ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    クレクレ

    204 :ガールズにちゃんまとめ 2008/08/09(土) 00:12:48 0
    この時期浴衣をクレクレが多いのだが、
    うちにも来た。
    何と義弟嫁。
    うちは浴衣は、妹子にまわすのを決めていて、
    母が全部買ってくれたり、2歳児のときは娘に合わせて作ってくれた。
    もちろん、今使っている8才用以外は、全部実家に返却済。

    義弟嫁「私さんの、娘ちゃんの浴衣って取ってある?」
    私「ごめーん。先約があって、もう全部あげちゃったんだー」
    義弟嫁「そうなんだー。そこから取り返すこと出来る?」
    私「無理無理、義弟嫁子ちゃんと同い年なの。残念。」
    義弟嫁「えー?狙っていたのに、言ったよね、損したー。」
    私「何も聞いていないよ。」
    義弟嫁「でも、うちにも義弟嫁子ちゃんが居るんだから、ちょっとは気を使ってくれても良いんじゃない?」
    私「でも、お世話になった人にお借りしたようなものだから、ほんとダメなの。
    返す約束だし・・」
    義弟嫁「うちにもお世話になっているじゃない?」
    私「何を?」
    義弟嫁「帰省したとき、嫁子ちゃん(2歳)がうちの娘(8才)と遊んであげたり」
    私「はいはい、そうですね。じゃあ、娘は一人で遊ぶの好きなのでお構いなく。」
    義弟嫁「そういう意味じゃなくて、くれても良いじゃないってこと。」
    私「だから、無理だって言っているでしょ?それにあげる予定の子が、嫁子ちゃんの子と同い年だから無理だって。」
    これを3日間、数回ずつループした。

    323 :ガールズにちゃんまとめ 2011/08/20(土) 09:45:24 O
    うちの旦那は三兄弟
    長男(旦那)→良くも悪くも放置されて育つ
    次男→フリーター、絵に描いたようなネトウヨ兼男女厨、ママン(姑)と共依存気味
    三男→お堅い仕事、なかなかのイケメン、ママン(姑)をうまくあしらう

    この次男が私の遠い親戚のA子をクレクレしてきた
    俺に微笑んだから好きに違いないとか若いから男を知らない(かなりの童顔だけどA子は20台前半)に違いないとか
    学のある女は鬱陶しいけど許してやるとか出会いがない職業だから絶対につき合えるとか言いたい放題

    姑は「付き合ったら皆ハッピーでいいじゃないの」みたいな寝言しか言わない
    A子の許可をとってA子は次男の嫌いそうな女だと次男に説明したけど
    (韓国、フジ、花王、AKBが好きだとか)効果なし
    姑は姑でムチュコたんにさっさと紹介しなさいよ!とか言い出すので
    ついうっかりA子を三男に紹介してしまった

    職業にも趣味にも共通するところがあって何気に意気投合したA子と三男
    姑に「何で三男クンを紹介するのよおおお」と言われたけどついうっかりで通した

    約一週間の出来事だけど疲れたー

    571 :ガールズにちゃんまとめ 2011/02/22(火) 20:27:44 ID:1SAb+Bnf
    >>569
    物によるし玄関にもよるし、その家の人のセンスにもよるんじゃない?

    家は小物を飾るためにガラスケースが壁に埋め込まれてるから
    何もケースに入っていないと変というか、このスペース何?になる
    入れるものは、花瓶だったり、フィギュリン(非キャラ物)だったり
    季節によって変えるようにしてる(今はガラス細工の雛人形と桃)

    以前ガラスこじ開けようと爪剥がした泥ママがいたから、今は鍵が付いているけどね

    66 :ガールズにちゃんまとめ 2006/05/17(水) 22:39:34 ID:???
    長文ですが、吐き出させてください。

    先月、旦那側親戚の結婚式がありました。
    招待状が来るよりも前に式の日程の連絡が来ていて、私と3歳の娘も招待されていたので、
    時間もあるしちょっとがんばって娘の服を作ることに。
    花モチーフを繋げたニットのワンピースの下に、シンプルなキャミワンピを重ね着する形で、
    と考え作り始めたのですが、そのときに遊びに来た友人Aに制作途中のものを見られ、
    聞かれるままに説明したところ、
    「え~?そういうイベントで着るものくらい、買えばいいじゃん。なんか貧乏クサww」
    と、笑われました。
    ちょっとムッとはしたのですが、彼女は元々ブランドものが好きだったので、こういうのは
    趣味に合わないんだろうな、と思い
    「うん、でも作るのも好きだからね」
    と答えておきました。
    その後ワンピースは無事完成し、我ながらなかなかの出来で、結婚式で会った旦那の両親や
    親戚からは「作ったの?すごいね」「かわいいね」等と声を掛けていただけました。
    そして先日、新郎新婦から、カメラマンが撮った写真の中に娘が一人で写っているカットが
    あったので・・・と、1枚の写真が送られてきました。
    流石はプロの方が撮った写真で、娘も服も5割り増しくらい素敵に写っていましたw

    360 :ガールズにちゃんまとめ 2009/01/13(火) 12:07:57 ID:nQHxnHXk
    この時期になると思い出す、図々しい♀ブタ親子のこと。
    高校三年の春、俺は一人で長距離列車に乗り込んだ。
    長時間の乗り物がやや苦手な俺は、かなり前から禁煙車両の最後尾窓側の席を確保していた。
    (当時は禁煙車両が少ないせいもある)
    ところがその席へ向かうとすでに♀ブタ親子がドンと陣取り、通路のOLらしき女性と何やらもめていた。
    聞くとそこはOLの指定席でもあるのだが、♀ブタ親子の指定席(喫煙車両で離れた席)と替えてくれと言う。

    俺「あ~ダメダメ、喫煙車でしょ?俺タバコの煙ダメだから」
    豚「でもうちの娘もタバコが苦手なのよ。ね?席を変わりましょうよ?」
    俺「何その言い方。タバコ苦手なら自由席の禁煙車両にでも行けばいいじゃん。早く立てよ、邪魔だから」

    とここで♀ブタが血相を変える。
    豚「娘はこれから大学受験に行くんですよ!ただの旅行ではないんですよ!!」
    俺「あ、受験旅行だったんだ、それは大変だねえ。」
    豚「でしょ?そういうわけで娘の受験のためにも…」

    俺「 俺 も 受 験 だ !さっきから聞いてりゃテメーの都合ばっかりベラベラ言いやがって。
     だいたい親のあんたが付き添うんなら、もっと前から切符を予約するべきだろうが!
     目障りだから早く立て!」

    ムッとしながら席を立って大荷物を持って消える♀ブタ親子。
    隣のOLさんからお礼にコーヒー奢ってもらったw

    このページのトップヘ