ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    喫茶店

    N114_nikonikokukki-_TP_V

    46: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 13:13:33.18 ID:ndbAca5X
    今日、いつも行ってる喫茶店に彼女と行ったら、店内混み合ってたから持ち帰りように包んでもらった。(そこのお店はテイクアウトもできる)
    待ってる間店内で彼女と談笑してたんだが、この彼女身ぶり手振りが大きく、何かの拍子に思いっきりのけぞって、そばの座席のお客さんの飲み物を倒してしまったんだ。

    慌てて俺が謝って、「代金をお支払します!!」って言ったら、ぶすっとした顔で「はい(当然ですって感じで)」って。
    普通そこは「大丈夫です」って言うところじゃないか?
    ちなみにお店がすぐ新しく飲み物を出してた。

    もちろん俺の彼女が悪いんだけど、わざわざ新しい飲み物をお店から提供されてるのに、代金まで払わせるのがモヤモヤするというか…
    実質この客は、タダで飲み物を飲んだってことじゃないか。
    俺の彼女が一番悪いという大前提だけど、こいつの神経もちょっとわからんかった。

    MMO_shiborinohaittabotan_TP_V

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/24(金) 15:46:26.744 ID:/meSO1ned
    オレンジジュース 600円
    ミックスジュース 650円

    ぼく「ひっ、ひえぇぇ!?!?」
    店員「ご注文お決まりでしょうか?」
    ぼく「あ、あ、えっと…ココア(400円)ホットで…」
    店員「かしこまりました」

    店員「お待たせしました」
    ぼく「あ、はい…ありがとごじゃましゅ…(こ、こんだけ…)」

    なぜなのか

    488

    240: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/10/31(水) 12:42:30.09 ID:pn8xvd6x
    とある喫茶店で。
    騒がしい集団に店内全体が眉をひそめていたときのこと。
    彼氏がふっと席を立って彼らの席に行くと、
    騒がしい集団が急に静かになり友だちと握手してました。

    文句言ったの?と聞くと

    308

    839: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/09(木) 09:20:45.85 0
    流れは読まず、長いので箇条書きで。

    ・友人が3歳子供と一緒に、「子供連れ禁止」の喫茶店へ。
    ・そこは上品で静かな空間を売りにしたお店で、非常に高価な茶器を使っている。
    ・店員が止めるが、友人と店員が言い争いをしている最中に子供が店へ突撃。
    ・店内で茶器を壊し、弁償を求められる。
    ・払わずに逃げたが、防犯カメラ映像もあり、警察通報、逮捕はされなかったらしいが捕まる。

    ・友人旦那(友人と友人旦那、私は同窓生で同じサークル出身)から、
    ・嫁を止めても子供を止めなかった店が悪いので払わない。
    ・店が悪かったのだから警察に通報した店が悪い。
    ・だから皆で署名を集めて店を訴えよう。
    という電話、メールが来る。
    ・私は、
    ・店は最初から「子供お断り」の表示をしているので、そこに行くほうが悪い。
    ・子供の責任は親の責任なので、やはり友人が悪い。
    ・だから署名には協力しない。
    と回答したら、私が悪い、とか、私にそそのかされた、とかの誹謗中傷メールを共通の知り合い全てに回された。
    ・他の友人から質問があったので正直に回答、他の友人達も先の署名に辟易していたので、一斉に友人、友人旦那をCOFO。

    ・友人とは親も趣味がらみで知り合いなので、経緯を説明したところ、親から喫茶店へ謝罪弁償。
    ・婿養子だった友人旦那涙目ながら、友人親と同居決定。自分の子供である友人にも厳しい友人親の元、ぎっちり〆られて生活しているらしい。
    ・私は友人親とだけ連絡を取り合って、現在に至る。平和マンセー。

    以上です。
    解決まで半年くらいかかりました。
    共通の知り合い、とは、サークルの友人以外にも幼馴染とか恩師まで含めたものだったので、被害甚大でした。
    全員に説明するのが大変でした。

    71

    237: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/06/30(金) 19:28:53 ID:xPb4grGw
    さて、冷め話。
    喫茶店に入ったら、普通の10倍サイズのパフェがメニューにあった。
    彼は私が制止するのも聞かず、二人で記録を作ろうと言って勝手に頼んでしまった。
    案の定、器から出ている部分を食べきったところで限界が来た。

    仕方なく残して店を出たら、

    このページのトップヘ