ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    クズ


    marbee0319sakura_TP_V

    445: 名無しさん@おーぷん 2015/08/03(月)23:56:12 ID:jJH
    昔、イオンに入ってるチェーンのアパレル店で人生初のバイトをしてた
    研修時間がおわり、いざ戦力として働けるようになってすぐ
    バイトに行く際、車が一時停止無視で私の方にハンドルを切り突っ込んできたので、おもいっきり轢かれた
    病院に行って検査した結果、手に繋がる神経の一部がちぎれていた
    運動神経は無事だったんだけど、靭帯も傷んで翌日はベッドから起き上がれないまま痛みに耐えることになった
    結局握力が戻らなくて、自分の鞄さえ持てないくらいになった

    あと感覚神経やられたので、触覚もダメになった
    一月して動けるようになり、バイト先に挨拶に行った
    店長はガチギレして、穴が空いた分をなんとかしろと言われた
    医者からは腕を無理に動かさなければ筋肉が弱らないよう、軽い運動は許可されていたので、人出が足りない日の3時間だけバイトに出てレジ打ちだけすることに決まった
    医者の診断書を出して、大人しくレジ打ちに専念していたとき、人の波が引いた時に店長や他のバイト(全員年上)がやってきた
    似非関西弁バイト「診断書みたで、神経きれてんやろ?」
    私「はい」
    ギャルバイト「切れてるのに動いてるじゃんw」
    ケバイト「大げさw中2病じゃんw」
    似非バイト「なんやねん、手動かんかったらおもろかったやん」
    私「運動神経ではないので」
    店長「じゃあ動かさないとなぁ?」
    私「無理に動かしてはダメなので」
    クソ店長「リハビリかねてきてるんでしょ?ほら動かしてあげるよ」
    そういってクソ店長に腕をつかまれ、ぐるぐる腕を回され、傷んだ靭帯のあたりをグリグリえぐるように押され、勢いをつけて思いっきり引っ張られた
    何かブチッと肩で嫌な音がした
    クソ店長「これで治りが早くなるなぁ、俺、治療費貰わなきゃなぁ」
    結果、翌日腕が全く動かなくなった
    肩の大事な部分が切れたらしい
    その後引っ張られた方の肩だけ10年たつ今でもグラグラして、寝返りが打てない
    親が店に怒鳴り込みに行ったが、モンペ扱いして追い返された
    本社に連絡したが、握りつぶされた
    結局クソ店長には仕返しもできなかった
    結構色々戦ったけど、できたことはその店舗を潰すことだけ
    クソ店長がどうなったかはわからん
    30歳にして薄毛で気にしてたから10年間ツルッパゲになる呪いをかけ続けている

    ELL88_shinbijyu-mu20140221tex_TP_V

    407: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)16:21:14 ID:f3m7aOJYj
    当時29歳の私には、結婚願望と出産願望があった。
    結婚して子供産んで、夫と子供たちと幸せに暮らしたいと思っていた。
    付き合って5年目の彼氏はそんな私の願望をよく知って理解してくれていた。
    プロポーズの時の言葉も「10人でも100人でも産ませてやる!結婚してくれ!」だった。
    私は喜んでプロポーズを受け入れたが、これが地獄の始まりだった。

    結婚後も彼は徹底して避妊。生でヤったことは一度も無い。
    私がどれだけ懇願しても避妊具を外してくれることはなかった。
    彼は、「子供は作らない。あんな理セイの無い生き物嫌いだからさ」と言ってきた。
    10人でも100人でも産ませてやる!って言ったじゃん!と抗議すると、
    「アレは雰囲気作りのノリ。本気にしたの?こちとら結婚できりゃそれでよかったからさ」と返された。
    私は顔面蒼白。わんわん泣いた。毎日、話し合いの場を設けようとしてもうざったそうに逃げられる。


