ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    クズ

    ELFADSC08904_TP_V

    268:名無しさん@おーぷん2016/07/01(金)23:22:17ID:Z3d
    料理系での冷めた話
    彼氏が試験に合格してお祝いにお赤飯が食べたいと言われた
    彼が試験勉強を頑張っていたのも知っていたからお赤飯の他にも彼の好きなものを数品とちょっとしたプレゼントを用意した

    でもいざお赤飯を出したら彼の顔がすごい顔を歪めてテーブルの上にあったおかずもろとも腕で薙ぎ払って暴言を吐いて部屋を出て行った
    そして2、3日後半笑いで家に来た。私の地域のお赤飯が食紅+甘納豆で作るものなんだけどそういうお赤飯があるって知らなかったそうだ。それでメシマズは最初が肝心ってことであんな事したらしい。あと今まで出してた料理は本当は手作りじゃなかったのか!てところも腹が立ったんだって
    メシマズかとビビったよーwwって笑ってたけどこっちはせっかく作った料理全部ダメにされたしテーブルから落とされたときにかけたお皿もあったしカーペットもぐちゃぐちゃになった
    メシマズだったら話もせずにあんな行動とるのかそもそも今までの料理だって目の前で作ってたのに…と急速に冷めた

    USkibanaks2_TP_V

    615: 名無しさん@おーぷん 2017/05/04(木)16:15:28 ID:iom
    すみません。グチです。
    今日バッタリ元旦那に会ったんです。
    奥さんも一緒にそれは別にいいんですが…
    離婚の原因は私の不妊と不妊治療費の事でした…

    元旦那が私に『お前また1人?ってか俺やっとパパになるわ~すぐ出来たわ!お前まだ病院行きよるん?』
    って言ってきて一瞬ムカッとしたけど黙ってたら
    『嫁の腹触らせてやるぞ。妊婦に触ると妊婦うつるらしいぞ~あ!相手おらんかぁ~』って言うんです
    悔しいやらムカツクやら…家で吐いて泣いてしまいました。
    すみませんグチでした…

    MIZUHO319002_TP_V

    215: 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)22:23:48 ID:V3S
    義姉(夫の姉)の子供である多動の男児6歳を託児され続けた1年間が修羅場でした。
    当時私は新婚ホヤホヤ。
    まだネットを知らず、託児ママだのいい嫁キャンペーンだのいう単語は知らなかった。
    でもあの時期私がやってたことはまさに「いい嫁キャンペーン」だったんだと今にして思う。
    とにかく夫家の人と仲良くしなくちゃ、という思いで一杯でした。

    義姉は専業主婦。当時の私は県外の夫についていくため退社して、新居から職探し中。
    義姉は朝7時にチャイムを鳴らし、甥とともに来訪。
    朝ごはんをうちで食べ、テレビを観て、甥の英語教育DVDを見せて、お昼を食べて、
    私にDVDと甥を預けて義姉は外出。
    甥は多動と診断が出ただけあって、一時もじっとしてない。力も強い。叩かれたら大人でも涙が出るくらい痛い。
    さすがに疑問に感じ、夫に「義姉さんの来訪を控えて欲しい」と頼むが
    「え~……自分で言いなよ。ねーちゃんは怒るだろうけど、俺シラネ。おまえのせいだから」
    今思えばそこで夫に愛想を尽かしておくべきだった。
    しかし「いったん結婚したら添い遂げるもの」という変な信念があった&データ主義な自分は
    「もっと夫と話し合ってわかってもらわなきゃ!そして話し合うための材料を得なければ」
    と、義姉を迎え、甥の世話を継続。


    marbee0319sakura_TP_V

    445: 名無しさん@おーぷん 2015/08/03(月)23:56:12 ID:jJH
    昔、イオンに入ってるチェーンのアパレル店で人生初のバイトをしてた
    研修時間がおわり、いざ戦力として働けるようになってすぐ
    バイトに行く際、車が一時停止無視で私の方にハンドルを切り突っ込んできたので、おもいっきり轢かれた
    病院に行って検査した結果、手に繋がる神経の一部がちぎれていた
    運動神経は無事だったんだけど、靭帯も傷んで翌日はベッドから起き上がれないまま痛みに耐えることになった
    結局握力が戻らなくて、自分の鞄さえ持てないくらいになった

