ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    同僚

    tachiaraIMGL4714_TP_V

    58: 名無しさん@おーぷん 2015/06/20(土)18:07:52 ID:2mN
    兄嫁が半年ほど前、結婚前に退職することになって(兄の海外転勤についていく為)
    その送別会が行われた時の話
    お座敷のようなところで鍋をつついて、お開きにしようって時に兄嫁がトイレに立った
    トイレが混んでいて少し遅れて戻ったら、そのお座敷には誰もいなくて
    普段ほとんど話さない隣部署の同僚だけがポツンと1人で座っていたらしい

    「え、みんなもう店出たの?」と話しかけたら、その人が「結婚するなんてウソだよね?」と
    「本当ですけど…」同僚「だって僕式に招待されてないし」兄嫁「招待してませんから」同僚「なんで?」
    なんでと言われても話もろくにしない人呼ぶわけないし、と困惑していたら
    「やっぱり、ウソなんだよね?」いやいや本当ですから!とスマホ取り出して
    兄と一緒に撮ったウェディングドレス試着姿の写真見せたら、うずくまってわんわん泣きだしてしまったらしい
    呆れて「みんなもう出たんですよね?私の荷物も持って行ったんですか?」と聞いたら
    「お願いだから!お願いだから最後にせめてオパーイ見せて!」と土下座された

    なんでだよ!と思わずその土下座した頭踏みつけて帰って来ちゃった☆
    だそうだ
    一応、送別会のメンバーは帰ったわけではなく誰からともなく二次会で向かいのカラオケに行こうって話になり
    その同僚が「先に行って大部屋確保しておいたら?兄嫁さんには僕が伝えます」と1人残ってたらしい

    umenohanaIMGL6909_TP_V

    763: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)17:15:38 ID:Vtx
    俺は2年ほど前のクリスマスの頃に、同僚A(男)の夫婦げんかに少し巻き込まれた。

    彼らの夫婦げんかの発端は、Aが奥さんへのクリスマスプレゼントを少し変わった方法であげてしまったことだった。
    Aはクリスマスイブに奥さんが寝静まったのを確認してから、
    奥さんに気付かれないように枕元にプレゼント(包装されたネックレス)を置いたようだ。
    そしてA自身も床に就いた。
    しかしAが翌朝起きると、奥さんはまだ寝ているのにも関わらずプレゼントが枕元に無かった。
    Aは、奥さんが夜中に起きて開封してどこかに置いたんだろうか?とも考えたようだが、
    奥さんはそのあと起きてもプレゼントの事は一切言わなかったらしい。

    とにかくAは奥さんに訊くのをかなりためらったが、
    不思議で仕方なかったので「枕元に何か置いてなかった?俺からのプレゼントだけど」と言ったみたいだ。
    そうしたら奥さんは物凄く驚き、慌てた様子で「えっ!あなたが置いてくれたの?なんだ…」と言い、
    クローゼットの奥からそのネックレスを引っ張り出してきたということだった。

    大体そんなところに隠すのがまずおかしいし、奥さんの驚き方と慌て方が明らかに変だったので、
    Aが「俺以外にだれが置くと思ったんだ?」などと少し問い詰めた。
    そうしたら奥さんは「あなたは、こんなサプライズやる人じゃないから」と言い、
    続けて「えーっと、○○さん(俺の名前)が置いたのかな?と思っちゃった」と言ったようだ。

    俺は上記の話をAから聞いたとき、本当に腰を抜かしそうになったわ。
    Aは「なんでお前の名前が出てくるんだろ?」と俺に訊いてきたが、そんなの俺が訊きたいくらいだったな。
    Aはその後また奥さんを少し問い詰め、
    奥さんがAの知らない人と浮気をしていたことが分かった。

    クリスマスイブの概要を書くと、
    奥さんは夜中にトイレに起きた際に枕元のプレゼントを見つけ、
    浮気相手が枕元にネックレスを置いたのではないか…と思ってクローゼットに隠した。
    しかし翌日、それがAからのプレゼントと分かった時に恥ずかしくなって咄嗟に俺の名前を出したということだった。

    俺は数回しか奥さんに会ったことがないのにさ。
    まあ確かに俺は、浮気のカモフラージュに使われてもしょうがないくらいモテないように見えるかもしれんが…
    いくら奥さんが窮地に追い込まれた状況であっても、そんなところで咄嗟に名前を出されても困る。

