ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    友人

    AM18610001_TP_V

    571: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/10/01(水) 05:40:31 ID:ILRbpA+SO
    友人が数年前に小雨が降る峠道を車で下っていた時の事。下り道も半ばに差し掛かった頃に一台の車が猛スピードで追い付いてきて猛烈に煽られたらしい
    しばらくその状態が続いた後に、痺れを切らした後続車が追い越しをかけて来たんだと、しかし路面が濡れていた為に後続車は見事にスリップ、何回転か回った後にそのまま対向車線側のガードレールに突き刺さったそうだ

    追い越しをかけられた瞬間に減速していた友人は、その一部始終を目撃していたが幸い巻き込まれる事はなかった。…その後友人は停車する事なく、そのまま通過して家に帰ったそうな
    友人談「滑りやすい追い越し禁止の下り道を猛スピードで降りてきて、蛇行・パッシングで煽って追い越し。あげく勝手に事故した奴をなんで俺が助けにゃならんのよ、自杀殳志願者を助ける程俺はお人よしじゃない」


    うーん。なんか違うなコイツと思い、その後友人と会う事は無くなりました

    008ELLY18412_TP_V

    219: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/05/17(日) 14:41:02
    中学時代、すごく真面目な友人がいた。

    交差点で私たち自転車が優先なのに、必ず止まる。
    こっちが止まらなくても轢いたら車が責任取るんだからいいんだよと教えても、
    責任取るのは向こうでも、痛い思いするのは自分だからと言って聞かなかった。

    席替えの時(男女別に好きな席を選ぶ、お見合いという決め方)、
    私が希望した席と、彼女が希望した席が離れていたため、
    私が彼女を説得して、私の希望した席に前後に座った。


    だが、男子と対面してみると、彼女の希望した方の席の隣は、
    私が片思いしていた男子が座っていた。

    彼女が私の言いなりにならず、もっと自己主張していてくれてたら、
    その男子の隣になれたのに、と彼女を責めた。

    その男子より前に、私は今で言うヤンキーに片思いしていて、
    わざと乱暴な口のきき方をしていたが、その恋が終わったとき、言葉づかいも直した。

    だが、この彼女と友人になってから、私の言葉は元の乱暴に戻った。
    彼女はものすごく真面目なくせに、言葉だけは乱暴だったから。
    せっかく直したのにあんたのせいで、と彼女を責めた。

    彼女は誰とでも普通に話す。
    クラスで最強に嫌われているいじめられっ子とも楽しそうに話す。

    私が、あんたがアイツと話してると、私まで同類だと思われるから話さないでと頼んだら、


    「あんたよりあの子の方が、よっぽどいい子だよ」


    と、一言言われて切られた。

    中学時代の思い出。

    muscatFTHG2673_TP_V

    164:名無しさん@おーぷん2015/03/31(火)13:35:05ID:l3P
    大学時代の友人だったAの話。
    とにかく人を褒めたりおだてたりするのが上手くて、明るい男だった。
    友人も多かったし、バイト先では可愛がられ、教授には気に入られ、ゼミでもサークルでも人気だった。

    夏休みに一度Aがうちの実家の方に旅行に来たことがあって、実家に俺もいたので招待した。
    話が上手いので両親や弟にも大人気だった。

    Aが帰った後、母が「あの子楽しい子ね。でも多分ちょっと怖い子ね、可哀想な子なのかな」と言った。
    それはなんだか意外だった。


    社会人になってもAは友達に囲まれ、仕事も順調そうだった。
    ある日用があってAに電話すると、「風邪こじらして病院行ったら、なんか入院することになったよw」と言われた。
    やんわり断られたが、なんか心配で見舞いに行った。

    病院で担当だという医者に呼ばれて行ったら、「家族に連絡がつかなくて困ってる。病状が悪い。急性骨髄性白血病だ」と
    言われた。
    Aに家族の連絡先訊いても「誰も見舞いに来ないよー」とのらくらしてるので、奔走した結果、Aのアパートの保証人になってた
    一番上の兄という人と連絡がつき、病院に来てくれた。

    そのお兄さんの話では、Aの家は7人兄弟で、無職パチカスでアル中の両親に、殴られたりネグレクトされて育ったという。
    その父も10年前に失踪し戸籍上タヒ亡していて、母も3年前に失踪したらしい。
    そんな話はAから全く聞いたことがなかったので驚いた(思えば自分の家族の話はうまく逃げてた)。

    Aは回復しないまま一か月後亡くなった。
    お兄さんから「Aのアパートを片づけるので、申し訳ないが案内&手伝いしてもらえないか」と頼まれ、
    アパートに行った。

