ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    セクハラ

    EL140093911_TP_V

    99:名無しさん@HOME2008/08/25(月) 14:07:39 0
    びっくりした事でもあるんだけど。
    トメは典型的に私の子育てに口を出してくる。
    本人は親切心のつもりが、私にはウザイだけで重荷。
    で、日曜日に夫と偽実家へ行った時もやれああしろこうしろと煩い。
    夫も「俺たちのやり方があるの!それ以上ウザイと孫とあわせねーぞ!」と
    脅すも、全然効果ない。
    夫には何を考えてるか判らないオタクっぽい兄がいる。
    義兄は、一人暮らしで仕事こそしてるが言い方悪いけど見た目がスゴイ。
    巨大だし、TシャツをズボンにINだし、髪の毛はズルズル長いし、親戚の話だと少女のフィギアとか言うのが好きらしい。
    昨日は義兄が来てて、義兄が来てる時は私は悪いんだけど凄く警戒して娘を抱いている。
    そんな義兄がいるのに、トメはやれその場で乳あげてみろ見てやる。やり方とか指導すると煩い。
    夫も交えて「やれ!」「ダメだ!」「別室へ行く!」「かえる!」のやり取りをしてると。
    義兄が机をバン!と叩いて、立ち上がった。
    「え?」って思って全員で義兄を見たら、義兄がトメの腕をつかんで叫んだ。
    「母ちゃん!他人の男が俺がいるんだぞ!?キモイに決まってるだろ!アホか!」
    って叫んで、サッとふすまを開けて、
    「嫁子さん、あっちが父ちゃん(ウトは亡くなっています)の書斎。誰も使ってないから。」
    と、そっちへ逃がしてくれました。
    私も凄く悪い思考の持ち主で、「まさかカメラとか仕掛けて!?」とか思ったけど、そういう気配もなく。
    ゆっくりと授乳できました。
    戻ると、義兄がトメと夫を説教中。
    「母ちゃんはそうやってお婆ちゃんに言われるのがイヤだって自分の実家で俺たちを育てたんだろう?
    夫君も、怒鳴るだけじゃなく嫁子さんと娘ちゃんが落ち着くまで家に無理に連れてくるなよ!」
    人は見かけによらないものだなーって思いました。
    義兄に帰りに「嫁子さん、俺がいるとき警戒してるでしょう?嫌な思いさせてゴメンな」
    って言われて、「ごめんなさい」と謝ってしまいました。
    帰りがけに夫に聞いたら、義兄にはちゃんと彼女はいるんだけど、まあまだ結婚までに至らない感じらしい。
    それを早く言えって!先入観だけで見てた私ちょっと恥ずかしい。
    けど義兄超感謝です!

    chitoseIMGL1837_TP_V

    41: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 10:03:40.60 ID:GKmvuAja
    白人ナンパ師のニュース見て思い出した、職場先輩の武勇伝。

    仕事でとあるレストランの「開店○周年記念立食パーティー」に参加した。
    当日は彼の友達、取引先含めたくさんの人が集まりとても賑やか。

    最初の1時間くらいは楽しく過ごしてたんだけど、
    私と先輩(女)に話しかけてきた白人男がクマジでクソだった。

    酔っぱらってるらしく、英語で「これからホテル行くか?w」
    「お前ら日本女はすぐやれる!白人大好き雌豚どもw」と暴言。
    基地外だどうしようと黙ってたら「あれー?バカだから英語わかんないかw」と煽る。

    で、そいつがニヤニヤしながら先輩の腰に手をまわした瞬間、
    先輩がスパーーーーーーーン!!!とビンタ。
    さらに「英語くらい分かるっつーのwあっち行けよ、ルーザーw」
    と英語で言い返した。

    白人男は頬をおさえて半笑いでブツブツ言って立ち去った。
    会場がうるさいせいで誰も気づいてなさそうで、
    刺されたり殴られたりしたらどうしよう!とガクガクしてた。

    ナンパ師男みたいなアホ白人って、一定数いるのかもね。
    動画見たけど腹が立ったなぁ。
    先輩の行動は一歩間違えばかなり危ないから、真似できないししない方がいいけど
    あのアホ白人が悔い改めていることを願う。

    chitoseIMGL1848_TP_V

    61: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/18(木) 16:14:46 ID:6GJlq7+o
    相手は40代ピザで取り引き先の男セイ
    自分はセンスが良くて紳士って振る舞いだが
    ヒドイ貧乏揺すりで人前で平気で放屁、
    クチャラーで食い散らかしなど同セイからも引かれる

