ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    コトメ

    kazukihiro08030I9A6973_TP_V
    61: 名無しさん@HOME 2008/03/31(月) 23:31:57 0
    遅ればせながら私も携帯を持った。
    義実家でその話をしたら、コトメが「アドレスおしえてー。」 と言ってきた。

    教えたくないので、
    「いやーちょっと教えられないわー。」 と言ったら何でと聞くので
    「旦那と私の親と妹にしか教えない事にしてるからー、ごめんね。」
    と言うと、
    「エー、妹さんに教えるなら私にも教えてよ、私だって兄弟じゃん。」
    というので、素でびっくりしてしまい、おもわず
    「え、コトメちゃんと妹じゃ全然違うっしょ。」と言い返してしまった。
    コトメは、えー、とかいーじゃーん、とか言ってたが
    私の旦那に「そりゃそうだわははは」と笑われて黙ってしまった。
    ウトメは凍ってたけどw

    しょうがないよね、コトメから自分のケータイに連絡があるなんて嫌なんだもん。
    もちろんウトメにも教えてません。

    haro629A7300256_TP_V
    719: 名無しさん@HOME 2009/10/16(金) 14:47:40 0
    結婚式にすげぇ思い入れがあって、
    記念日に、とか式場はここ、とか本物の神父さんとか
    手作りのボードや紙類、いろいろこだわってたコトメ。
    ただ、唯一ダメだったのがドレスの手配。
    気に入ったブランド・デザインのものがタッチの差で手に入らなかったらしい。
    かといって、こだわりのプランで式場予約しちゃってるし、延期は無理。

    しかし間が悪いことに、丁度2年前に式をした私たちは、コトメのあこがれてるブランドのドレスを使った。
    たまたまその時期に式場とそのブランドが提携してて、レンタルかつプランの料金内だったんだけど
    コトメはずるいずるい連発。
    「私は着れないのは百歩譲って仕方ないけど、あなた(私)が着たから余計悔しい」
    とか面と向かって言われた。
    ウゲーなんか言い返すかな、と思ってたんだけど、
    コトメのダンナが

    「いいじゃんドレスくらい。だれも真剣に見てないよ。俺だってどうでもいいと思ってる。
    何故なら結婚式で夫婦のよしあしは決まらないから。それに他にもいいのいっぱいあるべ」

    と言った。
    シーンとなったけど、コトメはそれ以上何も言わなくなった。
    暴走癖のあるコトメを上手く操縦してほしい。

    PSKPAUI09742844_TP_V
    733 :ガールズにちゃんまとめ 2016/07/28(木) 13:42:17 ID:???
    コトメの作るエコバッグが便利で何枚かもらって使ってたんだけどへたってきたからもっとちょうだいって言ったんだけど、前は100均のハギレで作ってたからただであげられたけどそれなくなったから手芸やの生地買って作ったら500円なんだって
    今までただでくれてたものから500円取るつもりとかすごすぎ

    MatanitiDSC_0652_TP_V
    909
    :名無しさん@HOME : 2020/01/14(火)16:52:49 ID: 0.net

    コトメ(アラフォー)が来月出産予定 
    以前はコトメ夫婦と同居していたトメは
    コトメ夫と仲違いして家を出され 
    今は我が家の近所のアパートでパートしながら独り暮らし 
    トメコトメが口をそろえて
    出産後うちに里帰り()したいと言ってきた

    150912325991_TP_V
    702 : 名無しさん@HOMEE 2011/07/20(水) 22:42:00.89
    うちのコトメは、私の話している内容を横取りする。
    話している途中にいきなり割り込んで、
    自分の話題のように語り出す。
    でも、私が話した部分を大声で復唱するだけなので後が続かず、

    私が続きを話すのを待ち、ある程度喋ると、
    待ってましたとばかりに、また繰り返す。すごく疲れる。

    ある日、やはりコトメが知るはずも無い私の職場の話題を、
    そのまんま復唱してくれたので、思わず。。
    「コトメさんて、卒業式の送辞のその他大勢って感じですねw」
    と言ってしまった。

    皆大爆笑だったけど、コトメは自分が復唱してる自覚が無かったみたいで
    何の事?っていうぽかーんな表情。
    夫が、お前が嫁子の話を復唱するからだよ、と言うと、
    そんな事していない!と言い張った。
    「さっきも知りもしない嫁子の会社の事を偉そうに語ってたじゃないか。」
    「お前は**商事の社員か?」
    ここまで夫に言われても、顔を真っ赤にして、
    『私が真似する訳無いじゃない...』
    と、悲劇のヒロインの様に部屋を出て行った。
    本当にうざい。


    このページのトップヘ