    片付けを手伝って台所の物を処分してる時、流しの下の棚の奥に、大きな鼠ランドの土産の缶を見つけた。
    開けると、ムッとした臭いがした。
    ティッシュにくるまれた3本くらいの汚い歯と、金の結婚指輪2個と、汚い水に浮いてるオッサン?の写真が2枚入ってた。

    お兄さんに「これ何でしょう」と渡すと、お兄さんはジッと写真を見た後、いきなりコンロにフライパン置いて、ライターで写真を燃やしてしまった。
    歯も指輪もガムテープでグルグルに巻いて、ポケットにサッとしまった。

    その後は少し気まずい思いで片づけをした。
    お別れの時、お兄さんから「今日は手伝いありがとう」と言われて3万も渡された。

    お金は「Aの追悼飲み会やろう」とSNSで呼びかけ、その飲み会でパーッと使ってしまった。
    勿論、気まずくなった缶の話は誰にもしてない。
    あれからもう20年近く経つけど、時々思い出すんだけど、誰にも言い辛いことなのでここに書いてスッキリした。

    母はAをああ言ったけど、やっぱりあんな楽しい、良い友達はそれ以降も出来ない。

    chocolateFTHG6681_TP_V

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/17(日)21:08:43 ID:bgS
    そいつさ、世間一般では年収的に結婚出来ない仕事に就いてるわけよ。
    なのに結婚するんだと。
    聞いたら年収は450万程度貰ってるって言うんだわ。
    けど、450万っていうとメーカー勤めの俺より貰ってることになるんだ。
    見栄張ってるのかと思って冗談で源泉徴収表見せてみろって煽ったのよ。

    AM18610017_TP_V

    132: 名無しさん@おーぷん 2015/09/30(水)16:04:18 ID:WIy
    相談失礼します。
    男性女性両方のご意見をお願いします。

    先日主人の高校時代の友達が我が家に泊まりに来ました。
    これは2ヶ月前から予定されていた事なので泊まり自体は私も承知しています。
    主人を含め男性は5人、料理なんかは大変だったけどみんなが手伝いを率先してしてくれたので私自身も楽しく過ごす事が出来ました。
    「どうせ朝方まで飲んじゃうからw」と言うので私だけが夫婦の寝室、主人達はリビングで雑魚寝になりました。
    翌朝、みんなの朝食準備のためリビングに静かに向かうとテレビが付いてるのがドアのガラス越しに見えました。
    「あれ?もう誰か起きてるのかな?」とゆっくり開けると主人友達のAがなんと自己処理中でした。
    ウソ!?と驚き、気付かれないようにそーっとドアを閉めて寝室に戻りました。
    みんな寝てるからって他人がいる中でやる!?とか友達の家でやんなよ!?とパニックを起こしていると1時間後くらいに主人達が起き始めたようでバタバタ聞こえたため、
    さも今起きたように装ってリビングに行き朝食をみんなと食べ、出掛ける主人達を見送りました。
    なんとか平静を装って送り出しまでやったけどもうとにかく気持ち悪くて気持ち悪くて、夜主人が帰ってきてから朝目撃した事を話し、すまないけどもうAさんだけは泊まりはさせないでほしいと頼みました。


    すると主人は「朝の事は俺も気付いてた。たぶんBとかも気付いてたかも?でも男はどうしても溜まるし溜まったら出すしかないんだから、たとえ気付いたとしても俺みたいに知らないふりしてやるのがマナー。
    『こんな事があったんだけど!!』って鼻息荒く俺に報告してくる嫁ちゃんの方が気持ち悪いよ。」と言います。
    他人の家でそんな事する事が非常識、したいのなら自宅に帰ってからやればいいだけの話じゃんと言っても、嫁ちゃんの方が~と返ってくるのみでした。
    1番はあんな行為を他人の家でやってたAが気持ち悪いのですが、それ以上に良識のある人間だと思っていた主人が「男なら仕方ない。」「見て見ぬふりしない方が悪い。」とA擁護に回った事に気持ち悪さを感じてしまいました。
    もしかしたら主人も他人の家であんな事をやるような非常識な変/態なのかとも疑ってしまいます。
    男性の方達にお聞きしますが、友達Aの行為や主人の主張は男性の中では当たり前なものなのですか?
    また女性の方達には、主人自身が原因ではないのにこの事で離婚を考えてしまうのはお門違いでしょうか?
    いろいろな意見を聞かせて下さい。

    このページのトップヘ