ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    ゲーム

    JS745_donaturing_TP_V

    224: 名無しの心子知らず 2012/08/17(金) 22:34:49.05 ID:4qXyzevd
    お盆休みに実家に帰ったら託児されてた話です

    兄一家が同居してる実家に私が昼過ぎに帰省したら、ソファにふんぞり返ってゲームしてる放置子とテーブルで宿題してる甥がいた
    朝早くから凸してきて昼飯も実家で世話したらしく、兄嫁が言うには放置子だとか
    「早く通信しようぜ」と放置子は言うが、甥は今日の宿題が終わるまでゲームはしないと言う
    だけど放置子は「おせーな!早くしろよ!」と乱暴な口調で急かす
    この時点でイラっとしたけど立場的に黙ってた

    たまに放置子が話しかけてくるけど、生意気な態度だからスルーしてた
    その後も「喉が乾いた」「お腹空いた」と我が儘放題で兄嫁がそのたびに世話をするから放置子が益々とつけあがる
    しまいには兄嫁でなく私に「充電しといて」とゲームを寄越し寝転んでテレビを見始める
    ふざけんなと私がゲームを投げ返しテレビを消したら睨んできやがった
    大人気ないと思いながらも睨み返し文句あるなら帰れ、とソファから追い払った
    暫く放置子は大人しくしてたけど、夜は外食しようと話してたら「俺も一緒に行きたい!」と図々しい事を言い出す
    兄嫁はやんわりと拒否るが、放置子は全く引かないどころか母親に許可貰ってくると飛び出して行った

    ELF93_mogitateichigo_TP_V

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 06:41:03.109 ID:vaaWOHc5a
    店員「え?いや~ここらへんですかねぇ?」

    俺「いや、無いじゃん、どこよ?」

    店員「そうですね~無いみたいなんで上限買い取りになりますね」

    俺「いやいや、汚れ無いのに何で減額とか言い出したの?」

    店員「いや~分からないですね」

    ○○○○OFFは本当にふざけてるわ

    ELFAIMG_4430_TP_V

    954: 名無しさん@おーぷん 2016/04/14(木)09:52:34 ID:Hlj
    子供に恨まれた顔で登校されてしまった
    こんなことは初めてかも

    朝の出掛け前の喧嘩、兄ちゃん6年生が3年の弟におもちゃの弓矢で打たれ、兄が矢を破壊
    水筒にお茶を入れてる間のちょっとした時間だった

    最初は『やめろよーww』と遊びだったけど、顔に当たって怒るのは仕方ないとして破壊するのは兄がちょっと怒りすぎの気がした
    それで『その弓矢は弟がお父さんに買って貰ったもの。あなたに壊す権利はないよ。あんたの物だって壊されたら嫌でしょ、壊したろか?』と言うと
    『いいよ(怒)』との返事

    反抗期?なんや腹立つなーと『じゃああんたのMinecraft(ゲームソフト)からね』と言って部屋のゲームコーナーにあるソフトを取るふりして私の割れたCDを冷静にパキパキ折った。
    兄、すごく焦って『それ見せて!!』と言ってきたが(私のCDだから)手早く生ゴミの中にポイ
    息子『…』
    …と、書いてたら子供が可哀想になってきた。
    まあなんやかんやで子供達、登校。
    見送ったけど振り返りもしなかったな。
    一つの時代が終わったなーと感じた。

    兄は私から距離を置くだろうな
    もう6年生だし。親のことを少しずつ疑問に思ったりするだろう。秘密も持つだろう。
    子供にゲームは返した方がいい?

    中高生のお持ちのお母さん
    今の私に何かアドバイスください

    PAK89_harowinkabocya_TP_V4

    636: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/06/27(月) 20:36:28.52 ID:DaylvYgE
    流れ豚切り失礼します。初めて泥ママに遭遇したので記念カキコ

    私はは高校生だけど泥ママやエネミー、DQN返しに託児所などのまとめをよく見ている。
    実際こんな人いるのかねえと思っていたら本当にいた。

    今日の夕方塾から帰ってくるときに姉から借りた某3Dゲームをしていて、そろそろ家につくからゲームをやめよう
    と電源を切って右手に持っていたら前からやって来たママにすれ違いざまにゲームを奪い取られた。
    あまりにあっさり取られたのでえ?!となって慌てて振り返って肩をつかんで「それ私のなんですけど!」というと
    これはうちの息子のだと主張。
    続く

    このページのトップヘ