ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    SMIMGL4022_TP_V

    811: 名無しさん@おーぷん 2017/07/28(金)16:48:10 ID:7D7
    ラーメン食いに行ったときチャーシュー載せてくる女がいた。
    そこのラーメン屋普通のラーメンでもかなりの枚数のチャーシューが乗ってるのだが
    太るからってこっちにチャーシュー全部載せやがった。
    こっちも太るじゃねえか。

    チャーシューいやなら焼きのりに交換してくれるから最初に言えば?って言ったら
    チャーシューのが原価が高いからだって。で、他人に押し付けるんだぜ。意味不明。

    683 :ガールズにちゃんまとめ 2017/03/24(金) 20:29:27 ID:zNU
    旦那の高校の同級生は有名な美容系のスペシャリストらしい
    そしていつも女性的な格好で、パートナーは男性で、女性が大嫌いで仕事の顧客も男性のみなんだと言う

    女性の格好して「女性が大嫌い」と言われても、
    天狗の格好して「天狗が大嫌い」と言ってる人みたいで、どうも合点がいかない

    トランス何とかなんだろうが性の問題は色々根深いのかな
    一ミリも理解出来ない話だが

    415 :ガールズにちゃんまとめ 2015/03/08(日) 08:56:06 ID:Z0F
    兄が離婚することになった。

    私の兄は妹の私が言うのもなんだけど
    有名私大を卒業後、日本を代表する某企業に就職した。
    その兄の婚約後、とある居酒屋で彼氏と飲んでいたら
    兄の婚約者が友達を引き連れてやってきた。
    当時の彼氏のことはまだ家族に紹介してなかったこともあって
    見つからないように咄嗟に顔を伏せたので向うにも気付かれず
    割と近くの席に腰を下ろした。
    盗み聞きするつもりはなかったと言えば嘘になる。
    でも彼女の声は元々大きく、よく通る声質なので
    「彼が・・・」というワードが聞こえたときから
    ああ、兄の事だなと思って聴き耳を立ててしまった。
    最初は一緒にいた友達たちと「おめでとう」「ありがとう」
    「お式の日取りは決まったの?」「まだ」みたいな話だったが
    友達らしい女性が「でもビックリしたよ。全然今までと違うタイプの男だし」
    って言った後の彼女の言葉に愕然とした。
    「結婚と恋愛は違うじゃん。(これはまぁ同意できるが)
     夫が○○大卒ですとか○○勤務ですとかカッコよくね?
     オヤジがそこに勤務してるなら食いっぱぐれねーから離すなって言っててさ。
     離すわけねーじゃん、貧乏男は※※で懲りたわ」
    「エ●チも下手だけどさ、金稼いでくると思えば我慢できるわーあははは」
    とか言ってんの。
    別の席で飲んでたサラリーマンたちがギョッとして
    「こえーな」とか言い合ってるのまで聞こえた。
    彼女がトイレに立った隙に店を出たけど、
    これを兄に伝えるべきかどうかすごく迷った。
    うちに結婚の挨拶に来た時と言葉遣いから何から全然違ったから
    別人だったらどんなに良かったかと思った。
    いっそのこと、その場に出て行って平手の一発でもすればよかった。
    結局兄には言えなくて、母に相談した。
    母はビックリしてたけど、そういう結婚観もありだとは思うって。
    ただその言葉遣いから感じる品の悪さが気になって
    嫁になるには抵抗があるらしい。
    それで母から兄にこの事は一応話すと言ってた。
    その後どう判断するかは兄に任せるって。
    で、週末うちに来た時に母が兄に話したらしいんだが、
    そのあと兄が私の部屋にきて
    「おまえ、余計な事吹き込むな」って言われた。
    「お兄ちゃん、知ってたの?」って聞いたら
    「アホか。そんな女じゃないよ。人違いだろ」って。
    結局兄はそのまま式を挙げ、その女と夫婦になった。
    が、たった2年で離婚するって。
    原因は兄嫁の不倫。
    ・・・だろうねw

    蛇足だけど・・・。
    自分の兄がエ●チが下手って、
    知りたくない情報だわ(´・ω・`)

