ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    バイト

    MKJ_esumeraruda_TP_V4

    103: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/12/13(土) 13:36:11 ID:wbuFdDRU0
    ちょいと心にあるものを吐き出させてくれ。
    来年の状況を考え少しでも現金収入になればと前々から考えて
    一昨日から夜のファミレスのバイトに行き出した。
    昨日が2日目になるのだが、初日に何も出来ないから後ろから
    見て下さいと言われ、ついて回る状態だったが・・
    昨日からいきなりいろんな作業を言われ「昨日後ろで何見てたんですか?」
    「深夜は自給高いから1日で全部憶えてもわらないとダメですよ 年齢も
    いってるんですから!」と自分の子供と同じ21歳のバイトのリーダー
    にボロクソ ケチョンケチョンに言われて・・・俺45才。
    夜中1時あがりが、明け方3時過ぎまでボロクソいわれながら
    手順を教えられ・・もちろん1時あがりだから2時間は無給で。
    その時は自分は思った以上にカラダと頭が動かなくなってると実感し
    情けないやら。ただひたすら「すいません。申し訳ありません」
    と何度繰り返したことか・・・
    22年間、某会社で働き管理職で面接やら人事やら
    教育やらやってきた立場。独立5年。勘違いだけど少なからずもプライド持ってた
    だけどバイトを行く決意をした時にそのプライドを捨てて
    とにかく出来ることをやるだけやってみよう!と心に誓いバイトに臨んだ
    嫁は腰が悪く、働きに行けない・・自分が独立して作った借金
    迷惑はかけれない。子供にも変な苦労はかけたくない。

    昨日、いや今朝の5時に布団にもぐりこみ眠れないまま朝、
    いつものように朝、自分の店を開店させて・・・
    昨日バイトで教えられた手順をメモに思い出しながら書きとめて・・
    教えられてるときにメモは取るな!取ると憶えない!と言われ
    手順は全て頭に叩き込み、自分の確認用にと作成し
    店の中で一人接客マニアルの言葉を何度も発声練習してたら・・

    初めて嗚咽ってのを漏らした。恥ずかしいが涙が溢れてきた。
    プライドは捨てた・・だけど、一生懸命働いてきてくれてるお父さん
    一家の大黒柱、子供も嫁さんも信頼して頼ってくれてる。
    そんなことが頭に浮かんだら自分の中でこみ上げる物が・・・
    こんな恥ずかしい姿を見られたくない・・情けない・・
    そう思うと店の片隅で泣き崩れてしまった。それ自体情けない。

    厳しい世の中。もっと厳しい人もたくさんいる。
    今まで楽?してた報い。ズタボロになっても踏ん張らなきゃ
    いけない・・それほど厳しい状況。だからこそ乗り越えなきゃ
    それを乗り越える我慢強さと心の強さがないとと自分に言い聞かせて。
    既に負け犬?負け犬の遠吠えかもしれない・・・でも進んでくしかない

    すまない。しょうもない愚痴して。でも少しスッとした
    ありがとう。

    582

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/16(月) 08:57:52.04 ID:CcEYhP4f0.net
    通常ユニフォームとサンタコスユニフォームの二つ持ってて返さずにばっくれた
    何度か電話と手紙が来てたけどめんどくさいから無視してたら裁判所から出廷命令がきた

    511

    884: おさかなくわえた名無しさん 2008/10/12(日) 22:18:06 ID:THmsROOO
    昔、着ぐるみ着てバイトしてた。
    俺はパンダで、他にも仲間たちがゾウだのコアラだの演じてた。
    まあ演じるっていうか、手を振って子供に媚びを売るんだけどね。

    ある日、とにかく暴れるというか、他の子供を強く押したり蹴倒したりして着ぐるみに寄り、
    抱きつくとかではなくて蹴ったり殴ったりするDQNガキが現われた。
    親は夫婦揃ってプリン髪のバカ(若)者で、ヘラヘラ笑ってるだけ。
    被害を受けた子供の親はDQN夫婦を睨むが、何も言えない。
    そのガキが俺の所に寄って来た時、俺は昔読んだコラムだかマンガだかを思い出した。
    それは『可愛い着ぐるみを着て、子供を抱き上げ、その子にだけ聞こえる声で「杀殳すぞ」
    と囁くという”イタズラ”』だった。

    N853_mankainonanohana_TP_V

    399: 名無しさん@おーぷん 2016/04/11(月)14:11:31 ID:71f
    ここでいいのかわかりませんが投下します。

    数年前に本屋でバイトしていた時の事。
    マンガ系専門の本屋で当然成年向け商材(工口本)も隔離されて扱っており
    最近はネットで買えるのに明らかな未成年な勇者が専用レジに持ってくる事もしばしばある。
    勿論売らない訳だが、中には微妙な顔つきの客もいるわけで免許証や身分証明書の提示を求める。

    その時はシフトで成年向けのレジに入っていた。
    そして明らかに未成年で高校生なりたて位の幼さの残る少年が
    工口漫画を5冊ほど緊張した顔つきでレジに持ってきた。
    未成年だろうが、一応身分証提示を求める。

    俺「年齢確認が必要な商品ですので、失礼ですが身分証明書などをお持ちでしょうか?」
    少年「え!?いえ、無いです…。」
    俺「保険証でも構いませんよ?」
    少年「何も持って来てません。」

    そんな時は、とっさに干支や生年月日などを聞いてみる事にしている。

    俺「お生まれになった干支はわかりますか?」
    少年「え、干支??」
    俺「はい、何年生まれとかあるじゃないですか。あれです。」

    少年「ああ!えっと… さ そ り 年 です!! (`・ω・´)」

    俺「???……………(;゚;ж;゚; )ブフォ!! 」
    俺「ささ、さそり年ですか??(それは星座やろうが!)」
    少年「??? はい!」
    俺「あー…残念ですがさそり年はありませんね…すみませんが売れません。お帰り下さい。」
    少年「ハイ… (´・ω・`)」

    ってことがあった。
    自分の干支もわからない子がいるんだなと思った笑える衝撃的な体験だった。

    このページのトップヘ