ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    PPH_kurisumasukazari_TP_V

    301: 名無しさん@おーぷん 2016/07/19(火)18:52:40 ID:FAz
    「感情的なヤツとは話ができない!」「女はすぐヒステリーだ!」を
    伝家の宝刀にして家族の話し合いから逃げ回ってきた夫。
    娘が成長して中学生になり、
    「どっからどう見てもお父さんの方が感情的なんですけど?」
    「理屈に合ってないこと言ってるのはそっちだよね」
    と突っ込むようになり、夫は伝家の宝刀が使えなくなった。

    以後夫の口癖は「ずるいぞ!」になった。
    「お前の方が口が達者だ!ずるいぞ!」
    「お前の方が正しいとわかっていて責めるなんて、ずるいぞ!」
    しまいに娘に向かって
    「お前は何不自由なく育ててもらってずるいよなあ~」
    「便利な世の中に生まれてずるいよなあ~」
    と言い始めた。
    娘が夫をいやがって避けるようになったので、離婚前提の別居に踏み切り
    今はアパートに私と娘、マンションに夫が住んでいる。
    私の給与だけでやっていけるため、生活費は特にもらっていない。

    その夫から来たメール。
    「女手がそっちにばっかり偏ってずるいから
    たまには娘をこっちに掃除に寄越してよ」
    ……この人の「ずるい」の基準がわからない。

    elly181027A008_TP_V

    929:名無しさん@おーぷん2014/08/05(火)12:27:10 ID:???
    自分が今より世間知らずだった時代にあったこと

    大学生最後の夏、祖父の別荘の近くのお店で、若い男性に声を掛けられた。
    今から思えばどう考えてもナンパなんだけど、自分は生まれてずっと女子高で、男性に憧ればかりがあって、
    少し話しただけで「これは運命の人!!」と思ってしまった。
    交際はすぐに家にバレて、祖父にも両親にも大反対され会えなくなったが、「私たちの愛を守ろう」と大学卒業を同時に彼と駆け落ちした。
    入籍して彼のアパートで一緒に暮らし始めて、最初は楽しかった。
    でも「今会社忙しいんだ」と、どんどん彼の仕事の帰りは遅くなっていって、一人寂しくなった。

    ある日、大家さんが話しかけてきて、
    「お宅の旦那さん、いっつも女の運転する車で帰ってくるけど大丈夫?あの女ね、旦那さんと絶対長いアレの女よ」
    と言われた。
    色々悩んだが、金曜日の夕方に彼の会社の前で待ってみると、彼は定時に会社を出て、すぐにその女性とおち合い、数駅離れた所にある
    マンションの一室に入って行った。
    2人がそういう仲だというのは、世間知らずな私でもわかった。旦那はよく笑ってた。

    その足で恥を忍んで実家に帰って、泣いて祖父にあらましを言うと、なんと
    「馬鹿もんが!!夫の浮気なんぞでオメオメ泣いて戻る奴があるか!!
    妻は旦那の妾に『夫がお世話になっています』と挨拶するぐらいの度量がなきゃ務まらん!!」
    と怒られた。

    ビックリしたが、祖父が言うのだからそうなのかと思い、その日は実家に泊まると、
    翌日は百貨店で服を新調してお菓子の包みを買い、例のマンションの部屋を訪れた。

    ドアを開けてくれた彼女は驚いているようだったが、祖父に言われたように、
    「夫がいつもお世話になっています、これはほんのご挨拶でございます、夫も貴女のような方にお世話して
    いただきとても幸せそうです、これからも私達夫婦を支えていただけますよう宜しくお願いいたします」
    というようなことを言った。

    差し出していたお菓子から目をあげると、彼女の顔は赤黒くなっていた。
    突き飛ばされて転がっている間にドアを閉められた。
    閉まったドアの向こうからは、誰かに電話しているのか罵声交じりの話声が聞こえた。
    挨拶も失敗した私は、意気消沈してまた実家に戻った。

    実家でしばらく過ごしていると、父から離婚届にサインするように言われ、サインした。
    旦那の分はすでにサインしてあった。
    父は少し怖い顔で、相手の女性が、私の訪問の後、大きい道路でスピード超過で無理な車線変更をして
    事故に遭ったと言われました。

    何一つまともにできない世間知らずは、何もしない方がいいと兄に言われ、それからは家族が用意したゆるい
    仕事をしながら、実家でノンビリと暮している。

    MARI75_aoihana20110508_TP_V

    525: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:41:39.85 ID:0VE+trLU0
    妹のクレカの借金を500万ほど肩代わりしたこと。
    実家の両親はそこそこ資産はあるが高齢なので打ち明けられず、私が弁護士とやりとりして解決した。
    妹の夫には、うちの実家が甘やかしたからだと罵倒され、謝罪した。


    自分の夫にはとても言えない。
    何不自由ない生活をさせている筈の妻が、借金専門の弁護士事務所に出入りし
    我が家の資産を使ったなんて、私の夫からすれば妹夫婦に土下座してもすまされないことだと思う。
    私も色々納得できないし、夫の顔を見ると心が痛むが、墓場まで持っていく。

    elly181027A002_TP_V

    456: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 20:57:01.48 ID:zalc9A2F
    夫が万引きで捕まり、近所のスーパー(私のパート先)から連絡があった。
    駆け付けると夫はシュンとしている。
    店長(つまり私の上司)から事情を聞き、夫に確認すると無言で頷いた。
    情けなくて涙が一粒こぼれてしまった。
    すると夫は鬼の形相で
    「泣けば済むとでも思ってんのか!!」
    私も店長も社員もポカーン。
    なぜか夫は勝ち誇ったような顔をしている。

    私「まったく反省してないようなので警察に通報してください」
    夫は机をドンッ!と叩き「卑怯だぞ!」と謎発言。
    店長が通報しようとしたら夫はさせまいとする。
    男性社員に取り押さえられると店長に
    「さっきは勘弁するって言ったじゃないか!嘘つきは泥棒の始まりだぞ!お前が泥棒だ、俺じゃない!」。

    警察が来ても「俺じゃない!俺じゃない!あいつ(店長)が泥棒だ!お前(私)のせいだぞ!卑怯者~っ!(私に憎悪の目で)」

    離婚しますた。

    elly181027A000_TP_V

    544: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/03/21(火) 01:59:27.80 0
    眠れない夜はいつも思い出してしまう。

    新婚の頃、夫とドライブ中に大ゲンカ。
    高速のサービスエリアに置き去りにされた。
    すぐ迎えに来ると思ったら真っ暗になっても現れない。
    ベンチで泣いてたら、中年のおじさんに声をかけられて事情を話した。
    その人はトラック運転手で、寒いからとトラックの中で待たせてもらうことになった。

    トラックの中で泣きながら夫への不満をぶちまけた。許せなかった。
    運転手さんは優しくしてくれて、私はすぐに心を許してしまった。
    話しているうちに、手を握られ、肩を抱き寄せられ、気がついたらネ果で抱き合ってキスしていた。

    このページのトップヘ