ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    ストーカー

    elly134103659_TP_V

    862: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)17:50:52 ID:VcX
    やらない善よりやる偽善って言葉吐く奴大嫌いだ
    私は困ってる他人がいても見てみぬふりしてた
    小柄なうえ足の関節が悪いから、何かあった時に走って逃げたりできない
    だから知らない人は困ってても話しかけたりしなかったしそれが親の教えでもあった
    でも私自身がよく知らない人から助けを求められる
    友達と一緒にいても声をかけられるのは私、それも男セイが多い
    私は外はもちろん、大学内でも何か助けを求められても「知りません」「わかりません」「他をあたってください」とすぐにつっぱねてた
    でも周りの子たちから冷たいとか酷いと言われた、すっごい言われた

    「善意は誰かから強要されるものじゃなくて、やりたい人がするものだよ」と言ったら「やらない善よりやる偽善」といつも反論された
    友達が離れたりはしなかったけど、「一度の人助けで何かあったりしないよ」と言われ続けたし、たまにボランティアに強制参加させられたりした

    友達と大学からの帰り、最寄り駅に向かった時に大荷物を抱えて足を骨折した人が困ってた
    そして案の定通りかかった私に声をかけた
    私は即座に「電車の時間があるので」と断った
    その時本当に電車の時間が差し迫っていたし、私は片道一時間半かかるから電車の乗り合わせが悪いと乗り換えで30分待つこともあった
    でも友達はそんなことを知らないので「終電じゃあるまいし」と私の言葉を跳ね除けて「手伝います」と言った
    ここで逃げたら見知らぬ人だけでなく友達も捨てたことになる・・・私は仕方なく手伝った
    これが悪かった
    大学生なんだからその駅を利用するのは相手にバレている
    ストーカーが始まった
    駅に向かうと必ずその男セイがいて声をかけられた
    一度助けてしまったから無下にもできずに会釈だけしたら「困ってるんだけどなぁー」と言われた
    友達にも小突かれ仕方なくまた手伝った
    その後も3回待ち伏せされて手伝わされた
    友達に助けを求めたら「大下座だよ、やらない善よりやすい偽善、自分の行動に誇りを持ちなよ」と言われた

    やがて男セイの足は治った
    声をかけられた時、私はこれで関わりが切れると思って男セイを無視した
    友達には冷たいとか怒られたけど、「怪我が治ったんだから行う偽善もないでしょ」と言ったら「えーでもあの人イケメンなのに」唇をとがらせてた
    友達は気づいてないようだったけど、その時うしろから男セイがついてきてた
    駅に用事があるだけかもしれないし、たまたまかもしれないと様子をみてた
    駅では私と友達は路線が違うので別れた
    友達の方についていったら電話で知らせるつもりだったけど、私のほうについてきた
    あくまで男セイに気づいていないふりをし、乗る予定だった急行をスルーし、次の普通電車もスルーした
    普通ならそのどちらかに乗るはずなのに男セイは乗らなかった
    そして4つめにきた急行に乗るとやはり男セイは乗り込んできた
    ラッシュ時だったので人混みに紛れて逃げ出せるかと思ったけど、走れない私には撒くのは無理だった
    3回の乗り換えもしっかりストーキングされた
    これ、最寄り駅にいったらヤバいんじゃないかと思って途中で親の職場に行くための路線に乗り換えた
    駅に着くなり女子トイレに行くふりをして親に電話、迎えに来てもらった
    男セイは改札を出ることなく迎えに来てくれた父親と私をじっと睨んでいたのが車の窓越しに見えた

    ことの経緯を友達に話したけど、困惑しながら口にした言葉は「イケメンだったし・・・あんたが何か勘違いさせる行動したんじゃ?」
    友達とはそこで関係を切った
    思い返すと関係切ったのが遅すぎたんだと思うけど、男セイの待ち伏せが怖くて一緒に帰る人が居なくなるのが嫌で切れなかった

    父親が毎日タクシー代を持たせてくれて、大学の中から最寄り駅の一つ隣の駅まで行き帰りタクシーを利用するようになってから男セイとは会っていない
    大学までくるような行動力がない人で良かったと思う

    DSCF8461_TP_V

    509:名無しさん@おーぷん2016/10/09(日)14:51:34ID:k52
    ある日、仕事帰りに家に向かって歩いてたところいきなり警察に取り押さえられた
    訳もわからず「えっ?えっ?なに?」とあたふたしていると
    「おとなしくしろ」って
    最初から一切まったく暴れてませんやん

    で、話を聞くと女セイから付け回されていると通報があったと

    全然まったく心当たりがない、駅前の人混みはともかく少し離れてからは女セイどころか誰も見た覚えがない
    偶然ちょっと進路がかぶったとか、たまたま似たような格好の人を見たとかじゃないのか?
    そんな感じの事を話していると後ろの方で見ていた女セイが騒ぎ始めた

