ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    先輩

    SHI0322005_TP_V
    800: ◆paC4fILczV6b 2012/06/12(火) 09:28:48.36 0
    会社の先輩(A、既婚)がロミオ?だった。 
    よく私とB(同期女、当時彼氏無し)と
    C(別部署の後輩男、独身)を誘って飲みに連れていってくれてた。 
    それは良いんだが、BCをくっつけようとして、
    その過程で私とA、BとCの組み合せで行動しようとする。 
    Cは悪い人じゃないがBに付き合う気は無いそうで、
    私も彼氏居ることは告げていたのでそのうち断るようになった。 

    そしたら、A先輩から変なメールが送られてきた。うろ覚えだが 
    「私ちゃんが付き合ってくれないと、
     Bさんが遠慮して来てくれないようになる 
     Cがちょっとかわいそうなので、 
     しばらく私ちゃんが僕の恋人役になって
     彼らに男女の付き合いが素晴らしいことを教えてあげよう」 
    ?意味が分からない。 
    「私は彼氏持ちだし、
     そもそもAさんは妻帯者なので恋人役にはなれません。」 
    といった感じで返事したら
    その後は特にその件について何も話題にならず私も忘れた。 

    で、転職・彼氏と結婚で専業になったある日またA先輩からメール。 
    「今日私ちゃんを○○駅で見かけました!!! 
     最近はBさんが可愛く思えていたけど、やはり私ちゃんにはかなわない・・・ 
     でも既婚者では恋人役には不適格なんだね??? 
     だから私ちゃんにふさわしい人を紹介してあげる!!! 
     私ちゃんの彼氏には僕から良い女忄生を紹介しよう!!! 
    (僕が良く知ってる人だ、あ、Bさんじゃないよ!!!) 
     楽しみにして欲しい。。。 また連絡しますノノノ」 

    「もう結婚しました~。」とだけ返事して着拒。 
    そもそも○○駅にはその日行っていないし。
    というか転職してから反対方向になったから1年以上行ってない。 
    後でBに聞いたらAは前々から離婚でもめて別居しているらしく、
    離婚しないと言ったかと思えば、 
    急に独身に戻ればモトカノ(?誰か不明)と
    ヨリを戻せると言ったり言動が怪しいとか。 
    もしやふさわしい人=離婚したAというつもりなのか?
    と少し怖い(私の自意識過剰?)。 

    最近Aの目付きが
    なんだかギョロギョロと不気味なのでBも逃げることに決めたそう。

    FCFG100111356_TP_V
    664: 名無しさん@おーぷん 20/10/10(土)16:41:30 ID:nV.37.L1
    ささやかな愚痴

    先日職場での雑談で「よく買う野菜は何?」という話題になった
    もやしとかキャベツとかが挙がる中、
    私(アラサー独身独居)は玉ねぎだと答えた
    そしたら先輩Aさんが
    「嘘!玉ねぎなんてそんな使えないよね?」と言ってきた
    このAさんという人は、よく「嘘!」って言う
    口癖なんだろうけど、聞いてる方は結構イラッとする


    「そんなことないですよ。サラダとか、炒め物にも煮物にも
     揚げ物にもなりますし、カレーにシチュー、
     スープでもいいし、丼物にもよく使います」
    A
    「でも玉ねぎって日持ちしないよ」

    「冷凍保存出来ますよ」
    A
    「嘘!玉ねぎを冷凍するなんて聞いたことない」

    「スライスしてから冷凍すればかなり保ちますよ」
    A
    「嘘!そこまでして玉ねぎなんか食べないよ」

    「いえ、私は食べますけど」
    A
    「嘘!変わってるね~」

    同席していた人は
    「玉ねぎ安いしうちでもよく買うよ」
    「大好きってわけではないけどそういえばよく食べる」
    など言ってくれたけど、Aさんは最後まで納得してない様子だった

    それだけで終わればまだ良かったんだけど、
    その日の夜にわざわざLINEで
    「でもやっばり玉ねぎの揚げ物とか聞いたことないな」と
    送ってきたので「オニオンリング」とだけ返して寝た
    起きたら「そんなのモスだけじゃん」と返ってきていたから
    フレッシュネスバーガーのメニューを送りつけた
    また何か言ってきたら
    社食のかきあげ(そば、うどん、丼)は主に玉ねぎですって返したい

    玉ねぎ安くて美味しくていいじゃん
    何が「嘘!」なんだよばーかばーか!


    sakiphotoPAR539581123_TP_V
    904: 本当にあった怖い名無し 2011/06/18(土) 05:54:24 ID:kBDeJntKO

    とある図面上の設計数値ををちょちょいと書き換えて、

    職場の面倒な先輩を失脚させた事がある

    残業の度に一人で図面設計とプロッタの使用法を学び、
    表面上は設計なんて全く出来ないフリをしておいて、ある日こっそり復讐を決行した
    予定より多い建築資材を購入した後に間違いに気づいたあの先輩の青ざめた顔ったらなかったよw

