ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    修羅場

    elly181027003_TP_V
    582: 恋人は名無しさん 2020/03/26(木) 19:24:47.08 ID:Z8zURfCZ0
    婚約してから私が昇進、彼が変わった 
    昇進ってもリーダーがチーフにみたいな程度だけど
    でも嬉しかったし、資格取るの応援してくれてた
    だから報告したんだけど、嫌な言い方しちゃったのかな。。

    毎日嫌味 
    本気にすんなよイジリだろ~って言ってくるけど
    まずご飯作っても食卓で一緒に食べてくれなくなった
    身分違うとか言って。話したいのに

    自分で選んだ自営の仕事もサボり始めてて
    諌めたら役職つきは責任感が違うな!とか、みたいな…

    結婚しても仕事続けてほしい!ていってくれてたし
    家事も負担増やしたりはしてない…はず…

    そんな嫌味いうのにさ
    せっかく2人で合わせた久々のお休みにお母さん連れてきて
    結婚の話はやたら具体的にすすめてくる。。
    一時的なものなのかな。。

    会社でも嫌味言われるのに地味にしんどい。。



    003ELLY18412_TP_V4
    473: 473 2009/09/18(金) 03:12:36 ID:TrGc2ngx0
    2chで初めて書き込むスレがここになるとは。

    俺 20(専門)
    彼女 20(医学生)
    B子 21(フリーター)
    C男 23(フリーター)

    全員バイト先の仲間(飲食系)。
    俺と彼女は付き合って1年半、そして八ヶ月ぐらい前から同棲中。
    マンネリな雰囲気は前々から匂ってきてはいるものの、お互い協力しながら時には喧嘩をしつつ、まあそれなりに幸せにしているつもり。 


    だが、冷やかしとかは二人とも鬱陶しがる性格からか
    交際はバイト先には秘密。それがだめだったのかもしれない。




    PAK42_oisisounamakaron20140304_TP_V
    前編はコチラ




    116: 84 ◆Kj3wnOXXfw 2009/05/26(火) 15:13:15 ID:lC3URjdn
    失礼します。
    手癖の悪いままスレから来たんですけど、こちら初めてなんですが最初の話から投下でしょうか?
    それとも続きからでいいのでしょうか?

    marbeeasadk_TP_V
    66: 名無しの心子知らず 2009/05/24(日) 18:24:52 ID:S3XHYrIW
    今日留守宅の我が家に泥棒侵入。犯人は20年来の友人(1歳の子持ち)だった・・・。
    被害は未遂だったのですが、未遂でも投下して大丈夫ですよね?



    011ELLY18412_TP_V
    862 :ガールズにちゃんまとめ 2016/12/02(金) 16:53:37 ID:6bAIWmqX.net
    いい話の直後にこんな話で申し訳ないんだが…

    もう引退したんだけど兄がちょっと売れた芸人をやっていたことがあって、その時期実家は修羅場だった

    ファンの子たちがご近所をウロウロして、よその同姓の御宅に侵入してしまったり
    当時私と弟は学生で、私は離れた女子高だったのでそこまで被害がなかったけど弟は中学でよく絡まれたらしい
    一戸建てからオートロック付きのマンションに引っ越したけどそこにも人が来て、弟は兄と顔が似てるので誤解されてファンの間で写メが出回ったりした

    結局県外に越したのと兄の人気が低下wしたので落ち着いたけど、父親は会社まで倍くらいの時間かけて通勤しなくてはいけなくなった
    いつも見られてるような被害妄想が家族全員にあって、仲もギスギスしてしまい常に喧嘩腰だった気がする

    最初は兄が売れたのを喜んでいた両親も次第にあんまりいい顔しなくなってしまい、兄は一時期絶縁状態
    兄なりに罪悪感もあってのことなんだろうけど、思春期だった私や弟は面倒を押しつけられた!逃げた!と思い、かなり兄を嫌ってた
    テレビで芸人さんが出てるのにもいちいち神経質になり、心が常にささくれだってたし覚えてもないような同級生から連絡が来たりしてウザかった
    極めつけとして、初めての彼氏に兄のことを隠してたのに、友達経由でバレてそれが遠因となって別れたりもした

    今では兄も芸能関係とは全く関係ない仕事をしているのですっかり平凡な家族に戻って兄弟仲も戻りました
    今思うとあれは夢だったんじゃないか?ってくらいの一般家庭です

    このページのトップヘ