    あと感覚神経やられたので、触覚もダメになった
    一月して動けるようになり、バイト先に挨拶に行った
    店長はガチギレして、穴が空いた分をなんとかしろと言われた
    医者からは腕を無理に動かさなければ筋肉が弱らないよう、軽い運動は許可されていたので、人出が足りない日の3時間だけバイトに出てレジ打ちだけすることに決まった
    医者の診断書を出して、大人しくレジ打ちに専念していたとき、人の波が引いた時に店長や他のバイト(全員年上)がやってきた
    似非関西弁バイト「診断書みたで、神経きれてんやろ?」
    私「はい」
    ギャルバイト「切れてるのに動いてるじゃんw」
    ケバイト「大げさw中2病じゃんw」
    似非バイト「なんやねん、手動かんかったらおもろかったやん」
    私「運動神経ではないので」
    店長「じゃあ動かさないとなぁ?」
    私「無理に動かしてはダメなので」
    クソ店長「リハビリかねてきてるんでしょ?ほら動かしてあげるよ」
    そういってクソ店長に腕をつかまれ、ぐるぐる腕を回され、傷んだ靭帯のあたりをグリグリえぐるように押され、勢いをつけて思いっきり引っ張られた
    何かブチッと肩で嫌な音がした
    クソ店長「これで治りが早くなるなぁ、俺、治療費貰わなきゃなぁ」
    結果、翌日腕が全く動かなくなった
    肩の大事な部分が切れたらしい
    その後引っ張られた方の肩だけ10年たつ今でもグラグラして、寝返りが打てない
    親が店に怒鳴り込みに行ったが、モンペ扱いして追い返された
    本社に連絡したが、握りつぶされた
    結局クソ店長には仕返しもできなかった
    結構色々戦ったけど、できたことはその店舗を潰すことだけ
    クソ店長がどうなったかはわからん
    30歳にして薄毛で気にしてたから10年間ツルッパゲになる呪いをかけ続けている

    ELL88_shinbijyu-mu20140221tex_TP_V

    407: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)16:21:14 ID:f3m7aOJYj
    当時29歳の私には、結婚願望と出産願望があった。
    結婚して子供産んで、夫と子供たちと幸せに暮らしたいと思っていた。
    付き合って5年目の彼氏はそんな私の願望をよく知って理解してくれていた。
    プロポーズの時の言葉も「10人でも100人でも産ませてやる!結婚してくれ!」だった。
    私は喜んでプロポーズを受け入れたが、これが地獄の始まりだった。

    結婚後も彼は徹底して避妊。生でヤったことは一度も無い。
    私がどれだけ懇願しても避妊具を外してくれることはなかった。
    彼は、「子供は作らない。あんな理セイの無い生き物嫌いだからさ」と言ってきた。
    10人でも100人でも産ませてやる!って言ったじゃん!と抗議すると、
    「アレは雰囲気作りのノリ。本気にしたの?こちとら結婚できりゃそれでよかったからさ」と返された。
    私は顔面蒼白。わんわん泣いた。毎日、話し合いの場を設けようとしてもうざったそうに逃げられる。


    私の脳内に離婚がチラつき始めたころ、妊娠が発覚。彼とはずっと避妊し続けてきたのに驚いた。
    彼に報告すると、「はああああ!?ありえない!避妊してきたんだぞ俺たちは!他所の男とつくってきたんだろ!」と疑われた。
    もちろん浮気もしてないし、男セイ経験は彼だけ。それを何度訴えても聞き入れて貰えず、義両親や私の両親を巻き込む大修羅場となった。
    「欲しい物ねだりに失敗したからって浮気するとか最低な人間がすることだ」と両親の前でになじられ、タヒにたくなった。
    両親は一貫して私の見方をしてくれた(娘との約束を破った彼君が悪いといってくれた)。
    しかし「彼女とそんな約束はしてないし、証拠も無い。どんな理由があろうと浮気はダメでしょ。あなた方は浮気を容認するんですね?」と言われて黙ってしまった。
    私はぶち切れ、「私はこの子を産みます。産んだらDNA鑑定をしましょう。もし彼君と親子関係が証明されなかったら慰謝料でもなんでも払いましょう。
    逆に親子関係が証明されたらわかってますよね?」と言ったら、彼はキョドり始めた。周りは気づいてないようだったが、私はすぐ違和感に気づいた。
    彼は「そこまでしなくてもいいだろ。DNA鑑定という言葉を出せば優勢になれると思った?今更そんな虚勢張らなくていいからw」と、
    どうにかDNA鑑定を阻止するような言動を見せてきた。

    続きます。

    このページのトップヘ