ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    プリン

    zubotty19420DSC_9250_TP_V

    56: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/25(水) 14:27:51.53 ID:R6BtQpWB
    ガラガラの電車に乗ってた4歳くらいの男の子と
    向かいに座ってた蝶野みたいなイカツい兄さんと
    その彼女らしい化粧濃い目の美人さん。

    男の子がてこてこと兄さんのところに歩いていき、
    「なにたべたらおおきくなれる?」と。
    兄さん、予期せず話しかけられて焦る。

    兄さん「え?え…あ~…肉…と野菜をバランスよく…」
    男の子「いっぱいたべる?」
    兄さん「うん、好き嫌いしないでな」
    男の子「なにがすき?」
    兄さん「やっぱ肉かなぁ…」

    彼女「あなた、プリン大好きじゃんwww」

    その瞬間男の子は一緒にいたおじいちゃんとおばあちゃんのところに
    飛んでいき、「じーじ!プリン!!プリンだって!!」と報告。
    じいちゃんニコニコしながら「プリンかぃ。じぃじが○○くんくらいの
    ころにはプリンがなかったからねぇ」とwww
    男の子、「だからじぃじちっちゃいんだ!!」と目から鱗の表情www

    しばらくして兄さんと彼女は男の子にバイバイしながら下車、
    兄さんの姿を見送りながら男の子は「プリンかぁ…」と呟いていたw

    車両に5人くらいしか乗ってなかったけど、みんなニコニコしてたよ。

    33 :ガールズにちゃんまとめ 2014/09/07(日) 00:55:44 ID:AcPoucIyc
    流れをぶった斬る。
    長文ごめん

    wプリンしてた元糞両親。互いの浮気相手が拒否った為、当時厨房だった兄と赤ん坊だった妹は捨てられた
    その後、元糞両親達は再婚。俺は一気にDQNになったw
    黒歴史をこれでもかと大量生産した工房時代だったが、父方母方祖父母を始め、多くの優しい人達に支えられた
    おかげで俺はDQNながらも院に入り、妹は優しい子に育ち、現在私立中で友人達と厨房ライフを謳歌中。

    そんな折、糞母が会いに来やがった
    運悪く俺と妹がいる時に、祖父母に会いに来たところにバッタリ。

    久しぶりに見た元糞母は、同級生に散々羨ましがれたくらい美人だったのに、ぶくぶく太っててニキビビッシリ顏のデブスになってたw
    しかも全身青アザだらけ。なんか怖かった
    家に上がってこようとして妹を見て笑顔を浮かべ手招きをしてたが、妹は化け物を見たような顏をして号泣。暫く俺にしがみついたままだった(妹に両親の記憶はない)
    俺もなんか汚らしい笑顔を向けられ立派になっただの何だの言われたが、正直血縁関係否定したくなるくらいブチ切れてた。

    俺と妹捨てて真実の愛とやらに走ったくせに、今は全く幸せじゃないんだと
    再婚相手はモラハラDVパチンカスサイマーでマザコンだったらしく、姑にいびられるが再婚相手は姑の味方。更に再婚相手に殴られ蹴られ金を湯水のように使われ、とにかく金が無い。おまけにストレスwから元糞母もサラ金から借金しまくり、首が回らないんだとか

    俺は笑ったね。あまりにもテンプレすぎる因果応報すぎて
    元糞母は土下座して俺と祖父母に借金の肩代わりをして欲しいと頼み込んできたが、サクッとお断り
    元糞母は発狂して妹に風イ谷で働けとほざいたので怒鳴って塩撒いて追い払った。その後は知らない

    あ、元糞父は再婚してから二年後に電撃離婚。更に四年後にセルフアボンした
    一応長男の義理で葬式は出してやったが、骨は無縁仏に入れた

    文にすると、あんまし因果応報無いかな
    最近妹や従兄弟達と遠出した際、マツコデラックスも顔負けの巨体になった糞母を見かけたので投下。

    40 :ガールズにちゃんまとめ 2012/10/18(木) 23:47:05 ID:mu0xFAsT0
    旦那が職場不倫の末12個下の女を妊娠させた。
    子供三人いて、職場でもマイホームパパで有名だったのに。
    うちでもいつも優しくて、子供の面倒もよく見てくれるいいパパだったのに。

