ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    不審者

    MMO_usaginokukki-_TP_V

    563: 名無しさん@HOME 2015/07/20(月) 16:48:32.89 0.net
    雑談の流れ切ってごめん
    他の人と比べたら未遂?だし修羅場感は薄いけど。

    今日午前中に掃除も終わって一息ついてたら、玄関のチャイムがなった。
    インターホンでたら「宅配便です」って。
    普段なら「佐●です」とか「ゆう●ックです」とか言われるから、あれ?って思って、
    どこの業者さんですか?って聞くと「…ヤマトです」
    でもヤマトって宅配便じゃなくて宅急便じゃん?ってなんか怪しく感じて、今出れないので申し訳ないのですがこちらからまた再配達の連絡をします、って言ったら返事がなかった。
    しばらく待って玄関見に行ったけど、誰もいなかったし不在票みたいなのもなかったよ。
    なんだよー!って思ったけど、昼寝して冷静になった今、もしかしてヤバかったんじゃないかって心の中が修羅場。
    ただのセールスだったんならいいんだが。

    C824_pinkhart_TP_V4

    552: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/02/21(火) 15:35:23.18 ID:KKvZRJvtO
    もしかしたら知ってる人もいるかもしれないけど

    東海地方の海に面したド田舎が私の実家
    小さい頃はかなり古い屋敷に住んでいたのだけど、建物が老朽化して危険ということで元の屋敷の裏に新しい建物を建てて移り住んだ
    ただ父が仕事に使う道具は屋敷裏の納屋にあったのでしばらく取り壊すことはしないとのことだった
    彼氏が私の実家に来た時には「すげー!でっけー屋敷」みたいに驚いて写メをパシャパシャと撮っていた

    しばらくして家の近くに不審者が現れるようになった
    といっても、特定の一人ではなくて不特定多数の人が何人か
    やる事も人によって違って玄関の前で写真を撮ったり、庭に入り込んで歩き回ったりされた

    004stockphoto_TP_V

    336: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:58:02.10 ID:NlFm6O1L.net
    公園で子供と遊んでたときの話。

    そこの公園は住宅街の近くにある東京ドーム数個分くらいの面積がある広い公園で、たまに大学生サークルが遊んだりボランティアでゴミ拾いしてくれていた。

    その日もゴミ拾いやってて、自分はその隣のエリアにある原っぱで5歳の娘と鬼ごっこをしていた。
    自分が鬼役で娘をゆっくり追いかけてて、そろそろタッチするぞーってくらいに近づいて娘がキャーキャー言いだしたところで、大学生サークルの爽やかイケメン風男に声掛けられた。

    男「ちょっと何してるんですか!?」
    私「え?遊んでるだけですけど」
    男「見てましたよ!ずっと追いかけまわしたじゃないですか!」
    と言い、娘と私の間に割って入る。

    変質者かなにかと勘違いされてるなと思い、
    私「その子は私の娘ですよ。親子です。」
    男「え?本当ですか?」
    私「嘘だったらあなたと話してる間に逃げてるか、親が飛んでくるでしょ。」
    娘は父親がもめてるの見て固まってた。
    男「だからって嫌がってるのに追いかけ回すなんて…」
    とか言ってどかない。

    JS745_megurogawanohanami_TP_V

    252: 名無しさん@HOME 2015/05/16(土) 11:20:03.43 0.net
    【前提】
    私は発/達持ち(ADHD強め)で、大学生当時、学生街にあるアパート1階に住んでいた。

    夏の夜の20時。
    ふと「大掃除をしよう」と思い立つ。
    雑誌をまとめているうちにシャワーを浴びたくなったので、服を脱ぐ。
    パンイチになった時点で書類が散乱しているのが気になり、パンイチのまま掃除続行。
    ところが、物事の同時進行ができない発/達の悲しい性.
    掃除をすればするほど部屋が悲惨な状態に。

    21時。
    インターホンが鳴る。
    パンイチでドアを開けるのはさすがにマズかろうと思い、足元にあったジャージ上下を
    サッと着て対応。
    ドアを開けると、そこにいたのはまさかのK察……!


    「外からお宅を覗いている不審者がいるという通報がありました」
    …えっ?

    NKJ52_rinaria_TP_V

    699: 名無しさん@HOME 2012/02/12(日) 13:30:31.10 0
    小さい頃から露 出狂によく会う。

    初めて会ったのは小学一年生。
    帰宅中、路駐していた車からオッさんに声かけられた。
    「おじさん、病気なんだ。こんなに腫れちゃって。助けて。八ァ八ァ。」
    局部出していた。確かにスゲー腫れてるw

    ピュアだった私は、おじさん苦しそう!大変!とか思ってリアルに焦った。
    でも一緒にいた友人が、このおじさん変な人だよ!ヤバイ、逃げよう!って、手を引っ張ったので走って逃げた。
    今となっては友人に感謝。

    それを皮切りに露 出狂に会いまくる人生が始まった。

    このページのトップヘ