ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    会社


    158A8204_TP_V4

    42: 名無しさんといつまでも一緒 2009/08/29(土) 23:49:50 0
    スレ違いだがちょっと書かせてくれ。


    昨日、会社の友人と飲みに行った嫁から「迎えに来て」とメールがきた。

    いつもは「迎えに行こうか」と聞いても「悪いからいいよ」と断られるのに珍しいなと思い、
    「どうした?飲みすぎた?」と聞いたら、

    「このままじゃ不倫しちゃう。お願い。早く来て」と返信が。

    一体なんなんだと思いつつ嫁を迎えに行く。
    駅前で誰か(男)と話してる嫁。
    俺の車に気付くと、男に会釈をして小走りで車に乗り込んだ。

    ちょっと興奮気味の嫁。
    飲み物を一気に飲み干し、少し落ち着いたところで話を聞いた。

    ELL19613014_TP_V

    267: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 20:03:02.93 ID:jtykj6KP.net
    数年前のこと。
    旦那の会社が倒産した。

    年末で、大きな企業に買い取られた。
    旦那の上司は結構頑張ってくれたようで旦那の部署の人は
    企業の面接とペーパー試験(名目状の)でそのまま雇ってくれると約束したはずなのに
    受けた試験は、落とされた。
    旦那の部署の事、全員落とされた。

    無職になった旦那は、そのままだらだらと
    オンラインゲームに堕ちた。

    RED19428D002_TP_V

    906: 名無しさん@おーぷん 2014/11/19(水)10:59:46 ID:dVK9fKbUA
    ちょっと長いけど投下させてください

    私は短大を出て入社した会社で事務をしてきた
    異動もなく、勤務先近くに引越して長年働いて、その間、結婚し妊娠した
    事務の私以外は全員男性の営業マンという支社だった

    安定期に入った時点で、仲の良い上司(支社長)に相談し
    社内は男性ばかりで独身男性も多いので、
    お腹が目立ってきたらみんなに報告しようということになった

    6カ月になった頃、朝礼で発表した
    既婚者にいイクメンが多かったので、マタハラもなく祝福された
    私の産休期間は派遣社員さんを雇うことになった

    そして発表した翌日、Aさんという独身男性社員が欠勤した
    Aさんを駅で見たという人がいたので、
    会社のすぐ近くまで来て体調を崩したんだろうと推測した
    そしてAさんはその後一週間以上欠勤した

    Aさんは40歳前後のベテラン社員
    Aさんが長期で休むと、支社の業務に支障が出てきた
    支社長がAさんに連絡し、個人的に喫茶店で話して、
    驚きの欠勤理由が明らかになった
    Aさんの欠勤理由は、私の妊娠だった

    zzzzzzz1

    751:名無しさん@おーぷん2015/10/07(水)11:23:49ID:A7S
    修羅場と言うには軽いかも知れんけどw

    嫁と知り合う2年ぐらい前に同じ職場に付き合ってる彼女がいた。
    その彼女の希望で社内の連中には付き合ってることは内緒にしていた。
    (いじられるのが分かってるから嫌だとか言ってた)
    内緒にしてた為に、Aというちょっと厄介な女に気持ち悪いぐらいアプローチされて困った。
    頼んでもいないのに弁当作って来たり、職場のみんなに手作りお菓子を持ってきて
    明らかに意味が含まれた他のと違うものをあからさまに俺に渡して来たり。
    要は外堀を埋めてなんとか交際にもっていきたい感じで、それが露骨過ぎてドン引き。
    そもそもAという女は俺の好みとは外見的に正反対だし、仕事上でも何かと言い訳の多いやつで
    ぶっちゃけ頭も悪かった。(名古屋で生まれ育って三重の県庁所在地を知らないぐらいに)
    付き合う気はサラサラ無いし、同僚じゃなければ存在を消したいぐらいだが
    さすがにそのまま言うのは理性がストップ掛けていたので
    適当な理由をつけて断り続けていたが、諦めてくれない。
    いっそ付き合ってることをカミングアウトしたいと言っても彼女がNOと言って出来なかった。
    ある日、資料を探しに書庫に行ったらAが入ってきて、又しつこくアプローチしてきて
    その日は色々予定通りにいかないことが重なってイライラしてたのもあって
    Aが鬱陶しくし仕方なくて、
    「付き合ってもいいけど、俺は付き合うイコール結婚と考えるタイプだから。
    俺と付き合うからには家事は一切妻にやってほしいけど専業主婦とか無理。
    専業やるなら俺長男だから結婚したら親と同居で両親の介護が出来ない女も無理。
    あ、祖母もいるから3人分の介護かな。
    そういうのやってくれるんでしょ?なら付き合うよ」
    って言ってやった。
    本当は俺三男だし、祖母もいないし、一人暮らしだから家事も一通り出来る。
    つまり全て断る為の方便だった。
    案の定Aは「そ・・・それは大変ね・・・ごめん、私には無理かも・・・」と言って去って行き
    以来スルーされるようになったので、もっと早くこの手を使えば良かったと思ってた。
    そしたら翌日彼女に振られた。

    flower420147_TP_V

    61:名無しさん2014/04/11(金)08:43:15 ID:???
    20数年前、当時まだ20代前半の独身でOLやってた。
    新しく異動してきた上司が当時うちの会社では珍しい女性所長だったんだけど
    色んな意味で注目されてたのもあって気張り過ぎてたようで、とにかく女性社員に対して厳しかった。
    その上司が着任した当日、母が急に倒れて病院に付き添った為に会社への連絡が遅れ
    始業時間を15分ほど過ぎてから遅刻しますって電話を入れたんだ。
    それがこの上司の逆鱗に触れた。

    いい年をしてママ・ママって甘えんな、会社員は会社優先!みたいな説教をされた。
    係長が横で聞いてて「私子さんは母一人子一人だから、
    お母様が倒れられたら私子さんが病院に連れて行くのは仕方のないことですよ」ってフォローしてくれた。
    それが余計に火に油を注ぐ結果になった。
    男は若い女性社員には甘い!私が来たからにはそういうことは許しません!って感じ。
    本当に絵に描いたようなヒステリックな上司だった。
    最初にそんなふうだったから完全に嫌われてしまって、その後は今で言うパワハラを毎日受け続けて鬱になりそうだった。
    なんとか踏みこたえていたのは、母に心配を掛けたくないという一念だった。
    だけど“その日”は会社に向かう通勤途中で(マイカー通勤だった)、
    前日に怒鳴られた上司の声が耳から離れなくて、どうしても出社したくない気持ちになって
    もうダメだと思って一旦家に帰ろうと路地を左折した。
    左折して200mか300mか走った時に後方から爆音が聞こえた。
    すごく大きい音だったけど、私の頭の中はそれどころじゃなかったのでそのまま走って
    ファミレスで気持ちを落ち着けてから帰宅したら、自宅療養中だった母が私の顔を見た途端に号泣。
    私が聞いた爆音は橋げた落下事故(広島の)の音だったんだ。
    生まれて初めて腰が抜けた。
    あのまま左折しなかったらタヒんでたかも知れない。
    この一件があって、人生なんていつプツンと終わってしまうか分からないと思うと
    あんな上司にびくびくしながらこの一瞬を生きるのがアホらしくなって、母に全てを話して退職を決めた。
    母には「隠し事はするな」とこっぴどく叱られた。
    その後、専門学校に通い今の夫と知り合って結婚。
    夫婦で店をオープンすることを目標に頑張って働いているところ。

    このページのトップヘ