    私の脳内に離婚がチラつき始めたころ、妊娠が発覚。彼とはずっと避妊し続けてきたのに驚いた。
    彼に報告すると、「はああああ!?ありえない!避妊してきたんだぞ俺たちは!他所の男とつくってきたんだろ!」と疑われた。
    もちろん浮気もしてないし、男セイ経験は彼だけ。それを何度訴えても聞き入れて貰えず、義両親や私の両親を巻き込む大修羅場となった。
    「欲しい物ねだりに失敗したからって浮気するとか最低な人間がすることだ」と両親の前でになじられ、タヒにたくなった。
    両親は一貫して私の見方をしてくれた(娘との約束を破った彼君が悪いといってくれた)。
    しかし「彼女とそんな約束はしてないし、証拠も無い。どんな理由があろうと浮気はダメでしょ。あなた方は浮気を容認するんですね?」と言われて黙ってしまった。
    私はぶち切れ、「私はこの子を産みます。産んだらDNA鑑定をしましょう。もし彼君と親子関係が証明されなかったら慰謝料でもなんでも払いましょう。
    逆に親子関係が証明されたらわかってますよね?」と言ったら、彼はキョドり始めた。周りは気づいてないようだったが、私はすぐ違和感に気づいた。
    彼は「そこまでしなくてもいいだろ。DNA鑑定という言葉を出せば優勢になれると思った?今更そんな虚勢張らなくていいからw」と、
    どうにかDNA鑑定を阻止するような言動を見せてきた。

    続きます。

    takeru518001_TP_V

    64: 恋人は名無しさん 2009/05/14(木) 13:42:25 ID:vhxy6WXJO
    修羅場と言うか・・巻きこまれた話です。
    長いのであしからず。

    私 23歳
    友子 23歳 同じ中学
    新郎さん 25? 友子の旦那さん

    先日、中学時代の友人・友子の結婚式があったので行って来ました。
    友人と言っても、中学時代にちょっと遊んだくらいの仲。
    大人になってからは全く交流がなかったので、結婚式の招待状が届いた時はちょっとだけ驚いた。
    でもせっかく招待しようとしてくれたんだし、
    私も彼女の人生の門出をお祝いしてあげたい気持ちがあったので出席することにしました。

    019ELLY18412_TP_V

    554: 名無しさん@おーぷん 2016/09/10(土)19:19:27 ID:7wv
    叩かれ覚悟で晒す。
    俺はバツイチで六年前に離婚してる。
    当時は嫁のワガママで離婚してやった、結婚に対する覚悟が足りんバカ、子供の親権も譲ってやったと本気でこう思ってた。
    今ならわかる。100パー俺が悪い。
    DVは骨折させたり青アザを作るレベルだと思ってた。
    口答えしてきたら平手打ちは日常茶飯事、嫁が俺の稼ぎで美容室なんかに行くのが気に入らないから当日になって無理矢理嫁の財布から金を抜いてドタキャンさせたのも一度や二度じゃない。

    会社の連中にも嫁に自分の稼ぎを預けるなんてバカかと言い、産後に嫁が荒れてるとボヤく後輩にはそんなもんブン殴って黙らせろバカがと叱り飛ばしてた。
    俺の母親が嫁にやりたい放題やってるのも黙って見てた。
    むしろ母親とうまくやらない嫁を詰った。
    これも今なら大家族の末っ子育ちで女王様気質の母親が理不尽で自己中なのが悪かったってわかる。
    少額だからボーナスで返せばいいやって安易な気持ちが切欠で気がつけば借金600万。
    家にもろくに帰らず、一歳半にもならない上の子と生まれたばかりの下の子を嫁に任せっきりで遊び呆けた。
    そんな子供二人を見ながら家事がこなせるわけなんかないのに、家が片付いてなかったり飯の支度が出来てないと嫁を叩いた。
    お金は全部あなたが管理してるから買い物にも行けないし冷蔵庫に食材もない、洗濯するのが精一杯と返されたら言い訳すんなと更にもう一発叩いた。
    こんだけ偉そうにしてるんだから、借金のことは口が裂けても絶対に言えなかった。
    それどころか嫁に毎日のように働けとせっつき続けた。
    このあたりは保育園激戦区だから母子家庭ですら保育園には入れないから無理だと言われたら働きたくないからって言い訳すんなって叩く。
    どんだけ叩いても嫁は頑として働きには出なかった。
    ーー私が働いても稼ぎに監視が入って全部取られると思った
    とうとう借金で首が回らなくなって双方の親を交えて話し合いをしていた時に嫁はこう言った。

    011ELLY18412_TP_V

    29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 07:37:32.99 ID:Np3kGNO10
    20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

    長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

    気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
    文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

    母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
    母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。

    私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
    母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


    母が蒸発して生活が一変した。

    もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
    母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不倫していたからだとわかった。

    蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
    不倫していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不倫相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


    貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

    家にはいつもお金がなかった。

    このページのトップヘ