ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    ババア

    555 :ガールズにちゃんまとめ 2009/12/26(土) 15:04:16 ID:YCpo11kW
    数年前の年の暮れ、うちが商売やっていたときの話。
    ある日の正午頃、店でパートしている図々しいババアから俺の携帯に電話があり、
    「大変です!売り上げ金を数えてみたら、10万円足りません!」とのこと。

    このババア、40台半ばで入社数ヶ月。子持ちを理由にしょっちゅう無断で休むので、
    店としては悩みのタネだったが、とにかく人手不足だったのでこっちも我慢して使っていた。
    売り上げ金てのは当座に入れる現金のことで、普段は責任者に管理させるのだが、
    その日は午後から早上がりというので、金庫から金を出し、俺が店に到着するまでの数時間、
    そのパートに預けることになった、というわけ。

    (数えてみたら足りません…って、バカが無い知恵糸交って考えた結果がこれかよ…)
    犯人は最初から分かっていた。パートに「現金○○円を預けるから」とは言ったが、
    「現金を数えろ」とは一言も言ってない。まあ、今までの職務怠慢もあることだし、
    このババアには地獄を見てもらおう、と俺と若手社員君の二人で店に向かった。

    店に着くやいなや、俺は「自販機の金を数えてきて!大至急!」とパートに命じ、店の外へ向かわせた。
    若手社員君は店の事務所(営業時間は無人のことが多い)へ急行。後に彼が手柄を立てることになる。
    その間俺は、パートの私物をチェック。カバンや上着の中にはない。とすると残る可能性は一つ。
    これが現在の残金です、とパートが戻ってきた。自販機の小銭を計数気で数える俺。
    「う~ん、やっぱりいつも通りの売り上げだなあ。パートさん、ちょっと時間ある?バックヤードまで来てくれる?」
    と本人の同意を得て裏に連れ込む。そしてまずは平身低頭に言う(これがコツ)

    「あの、大変申し訳ないんだけど。いや、貴方を疑ってるわけじゃないんだけどね。
     念のため、身体検査させてくれる?なに、ポケットとか、簡単なところでいいから。」
    「ええ、いいですよ。そうしてくれた方が、あたしも身の潔白を証明できますし。どうぞ」
    とまずは胸ポケット。次にズボンの前ポケットと後ろのポケットを調べるが、やはり出てこない。
    「ごめんね、疑ったりして」とこれで終わりにしようとした。「店に戻りますね」とパートが言い、
    俺は黙って、しかし鋭い眼力でパートの動きを追った。(続く)

    81 :ガールズにちゃんまとめ 2017/01/20(金) 16:35:59 ID:9Xy
    満員電車でぼんやりゲームをしていたら、目の前にいたチリチリパーマのおばさんが
    肘を押し付けてきたり尻を押し付けてきたりしてなんだこのおばさんって思いつつ、
    乗車率100%を超えてるんじゃないかってくらいの満員電車だったから
    狭くてイライラしてるんだなーと思いつつゲームに戻った。
    しばらくゲームに熱中していたら、数分後におばさんが大声で叫びだした。
    なんだ?って思って顔を上げたら私のことを指差して、痴漢だってさ。
    女ですけど?
    同性だから痴漢ではないという理屈はいまいち説得力にかけると思いつつ、近くにいたおっさんと目を合わせて苦笑い。
    「痴漢などしていません。かばんが当たっていたのなら謝ります。でも・・・」
    「私のパンティーを触った!!訴えてやる!!!嫌なら示談金よこせ!!!!」
    「や、だから・・・触ってない・・・」
    「言い逃れするのか!!はんざいしゃ!!!!」
    どんどんヒートアップしていくおばさん。ゆとり世代で豆腐メンタルな私は怒鳴られるだけで泣きそう。というか泣いた。
    まともに聞いてたら余計泣くと思って、おばさんの罵詈雑言を聞き流しながらパンティーってリアルでひさしぶりに聞いたな・・・とか考えてた。
    とりあえず降りたほうがいいかなと思い次の駅で降りたのだが、証人を誰かにお願いすべきだったとあとで後悔。
    寒いホームでもおばさんは元気にヒートアップしていった。私は涙声でやってないと叫んだが却下された。駅員はこういうときにすぐ来るわけではないらしい。
    ヒートアップしたおばさんがかばんを投げてきて顔にヒット。殴りそうになったが、同じレベルに落ちてはいけないと冷静に対応。
    誰がお前みたいなババアの尻なんて触るかって言ってやりたかったが、痴漢されたときに犯人と思しきおっさんにそう言われて泣いた経験から言えずにいた。
    しばらくして駅員2人が来た。駅員室?に連れて行かれそうになったが、行ったら自主と同じと聞いたことがあったので拒否した。
    でも、後から思えば往来で罵詈雑言を叫ばれ続けるよりは行っておいたほうがよかったのかもしれない。
    それから事情聴取?をされ、自分はやっていないことをなるべく冷静に主張した。
    これ以上の侮辱は耐えられないので駅員に連絡先を伝え帰った。駅員室?で休息を勧められたが断った。何かあれば電話をしてくれと言ったが今のところ特に連絡は無い。

    相手の主張を受け入れず、女相手に痴漢と息巻くおばさんの神経がわからんという話でした。

    このページのトップヘ