ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    ラーメン屋

    PPP_sudaretoakaihana_TP_V

    389: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/09(日) 13:51:46.53 ID:s1KLTDcx
    ラーメン屋に老人3人(男2女1)が来た。
    全員つけ麺を頼んだのだが、つけめんはラーメンより量が多く老人にはきつめ。
    が、さらに今は大盛りが無料となってるので、老人3人は全員大盛りにした。
    「けっこう量あるけどおk?」ということと、「硬めの麺だけどおk?」ということを
    老人やお子様用の対応として色々確認を取ったあとに、注文を厨房に持って行った。

    が、店長がその注文を見て「あの人達ホントに食えんの?」「無理でしょ」と言ってきた。
    俺も不安だったので色々聞きましたけど大丈夫でしたよと言ったが信用してもらえず、
    他の店員にまた注文の確認をさせに行かせる。
    老人3人は「またかよ」という感じで再確認されられ、ついには折れて麺を普通盛りにしたが、
    やはり食い足りなかったようなのでライスの追加注文までしてくれた。

    平気だって言ってるのに店長の余計なおせっかいでうんざり&余計な金を使わせたわけだ。
    こういう勝手な決めつけとかってよくないと思うのよね。
    老人をなめるな

    N612_aoiajisai_TP_V

    413: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/17(日) 09:06:38.81 ID:b01B7BFQ
    流れ無視してすまん。ちょっとスッキリしたので。

    先日、飲み会からの朝帰りに某屋台風店舗のラーメン屋にて友人3名と朝ラーメンしてた。
    朝ラーメンする客層はやはりお酒が入ってる人が多く、その日も私達4人だけだった。
    私達が食券を買ってる間に、おじさん2人(酔)がご来店。上機嫌に豪快にガハハと笑う人と、大人しくフフフと笑う人。
    ガハおじが友人一人に少しちょっかいかけたんだけど、フフおじが「ごめんねー」と止めてたから助かった。
    見たところどうやらガハおじはフフおじの先輩らしい。

    その後に6人はほぼ同時に食券を出した。
    で、ラーメンがほぼ同時に全部上がって私達は食べ始めたんだけども、おじさん達は喋り中心になっていて全然食べない。
    私達も喋りはしてたけどおじさん達ほどじゃない。

    で、やっと食べ始めたら、ガハおじが「ぬるくないか?」と呟いた。
    そしたらフフおじも「ほんまや」と。
    いや、同時にあがったこちらのラーメン、なかなか熱いっすよ。
    と思った直後、




    「ぬるいんじゃボケえええええ!!」

    534

    979: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 23:30:29.69 ID:c5i+KT/Z.net
    ちょっと聞いてくれ。某ラーメン屋での出来事。
    家に御歳暮でもらった海苔が余っていたもので、ラーメン屋に持ち込んで自らトッピングして食べてたの。
    何度か同じ事を繰り返していたら、ある日店主が鬼の様な顔して怒り始めてドンブリを取り上げてもう返って下さいときた。
    海苔くらいで、そんなに怒る事ないと思うのだが、皆んなどう思いますか?

    ちなみにその店には海苔のトッピングはない。デフォでも海苔は入っていない。
    食券制なので先払いで、返金もなかった。
    いきなり、ドンブリを取り上げられた屈辱は一生忘れない。

    ERY86_akaibara20140512_TP_V

    5: 名無しさん 2014/03/30(日)15:26:05 ID:VkefhuKdv
    ギョーザ定食頼んだのに唐揚げ定食出してきたラーメン屋の看板の
    「ラーメン」に横線を書き足し「ラーヌン」にしたった、執拗に

    そしたら1ヶ月ほどした頃、表記が「らーめん」に変わってたので
    先っぽを捻って「らーぬん」にしたった、執拗に

    1週間ほどで「拉麺」になってたので許した

    230

    550:名無しさん@おーぷん2015/04/27(月)23:28:47ID:W0M
    先日主人とラーメン屋でご飯しにいったのですが
    私はトンコツと醤油で迷っていて、結局両方頼みました。
    細身ですが大食いなので二人前なんぞ普通です。
    頼んだときも「じゃんじゃん持ってきて」と伝えました。
    しかし、しょうゆが届いた
    あとなかなかトンコツ来なくて文句言ったら

    このページのトップヘ