    そいつがずっとアタシを付け回してた
    駅からここまでずっとこんな長い距離をずっと何て偶然の訳がない
    ソイツは駅からここまでずっとアタシの前を歩いてたんだ
    一度も目を離してないからソイツで間違いない

    「知らんがな!」

    こんなんでも交番まで行って調書とられた

    lllllllllllllllllllllll

    22:名無しさん@おーぷん2014/07/06(日)09:01:01 ID:???
    尊敬してた上司が精神疾患か何かで退職してしまった。

    社内の噂好きの同僚に聞いたところ元上司は小中学校はかなりのイジメ加害者だったらしい。

    そんな上司が精神的におかしくなった理由がかつての被害者達による集団ストーカーとのこと。
    どこに引っ越しても何故か自分宛に妻と娘達のプロフィールだけが書かれた手紙が何通も送られてるらしい。

    奥さんも娘さんも被害にはあってないらしいが何故か手紙の送り主が自分の事を知っているということが神経をすり減らしたのだろう。もしかしたら統合失調とかかも知れないが。

    かなり厳しい人だけど社会人として尊敬してたからイジメ加害者と知って幻滅したわ。

    017AME5031_TP_V

    584: 名無しさん@おーぷん 2016/11/20(日)04:46:27 ID:0c1
    玄関がオートロックのマンションに住んでいたときの修羅場です
    部屋にいたときにチャイムが鳴り、画面を見ると私宛の荷物を直接届けたいという配達業者が見えた
    普通はおっきい荷物はコンシェルジュに渡すんだけど、直接渡したいのかーと特に疑うこともなくマンションに入れた
    それから待ってたんだけど、いつまでたっても来ない
    何なんだったんだろうと思いつつもその日は寝た

    そして次の日、出かけようとするとなんだか人だかりと警察が
    なんとマンション内でストーカーに要通り魔があったらしい
    その時はセキュリティ破って侵入したの?!
    おいおい大丈夫ですかいな…とガクブルしてた
    そして後日、なんとマンションにストーカー入れたのか私だと判明
    え?ええ!?と軽くパニック修羅場に
    話を聞きたいから警察に来てと言われたが、都合が悪く2週間後に出向いたけど、
    動機がひどくなってその日は早々に退散
    さらにさらに後日警察に落ち着ける場所でならと条件をつけて話したけど、記憶が真っ白であやふやな事しか言えなかった…
    まさか自分がこんな事件に巻き込まれるなんて重いもしなくて、数ヶ月落ち込みました

    zzzzzzzzzzz

    163: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)14:12:44 ID:gB6
    フェイク少しあり、辻褄合わなかったらすみません。

    お金がなかった頃、2年間くらい学生中心の安いマンション(一応マンションの括りだった)に住んでた時のこと
    ある夜、郵便受けの前で私宛の郵便とチラシなんかを仕分けてたら、いきなり後頭部を固いもので「ガンッ」と殴られ、勢いよくおでこを郵便受けに激突しそのまま横にドサッと倒れてしまった

    訳が分からず、かなり痛くて泣きながら見上げると、コンクリートのブロック?を持ったままこちらも若干泣いてる若い娘さん、と言っても私と同い年くらいの子がいた
    するとその子は「え?あれ…?」と狼狽えながらぺちょんと尻餅をつき、その後ろでサラリーマン風の男の人が通報してるのが見えたところで、私の記憶は途絶えてる

    気づいたら病院のベッドで横たわってて、母親が横でお茶飲んでた
    結果から言うと、まず怪我は本当に大したことなくて、血が大げさに出たくらいだった
    また私のことを殴った女セイは実は私3つほど上で、なんと1年ほど女セイのストーカーによるノイローゼに悩まされていたらしい
    その時髪をばっさり切った私の後ろ姿がとてもそのストーカーにそっくりで、自分の郵便受けを漁ってるように見えた為、このようなことをしでかしたと、退院後にかなりの額のお金を携えて、自身の両親と一緒に私の家に謝罪しに来てくれた
    私は母親から人間違えで殴られたとしか聞いてなくて、かなりムカついていたが、その事情と、女セイのやつれ具合にかなり気の毒になってしまい、お金は治療費しか受け取らず(かなりごねられたが)、母親が私に置いていった、地元の名産品を渡した
    この件がきっかけで、すぐに女セイは実家に帰り、私もしばらくして転勤で引っ越すことになった
    殴られたことより、ショックで失禁していたらしいとコッソリ教えられたことが修羅場だった…orz

    その女セイが子どもが生まれたと連絡をくれたので、なんとなくカキコ

    このページのトップヘ