ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    冷めた

    zubotty19420DSC_9284_TP_V

    845: おさかなくわえた名無しさん 2011/05/07(土) 14:10:32.52 ID:USIJHznI
    好きな人とカレーを食べに行った
    すると彼は私がカレーを食べる様子をジーッと見つめて「合格」と一言。
    意味がわからなかったのでどういうことなんだと聞いたら、
    昔、彼女とカレーを食べに行ったとき彼女がルーとライスをかき混ぜて食べ、
    彼はその汚らしさに怒りが込み上げてきて大喧嘩になった末、その場で別れたらしい
    彼女は「かき混ぜて食べるとライスとルーが程よく混ざっておいしいし、
    汚いのは分かってるけど家では小さい頃からこうだったからついクセでやってしまった、ごめんなさい」と。


    でも彼はもうその彼女は無理だったらしい
    カレー混ぜて食べるのは汚いと思うし実際見たら引くけど、別れるほどではないんじゃないかと思った。
    もし万が一付き合うようなことになったら些細なことで別れを切り出されるんじゃないかと思ってしまい、スーっと冷めてしまったよ

    PAK_HR0I9A2620_TP_V

    408: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 12:03:24.97 ID:30yVAn+d.net
    付き合って半年、生理でお腹痛いから今日はゴメンネ..って夜をお断りしたら
    「いや、あのさ、俺姉貴いるから知ってんだけど…。毎回生理痛なんてあるわけないでしょ?あと大袈裟すぎ」

    ズンッ!!!って冷めた

    PAK86_syabondamapu-20130512_TP_V4

    540: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/05/01(水) 00:28:47.98 ID:tpy88+dt
    格好良いなぁ素敵だなぁと思っていた既婚上司から不倫を申し込まて冷めた。
    「割り切った関係として付き合わないか?」だってさ。愛妻家&子煩悩+超有能で社内でも評判の人だったのに。

    PAK57_rousokutoichigo_TP_V

    236: 恋人は名無しさん 2015/06/12(金) 22:30:40.36 ID:m68sEf1J0
    彼女が28で処●だった。それどころか男と付き合うことすら初めてだという。
    容姿は好みはあるだろうがそこそこ可愛い方だし(少なくとも酷いブスではない)
    学校もずっと共学だったし男と全く接触しない環境にいたわけでもないのに今まで何して来たんだ?と思って理由を聞いたら
    「部活や趣味をやってる方が楽しかったし、そこまで好きになれる人いなかったし…」だと。

    部活や趣味に熱中してても恋愛と両立させてる奴なんて沢山いるし、28年間生きてて誰も本気で好きにならないなんてありえないだろ
    正直言い訳にしか聞こえなくてそこを突っ込んだら「理由なんて何だっていいじゃん」だの
    「俺君なら受け入れてくれると思ってたのに」だの「私とは遊びで付き合ったの?そんなに好きじゃなかったの?」だの泣かれて
    あーこれは何かあるな、彼女は真面目でしっかりした優しい子だと思ってたけどやっぱ高齢処●って地雷秘めてるんかなと思った。
    というかそうやって都合悪くなると泣いて逆ギレするような性格だからその年まで誰とも付き合えなかったんじゃね?手出す前に本性表してくれて良かったわ。
    別れ際に「次は俺君と違って私の初めてをちゃんと受け入れてくれて優しくしてくれる人と付き合うから」と言われたが
    その年でも処●を喜んでくれるキモいDTの処●厨が見つかるように祈っといたわ。

    valentineIMGL7105_TP_V

    619: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/16(水) 01:35:30.35 ID:oWBhfNtl
    久しぶりに会う彼氏と、外食した時の冷め話。

    料理を待っていると、机の下の方から『パシャッ』という音が・・・。

    久しぶりなのでムラムラしたのか、携帯で盗撮してた。
    でも、彼の事大好きだったし、この時点では「もうw○○ったらw」とか思ってて、大して冷めなかった。

    冷めなかったなら、優しさで気づかないフリをすればいいのに、私は何も考えずに
    「あーなんかカメラの音したけどーw」
    って、机の下を覗き込んだ。

    私としては「間違ってボタン押したーw」とか「あははバレたー!」みたいなノリを期待したんだけど、
    彼は、サッと携帯を隠して「え?なんのこと?」みたいな反応・・・。

    微妙な空気が流れて、その空気とともにゆっくり心が凍りついていったw

    このページのトップヘ