ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    失踪

    valentinePAKU2847_TP_V4

    159: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/07/01(月) 05:07:31.23 ID:o7IXiD2f
    友人Aが突然失踪した。
    みんなで捜すも見つからず手掛かりも全くなく心配な日を過ごしていた。
    足取りを掴もうとAの通帳を記帳しても動きがなく、それどころか
    携帯も財布も持たずに失踪してたことから次第に嫌な予感がチラチラよぎりはじめた。
    3カ月程たった頃よく当たる占い師に見てもらったら
    「Aは隣県にいる。生きている。女性.と駆け落ちしたようだ。子供も産まれた。」
    と言われ、一気に力が抜けてホッとした。

    4IS_atatakanahikarinosakura_TP_V

    693: 可愛い奥様 2006/12/23(土) 03:59:18 ID:BAvfEQsK
    家の旦那、今無職中。
    34歳で12年働いた会社を辞めました。

    きっかけは転勤でした。新しい赴任先になった時からノイローゼ気味で、
    毎日自杀殳するんじゃないかって心配でした。
    そう思っていた矢先、旦那が失踪。
    4日ほど見つからなく、警察には捜索願いを出し、会社にもたくさん心配させてしまいました。

    結局旦那は、自杀殳しようとして家を出たけど、急に怖くなり家に電話を掛けてきました。
    5日目にして家に戻って来たけど、待っていたのは無職の現実。
    帰ってきて何日かは、鬱状態がひどく私も必タヒでサポートしてきました。
    言いたい事も言えず我慢し、お金の事が不安でも口に出さずにいました。
    でもだめですね、イライラしちゃうと旦那を攻めてしまいます。
    鬱状態も酷かったのは最初の一週間で、あとはいきなり元気でその辺フラフラしてる毎日。
    家に居れば近所の人の目が気になるから、と用事も無いのに出かける夫。
    無駄にガソリン使って、本当に馬鹿だなと思います。
    嫌になって家を出る、と言う事に味を占めたのか、口喧嘩する度に家出する旦那。
    その度に子供達は泣き、離婚するかもしれないと言う不安に駆られる子供達。

    いったいこの家族どうなってるんだろう?
    恥ずかしくて自分の実家にも言えない。
    変にプライドが高い旦那なので本当に面倒です。

    takeru518006_TP_V

    218: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2014/11/26(水) 15:36:02.40 ID:JyV7B+bF
    私が7歳の頃の話。
    父親が単身赴任で私は母親と暮らしていた。
    母親は自分の事は自分で、という教育方針で幼稚園の頃から自分の靴下や下着はお風呂入った時に手洗いするとか
    小学校に入ってからはお米を研いでご飯を炊くというとかお風呂洗ってお湯を溜める位の家事をお手伝いの範囲内でやらされていました。
    電子レンジの使い方も温める、位の事は出来ていました。

    そして住んでいる所が商店街を抜けた所にあったので、一人でおつかいに行くとお店のおじちゃんやおばちゃんが
    「あら◯子ちゃん、おつかい?えらいねー。」とおまけしてくれたりする場所に住んでいました。

    ある日家に帰ると母親がおらず置き手紙がありました。
    その手紙には「おかあさんはおでかけしてきます。」と書かれていて、今日はどこで何を買う、
    明日はどこで何を買う。と指示が書かれていて単純な私はそれに従って買い物をして
    やはり手紙に書いてあった通り、冷凍してあったご飯を食べていました。
    それをしていたのは二日三日だと思うのですが、大人には違和感を感じたんでしょう。
    揚げ物屋のおばちゃんに「○子ちゃん、おかあさんは?」と聞かれ、馬鹿正直におでかけ!お留守番なの!と答えると
    そのままお店に引きとめられて、おばちゃんの呼んだ近くの交番のお巡りさんとおばちゃんで家に帰り、
    手紙を見たお巡りさんがどこかへ電話をして、私は保護されました。
    夜遅くに父親がやって来て、大泣きしながら私を抱きしめてくれたのを覚えてます。
    結果的に母親は失踪。母方の祖父母にも何も言わず今でも行方不明です。
    私はしばらく少し離れた父方の祖父母の家に預けられましたが、その後こちらに戻ってきた父親と住むようになりました。
    母親に会いたいな、さみしいなと思った事もありましたがそれ以上に父親が愛情たっぷりに育ててくれ、今日私は20歳になりました。
    大人になるにしたがっていろいろ考えてしまいたまに内心修羅場になりますが、考えても仕方ない事はあまり考えず生きていこうと思っています。

    このページのトップヘ