    A夫婦はそのあと離婚寸前までいったらしいが、
    奥さんが「今後一切浮気しない」という約束をして再構築してしまったみたいだ。

    これが2年前のクリスマスの話で、
    勿論というかなんというか、去年のクリスマスはAは枕元にプレゼントを置くことはしなかった。
    しかし驚いたこと、今度は奥さんがそのサプライズをしたみたいだわ。
    奥さんは「これで本当の仲直り」のつもりでやったようだけど、
    Aとしては「嫌な思い出が掘り起こされただけ」で、
    その話を聞いた俺もうんざりした気分が呼び起されたわ。

    SHI1987A011

    564:名無しさん@おーぷん2016/08/29(月)16:00:39ID:tVA
    彼からよく愚痴を聞いていた。
    同僚に学歴があるというだけのコミュ障♂がいて、妙に丁重に扱われて給料もよくてムカつくという。
    私の周りにも学歴だけで使えないのに役職つきみたいな人はいたから同調していた。

    ある時、近い業界で働いているため、仕事絡みでその人と知り合った。
    この人、普通にハイスペックなんじゃ?と思った。
    大学はマーチレベルだから、そもそも学歴的には損もしないけど得もしないレベル。
    合格率一ケタの難関資格を2つ持っていて、英語も普通に聞き取れる、
    コミュ障というか病気で声が出にくいとのことだが、近くなら普通に会話はできるし愛想もいい。
    話し方に癖があるので偏見を持つ人はいると思うけど、認めるコミュニティが存在するのは当たり前だと思った。

    それに引き換え彼は努力してるけど報われないという話でもなく、そもそも勉強していない、
    家で仕事の準備をするようなこともない。
    会社が扱いに差をつけるのは当たり前なんじゃないかと思った。
    なのに彼は話し方の真似をしたり、小学生レベルの悪口ばかり言う。
    話すのがスムーズなの以外、社会人として何一つ勝ててないんじゃないのかと思った。
    ただの学歴コンプだったのかと。

    勉強なんかより人間性とは思うけど、やっぱり努力することは大事。
    そして人間性もそんなによくないことがわかって冷めた。

    PAK86_mablechoko_TP_V

    364: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:48:54 ID:???
    結婚してから嫁さんに通帳もカードも全部取り上げられ自分の小遣いは月1万円だけ
    なのに嫁は専業で贅沢に外食やエステで散財して…と愚痴っていた同僚A
    でも普段Aが毎日嫁さんの作った弁当と飲み物を持参していることや
    飲み会の時は自分から『二次会行こう』と人を誘って散財してるところを見てるから
    浪費家の旦那を堅実な奥さんが管理してるけど
    旦那は不満で嫁sageしてるパターンかなあ、と思っていた

    でも、話を間に受けて「わー、可哀想」と同情してた独身の後輩Bが
    社員の家族も招待されるお花見宴会でA嫁に
    「奥さんもっと旦那さんを大事にしなきゃいけませんよ!
    小遣い月1万なんて可哀想ですよ!」と酔った勢いで説教したからさあ大変
    能面のような表情のA奥はBから旦那が自分のことをどう話しているか聞いて

    A奥「へえ…いつ私が専業主婦になって優雅にランチやエステしたの?」
    A「あ、いや、その」
    A奥「私がパートしてること忘れたの?あなたアルツハイマー?」
    A「…違います」
    A奥「エステってもしかしてあれ?月1で顔剃りしてること言ってるの?
    自分の収入で2500円の顔剃りに行くのがそんなに贅沢?
    車を買い換える時期も予算も決めてたのに私に黙ってバカ高い燃費の悪い
    新車を買った人とどっちが無駄使いしてる?」
    A「………」

    結局これまでは、携帯代ガソリン代交際費等全部嫁さんが管理してた家計から出して
    毎日弁当飲み物持たせて、飲み会があれば小遣い別途支給した上で
    「完全に自分の好きに使えるお金」を1万貰ってたのが
    「毎月5万あげるからそれで携帯代ガソリン代昼食代交際費全部賄ってね。
    足りなくなっても一切追加しません」に変わってかなり苦労してるらしい
    時々1人で嫁の文句言ってるけど、みんなスルーしてる

    GMKN_STUDIO_028_TP_V4

    357: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/20(金) 22:55:11 ID:RzNNtnh0
    通勤途中、商店街を歩いていたら2ヶ月前に退職した同僚Aにそっくりな男が
    段ボールにくるまって寝てた。
    職場についてから「いや~、あんまり似てたからガン見しちゃったよ」と話す
    と「…もしかして知らないの?」と周囲が微妙な空気に。

    このページのトップヘ