    その彼からの被害報告
    彼は私が彼に対し好意を持っていると思い込んでボディータッチ
    社内外、電話やメールで卑/猥な言葉を吐きまくる
    使ってくれたらうれしいと卑/猥な下着やオモチャの贈り物
    「ヤラせてくれなきゃ取引先変えちゃうよw」の一言をチラつかしだした
    のでレコーダーとビデオをこっそり会議室にセット
    会議室に入るや否やいきなりピザ親父後ろから抱き着いてきて
    耳元で「いいだろ?いいだろ?」と囁き、耳を舐める
    「ジジイ、気持ち悪いんだよ!」って突き飛ばしたら転倒して頭を
    床にぶつけ出血して病院送り
    すぐに当社、取引先からエライさんが集まり取り調べが始まった
    病院帰りのピザ親父はカンカンで取り引き中止と息巻いていたが
    数々の証拠物品とビデオとレコーダーまで出すと
    ピザ親父は亜wせdrftgyふじここlp;@エライさんが
    「この件については不問にして当方できちんと処分します」
    と平謝り、しかしピザ親父は「彼は俺のことを愛しているんだ~」
    「これは彼と俺との問題で~」などと叫ぶので

    「私は男セイには興味ありませんし、女セイだったとしてもあなたとはお付き合いしません」

    とキッパリと言うとピザ親父は更にふじこるがエライさんと
    部下に抱えられて退場、その後ピザ親父は子会社に出向、しばらくして退社した
    自分にはお咎めはなかったしばらくして退社した
    女セイが勘違い男に追いかけられる恐怖ってものすごいものだと思う
    だって男の私が男セイ恐怖症になったから

    今は女セイばかりの職場で働いています

    kazuhiro17810007_TP_V

    655: 離婚さんいらっしゃい 2016/11/10(木) 21:40:02.96
    【自分の年齢・セイ別】 36 男
    【相手の年齢】 35
    【結婚年数】 11年
    【子供の有無】 有 女6歳
    【相談内容】(なるべく簡潔に・自分・相手の経済状況についても簡潔に)

    今日妻から離婚を言い渡されました。
    離婚理由は、同居してる私父から五年に渡り妻、子供がセクハラを受けていた。
    それを私が知りつつ、見て見ぬフリをし続けたそうです。

    しかし、私はそんな事実は知りませんでしたし気付きませんでした。
    怒り狂い外出中の父に電話して問いただしましたが、そんな事実はないとのこと。
    娘も私父に懐いてるような素ぶりは確かになかったかもしれませんが、意識したこともなく
    セクハラされているにしては毛嫌いというほどでもなく混乱しています。
    妻は娘と妻実家に帰ってしまい、訳が分かりません。電話もでません。
    離婚はしたくありません、どうすればいいですか

    anjyu619IMG_0659_TP_V4

    22: 名無しの心子知らず 2007/02/22(木) 11:21:02 ID:qT4aHTFq
    相談させてください。

    4歳の年中の女の子の母です。
    先週、幼稚園のお迎えの時、同じクラスの男児(S君)が娘のスカートをめくったり
    おしりを触ったりしていたのです。
    私はすっかり気が動転してしまって、一瞬固まってしまいましたが、注意しようとした時、
    後ろから母親らしき人が「Sくん、いやらしいよ~。」
    と、声をかけました。Sくんはニヤニヤしながら走っていきました。
    娘に「嫌なことされたら、はっきり嫌だって言わなくちゃいけないよ。」
    と言ったのですが、娘は「そんなこと言ったらSくんが可哀想だから・・・」
    と黙ってしまいました。

    担任の先生に見たままの事を話したのですが、「ふざけていたのでしょう
    これかは気をつけて見てみます。」と言われました。
    一週間ほど様子を見て、娘にまだ嫌なことをされているか聞いたところ、
    スカートめくりは続いているようで、何で先生にその時言わなかったのかと聞いたら
    先生のいない時にするというのです。

    子供同士のことにあれこれ親が介入しない方がいいとは思っていますが、
    私も5歳ごろ同じような目にあい、未だに嫌悪感が残っているので、
    娘には同じ思いをして欲しくないのです。
    毅然とした態度を取れない娘にも原因があるのは分かるのですが、
    Sくんの親の態度も許せません。娘に一言謝ってくれたら良かったのに。

    私が一人トラウマになって空回りしているだけでしょうか?
    皆さんのご意見をお待ちしております。
    長文になってしまい申し訳ありません。

    このページのトップヘ