    944 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/26(月) 10:03:35 ID:Isr
    百年の恋も冷めた瞬間、かこちらかどっちにしようかと迷ったんですが、
    結局こちらに書かせてもらうことにしました。
    調停で、去年離婚したんです。
    元々結婚したのは、私が元夫のことが好きで好きでたまらず、
    彼が浮気してても気づかないふりして我慢してた。
    彼もわたしならどうとでもできると思ってたんだろうと思う。
    今考えると彼は私のことなんか好きじゃないけど、なんでもいう事を聞く家政婦がほしいと思って
    結婚したんだろうなと思う。
    結婚してから、すぐにまた浮気を始めた。
    それでも、長く一人との浮気はさすがにまずいと思っていたのか、
    あとくされのない相手ばかりだった。
    でも結婚して二年くらいしたころに付き合い始めた相手のことはかなり本気モードだったのだと思う。
    私が知る限り、2年くらい続いてたと思う。
    それでも何も言ってこない私に彼女が切れて、自宅にまで別れろと言ってきた。
    そこまでされてたのに、私は離婚したくなくて、彼に浮気してもいいから、
    離婚したくないって泣いてすがった。
    有責側から離婚できないってほんとだね、彼の方で弁護士はさんで話し合いをしたんだけど、
    私がどんなに良い条件を出してもうんと言わないから、無理ってことになった。
    その間に私の実家に彼が彼女と一緒に浮気してるから、娘を説得してくれと言いに行ったり、
    義実家から、呼び出されて、ここまでされてるのに、別れないのは頭おかしいとか言われたりもしたけど、
    やっぱり好きなものは好きで、離婚はしたくないと粘った。
    そうしているうちに彼女の方が愛想尽かして彼から離れてった。
    それから彼もあんまり浮気しなくなって、なんか平和に暮らしてた。
    避妊してたわけでもないのに、なぜか子供もできなかった。
    でも一昨年の夏に彼女が結婚するらしいって彼が聞いてきたんだよね。
    そんで、晩御飯の時にポロっと、「幸せにしてやれなかったから幸せになってほしいよ。」
    って言ったんだ。
    なんかそれ聞いた瞬間、今までの好きって気持ちが一体どこに行ったのかって不思議になるくらい、
    スーッと熱が冷めた。
    それからすぐに彼に離婚したいと彼に言った。
    彼は私が彼女の結婚の話を聞いて嫌がらせをしようとしてると思ったんだろうね。
    彼女の幸せを壊すようなまねはするなって言ったんだよね。
    私は彼女のことなんかこれぽっちも考えてなくて、ただ彼のことが嫌になっただけだったんだけど、
    彼がそういったことで、そうか、私にはその権利があるんだなって思いだしたの。
    それで弁護士に相談に行って、彼と彼女にされたことを克明に記した日記や、
    彼の両親や、親戚からされたことや、彼女の両親や兄弟からされたことを話したの。
    弁護士も内心なんで今更、と思ったとは思うんだけど、それは大変でしたね何て優しい言葉をかけてくれたりして、
    彼女に慰謝料を請求することにしたんだよね。
    結局最終的に彼女は破談になって、私は、彼女から、324万という半端な金額をもらって、
    1年ちょっとの時間を調停に費やし、彼から慰謝料と財産分与と離婚をもぎ取ったのでした。
    なんですぐに彼が離婚しなかったのかはいまもわからないんだけどね。

    561 :ガールズにちゃんまとめ 2010/01/13(水) 08:16:25 0
    長文になりますが…

    結婚7年目で小梨夫婦です。
    一度子を流産して以後子供に恵まれず、二人で「子供がいなくても二人仲良くやっていこう」と話し合いました。

    今年の6月頃に大きなケンカをして、仲が戻るまで3ヶ月ほどかかりましたが
    その後も元の鞘に納まったようにみえましたが、
    先日、夫からその時浮気していたことを告げられました。
    そして、その女性が妊娠していることも同時に告げられました。
    ここしばらく夫の帰りが遅かったのはその女性との話し合いをしていたからだそうです。

    夫は浮気はその時の一時的なもので今は後悔しているし、別れたくない。
    彼女とも関係は確かにあったが、憂さを晴らすためのもので恋愛感情すら無かった。
    子供は堕ろすようにお願いしたが聞き入れてくれず、妻と離婚して自分と結婚しろと言い張り
    話は延々と平行線を辿っているようです。

    そして一昨日、夫から「彼女を含めた三人での話し合い」の案を出されました。
    案というか、彼女がその場を設けないとタヒんでやると言ったそうです。
    夫は私がツラければ出なくても良いといいながら、私にも彼女の堕胎をお願いすることを期待しているように思います。
    私は何となく「じゃあ水曜日(夫のノー残業デイ)の夜で」と答えてしまい、今晩会うことになってしまいました。

    情けないことですが、私は夫の浮気という現実を未だに信じられず
    ましてや、相手の女性が妊娠してしまったというのも凄くショックで
    夫に離婚したくない愛してると泣きつかれても何だか夢の中にいるようで
    未だにこれが現実なんだろうか?というなんだか妙な違和感を感じています。
    今日の話し合いがどうなるのか、自分でもどうしたいのか未だにわからず混乱しています。
    今日、私は一体何をどう話せば良いんでしょうか?
    何だか情けない話で申し訳ないです。
    どなたか、客観的な視点でのアドバイスをお願いします。

    このページのトップヘ