしてた)
    意味がわからなくて取り敢えず歩道に戻ってみたら、ファビョった。聞き取れた一部とだけど、めちゃくちゃ。

    このページのトップヘ