ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    キラキラネーム

    263

    207: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/06/23(日) 23:38:14.38 ID:6akftApW
    キラキラネームの存在を知って
    私の子どももキラキラじゃないのかと不安になった
    実際キラキラなんだけど…

    男女の双子と、女の子、男の子の四人なんだけど、

    200

    13: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:52:30.00 ID:XUxHOf+z.net
    危惧していたことがとうとう起こった
    娘がシワシワネームwとしつこくからかわれたらしい
    たしかに、娘のクラスは今風(りく、とかリイサみたいな)ばかりで昔からある様な名前は稀
    明るく「なーに、言った方はお子様ね~!」なんて励まして名前の由来もしっかり教えたのに、
    小3じゃなかなか納得することも出来ず、半泣きな姿を見て辛かった
    芸能人にも同じ名前いるよ!可愛い人じゃん!って言っても、9歳からみれば20代後半とかはおばさん扱いなんだな、、
    名付ける時、子を付けるか悩んだから、やっぱりつけない方が良かったのかなと若干凹んだ

    147

    815: 名無しさん@HOME 2015/06/14(日) 16:59:00.69 0.net
    元々苦手だった同居コトメに娘の名づけに駄目だしされて更に苦手になりました。
    姑と舅と同居ならまだしも未婚のコトメとの同居は思ったよりハードです。
    私の地元(新潟)は2世帯同居どころか3世帯同居もザラですけど流石に小姑とは・・・
    4月に待望の娘が産まれて「春姫(はるひ)」と名付けようとしたのですが
    コトメが口出ししてきました。
    コトメ「えっ!ハルヒ!○○ちゃん(年下の癖にコトメは私をちゃん付けで呼びます。)アニヲタだったんですか?」
    私「アニメとは関係ありません!姫は名前に絶対入れたいし4月生まれだから春をつけたの!」
    コトメ「え~~っ!でもハルヒってオタクっぽいですよ。それに姫で「ひ」て読ませるなんて強引じゃありません?そんな名前つけて在日韓国人と間違えられたら将来色々不利でしょ」
    とまぁ産院から退院したばかりの私にぎゃあぎゃあ喚きだしました。


    そしたら名づけを私に任せてくれたはずの舅と姑も出てきて
    「そうだな。ハルヒはちょっと・・・発音が難しいし」
    「○○さん、別の名前にしなさいよ」と反対しだしました。
    そうするうちに夫が勤務先のホテルから帰宅して「春姫は嫌いじゃないけど皆がそこまで反対してるなら別の名前にした方が良いと思う」と切り捨て。
    私が「あなただけでも味方してよ!」と食い下がると「もうしつこいなぁ!」と小姑が切れました。
    「○○ちゃん、春姫なんて名前変だって皆言ってるじゃん!資産家ならまだしも田舎のド庶民に「姫」なんて漢字つけるなんて分不相応でしょ!
    本当に在日韓国人に間違えられたらどうすんの!家は純日本人なのに一生損するんだよ!」とわめきだしました。
    後は何言ってるのかわからなかったです。
    その後小姑と私は取り押さえられて小姑は舅によって私は夫によってそれぞれの部屋に強制連行。
    翌朝小姑の出勤後私は舅に「春姫ダメ絶対!」と宣告を受けました。
    それから夫と二人で何とか名前を考えて役所に提出しました。
    「春姫」どころか「姫」の字も使わせてもらえませんでした・・・
    良かった点と言えばそれまで色々干渉してきた小姑がそれを機にあまり私に構ってこなくなったこと。
    でも小姑に名づけを阻止された怨みは消えません。
    そして「在日ガー在日ガー」と吠えた小姑はネトウヨだったのか・・・。

    51

    907: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 09:47:57.47 ID:eXS6oMJB.net
    うちの息子なんかキラキラネームの子供らに
    「ダサい名前だから」って理由でいじめられたことあるわ
    学校で親を交えた話し合いで結局わかったのは

    18

    52: 名無しさん@HOME 2014/10/20(月) 12:56:47.19 0
    子供の名前絡みで便乗、特定覚悟。
    うちの兄夫婦が子供産んだ時、今から出生届出しにいきまーすと、うちに寄った。
    じゃーんと見せられた名前が愛姫子。
    字面にウワア…と思いつつ「あきこちゃん?」と聞いたら

    このページのトップヘ