    BL005-gannbarebannbare20140810_TP_V
    38: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/21(木) 19:36:21.52 ID:TG+G7k3X.net
    会社の先輩にいきなり突き飛ばされて
    肋骨骨折した経緯がスレタイ。 
    少し前の話だけど、会社の先輩の奥さんが出産控えてて 
    「今うちの嫁さん里帰りしてるんだ」と話してた 。 
    奥さんは出産前から
    あまり状態が良くなくて里帰りは半年位になっていた。 
    ようやく最近もう少しで帰れるくらいにはなったんだ、と 
    聞いて、出産祝いを集めて渡した。

    その時に先輩から
    「(私)さん、土曜日ヒマ?」と聞かれて、
    私は出勤だったので 
    「いえ私出勤になっちゃって。仕事なんですよ」と答えたら 
    「じゃあその帰りに俺の家に来て掃除と洗濯してくれない?
    日曜日にうちの嫁帰ってくるんだけど、
    あんまり掃除してないから頼める?」と言われた。 
    「えっ何で…私が…?」と聞いたら 
    「本当はうちの母親がしに来る予定だったけど腰傷めてさ~。
    (私)さん掃除とかうまいでしょ?
    俺そういうの結構わかるんだよね~」と言われ、
    なんだこの人、、と思いつつ断ったら 

    「いや、じゃあまあ無理にとは言わないけどさ。
    このくらい素直に引き受けないと 
    誰も嫁に貰ってくれないよ?
    うちの母親も会社の女の子に頼めって言ってたし、
    今は家事も掃除も簡単でボタンひとつで出来る時代なんだから
    余計貰い手なくなると思うけどね?」
    と薄笑いしながら言われて、咄嗟に 
    「ボタンひとつで出来るなら自分でやればいいのに」
    と口走ったらいきなりキレられて 
    「おまえ誰に向かって口聞いてんだ?!!
    黙って仕事終わりに家きて掃除すりゃいいんだよ! 」 
    「え何怒ってるんですか、、」 
    「今俺を怒らせたのはおまえだろ!
    怒ってる俺の気持ち考えてみろよ!」とか言われて、
    驚いて無言になってたら、ドンっと腹に膝蹴り入れられ
    背中叩かれて床に倒れて大騒ぎになってしまい、私は救急車で運ばれた。 
    気が付いたら警察沙汰になっていて、
    退院前に先輩の奥さん担当の弁護士さんが来て 
    どんな感じでキレられたのか、とか話して欲しいと言われて全部話した。 
    その後も何回か弁護士さんに頼まれて先輩の話をした。 
    最近先輩の奥さんから離婚成立しました、と手紙付のお菓子が送られて 
    来たので書いてみた。

    PAK160224230I9A0330_TP_V
    96:
    名無しさん@HOME : 2018/09/26(水)10:28:15.92 ID: 0.net
    はじめまして。スレチだったらごめんなさい。 
    スマホからなので見にくいかもです。 

    スペック 
    私 20 (当時短大新卒) 
    F 24? (職場の先輩) 

    私が新卒で入った会社は
    少し特殊な業界の中ではそこそこ大手のところ。
    ただ、私が入った時期は運悪く大きな案件が入り乱れ、
    とても新人教育などしている暇はない感じでした。 

    私も、初日から入社式もそこそこにそのまま現場へ投入。
    何もわからないままに指示を仰ぎながら、
    それでもとりあえず目の前の仕事をこなす日々でした。 
    同じ班に配属になった同期は居らず、先輩が3人。 
    1番上の先輩と2番目に上の先輩は、
    ちょうど仕事が佳境で 
    主に私の世話をしてくれたのは、
    1番歳の近い入社2年目の先輩でした。
    (以後、Fとします。)
     

    初めのてんてこ舞いな2ヶ月ほどは、
    Fさんがよく手伝ってくれて感謝してましたし、 

    職業柄2、3日家に帰れないのは当たり前!でしたので、
    たまに晩ごはんを買ってきてくれたり、
    差し入れをくれたりしてくれて、
    とても嬉しかったのを今でもよく覚えています。 

    しかし、仕事に慣れてくるとFさんが
    まったく仕事が出来ないことに次第に気づいていきました。 
    よく良く考えれば、みんなクソ忙しいのに
    なぜFさんは私の世話を焼く時間があるのか・・・
    彼だけ、あまりにミスが多いため仕事を振られていないからでした。 

    それでも、ネコの手でも借りたいほど忙しいので
    私はFさんと付かず離れず、
    お手伝いをお願いしていました。 
    主には、大量のコピーや夜中に運転をするので
    その際に運転やナビをお願いしていました。


    このページのトップヘ