ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    セコ

    524 :ガールズにちゃんまとめ 2013/01/12(土) 12:42:17 ID:JvUeyqsk0
    義実家が規模は小さいけど賃貸マンションを持っている。
    ずいぶん前のことだけど、警報機の取り付けが義務化されて
    うちの義父はそういうの自分でやっちゃう人だから
    各戸を回って取り付けるのに、私も一緒にアシスタントで回ったんだ。
    その時初めて、数ヶ月前に入居したばかりの新婚さんが
    高校の同級生だったことがわかった。(奥さんの方ね)
    「仕事終わったらお茶しにきてよー」って言われたんだけど
    正直高校時代の印象があまり良くなかったので
    「うん、そのうちねー」って気のない返事したんだけど
    義父が無駄に気を遣って「あと一軒だからいいよ」って言うもんだから
    仕方なくそのまま残ってお茶したんだ。
    そしたら案の定、友達じゃない~とか言いだして
    家賃の値下げ頼んできた。
    友達ったって、元同級生ってだけだし
    お弁当の時間には、みんなのお弁当を勝手につまんで回って腹拵えして
    親からもらったお昼代を浮かせてる子だった。
    そういうの、笑って済ませる同級生もいたけど私は嫌だった。
    いっつも私の好物取られてたし。

    266 :ガールズにちゃんまとめ 2015/04/01(水) 21:16:32 ID:31OqfUeu.net
    話ぶった切り御免。

    今まで自分が全く関わりのないと思っていたセコケチが最近(特にここ半年くらい)
    で高確率でエンカウントするとです。
    ここまで来ると呪われているような気がして怖くなったので、厄落としとして、
    空気読まずにまとめたら投下させて頂きます……。

    508 :ガールズにちゃんまとめ 2011/12/29(木) 10:52:08 ID:YwXlUT14
    フェイクあり。

    夫が携帯忘れたので、会社まで届けに行くついでに、
    夫に頼まれ、差し入れとしてミ○ド200個買ってった。
    あの細長い十個入りの箱を詰めたダンボール二箱+紙袋を車から出していたら、
    駐車場にいた派手目の女忄生に、
    「それどうするの?」と聞かれたので、
    「夫に頼まれた、会社への差し入れです」と応えたら、
    「まあ、ありがとう。私、ここの社長の妻なんだけど、一箱いただいてもいいわよね」
    とダンボールの一番上の箱を持って行かれそうになった。
    「まあ、そうなんですか。あ、それなら他にお渡ししたいものがあるので、ちょっとだけお待ちくださいね」
    と言って、会社に入り、一階にいた何人かに出てきて貰った。

    私「この方のこと、御存知の方いらっしゃいます?」
    女忄生「ちょっと、貴方失礼なんじゃない?主人に言いつけるわよ!!」
    「貴方の御主人ってどなたですか?」
    「ここの社長だって言ってるでしょ!!貴方、頭おかしいんじゃない!?」
    もういいわっと、女忄生、ミスド奪って逃げようとする。その様子は全て録画。
    騒ぎに更に人が出てくる。
    某警備会社と、そこから連絡がいった警察も到着。
    その後女忄生、パトカー内で事情聴取。
    どうやら無断駐車しただけの、会社には全く関係ない人だったらしい。
    ミ○ド10個くらい、とられてもかまわないけれど、
    これからも私の名を騙って悪さをされると困るので、厳重注意して貰いました。
    まさか自分の偽者に遭遇する日が来ようとは…。

    にちゃんに初めて書き込みだ~、と帰ってきたら、義妹から
    どうやら義妹のママ友が、ウチの別荘に勝手に家族で向かったらしい、
    迷惑掛けそう、ゴメン、と連絡があった。
    …今日は一体どうなっているんだろう。

    661 :ガールズにちゃんまとめ 2013/11/22(金) 11:20:25 ID:qRdol/J9
    年少で幼稚園に入園させたら同じクラスに超~美人A子ママがいて、明るいしさっぱりした忄生格で友達も多く、みんなからの好感度も高かった。初めて見たとき片瀬那奈みたい!と思った。

    ところが付き合ううちにセコケチというか「意地汚い」部分が露呈してきた…
    子が幼稚園に行っている間に、同じクラスのママさんが6人ほど集まりホームパーティ。
    そろそろお開き、という時にA子ママは「これいい?」とも聞かず、余った食材をねこそぎラップなどに包み始めた…。「うちの子たちすごい食べるのよ~」と言うのでみんなも「いいよいいよ~」という感じで気にしていなかった。

    このページのトップヘ