    31 :ガールズにちゃんまとめ 2017/12/10(日) 21:41:07 ID:STtnCa+p0.net
    さっきあったこと

    今日も疲れて帰ってきた俺
    子供も寝てるからそっと帰宅。
    台所から水音と嫁の声と女の声がしたんだ
    どうもハンズフリーでの会話らしい

    耳を傾けた俺は心臓が氷る思いだった

    嫁友「あー…もうほんとムカつく!
    年々アッチも適当になるし、嫁も最近レスっていってたよね?」
    嫁「あ~…そうだねぇ最近したの…先月、したかな?」
    嫁友「はぁ!?うちらまだ二十代だよ?なのに1ヶ月あいてるの?私なら3週間しなかったら限界だわ」
    嫁「わかるー私も限界通り越してるぅw」
    嫁友「本当いやんなるよねぇ…もうATMくらいに割りきらなきゃこっちがストレスで禿げる!」
    「あはは~ATMになるならまだいいじゃんかぁ~うちはそれにすらならないよ~」

    もうこの時点でお前なんて恥ずかしい会話をっ!とか思ってたけど真っ白になったわ
    確かにわけあって給料は新卒並みだし五人家族を養えてない。
    それでもいま頑張れば確実な昇進と給料アップが約束されてて、嫁も応援してくれてると思ってたけどやっぱり本音はそうなのか…って

    「でもまぁそれでも私達の為に必タヒに働いてくれて、ヘトヘトになるまで頑張ってくれてるし愛してくれてるから幸せだよ~」

    嫁友「うわぁ相変わらずラブラブだねぇ」
    嫁「嫁友だって未だに出掛けるときは旦那さんに初めて貰ったネックレス絶対つけてるし、旦那さん好みの髪型十年維持してんじゃんかwどっちがラブラブなのさ」
    嫁友「う…それは…」
    嫁「それに手抜きのカレーって言ってたけどそれってあれでしょ?旦那さん好物のルーから作ったやつだよね?しかもなんも焼いてんでしょ?
    手抜きのカレーってのはうちみたいな市販ルーのやつをいうんだよ」

    と続く会話にほっとして愛しい気持ちが溢れて抱き付きたかったが、きっとこの会話は男が聞いたらいかんやつだと思い直してそっと玄関に戻ってから
    今帰りました風に音をたてながら部屋に入ったら携帯もった嫁がいて抱きしめてめちゃくちゃキスした
    10年一緒にいるが愛しすぎてつらい
    もちろん台所で泣かせてきたぜ

    81 :ガールズにちゃんまとめ 2017/01/20(金) 16:35:59 ID:9Xy
    満員電車でぼんやりゲームをしていたら、目の前にいたチリチリパーマのおばさんが
    肘を押し付けてきたり尻を押し付けてきたりしてなんだこのおばさんって思いつつ、
    乗車率100%を超えてるんじゃないかってくらいの満員電車だったから
    狭くてイライラしてるんだなーと思いつつゲームに戻った。
    しばらくゲームに熱中していたら、数分後におばさんが大声で叫びだした。
    なんだ?って思って顔を上げたら私のことを指差して、痴漢だってさ。
    女ですけど?
    同性だから痴漢ではないという理屈はいまいち説得力にかけると思いつつ、近くにいたおっさんと目を合わせて苦笑い。
    「痴漢などしていません。かばんが当たっていたのなら謝ります。でも・・・」
    「私のパンティーを触った!!訴えてやる!!!嫌なら示談金よこせ!!!!」
    「や、だから・・・触ってない・・・」
    「言い逃れするのか!!はんざいしゃ!!!!」
    どんどんヒートアップしていくおばさん。ゆとり世代で豆腐メンタルな私は怒鳴られるだけで泣きそう。というか泣いた。
    まともに聞いてたら余計泣くと思って、おばさんの罵詈雑言を聞き流しながらパンティーってリアルでひさしぶりに聞いたな・・・とか考えてた。
    とりあえず降りたほうがいいかなと思い次の駅で降りたのだが、証人を誰かにお願いすべきだったとあとで後悔。
    寒いホームでもおばさんは元気にヒートアップしていった。私は涙声でやってないと叫んだが却下された。駅員はこういうときにすぐ来るわけではないらしい。
    ヒートアップしたおばさんがかばんを投げてきて顔にヒット。殴りそうになったが、同じレベルに落ちてはいけないと冷静に対応。
    誰がお前みたいなババアの尻なんて触るかって言ってやりたかったが、痴漢されたときに犯人と思しきおっさんにそう言われて泣いた経験から言えずにいた。
    しばらくして駅員2人が来た。駅員室?に連れて行かれそうになったが、行ったら自主と同じと聞いたことがあったので拒否した。
    でも、後から思えば往来で罵詈雑言を叫ばれ続けるよりは行っておいたほうがよかったのかもしれない。
    それから事情聴取?をされ、自分はやっていないことをなるべく冷静に主張した。
    これ以上の侮辱は耐えられないので駅員に連絡先を伝え帰った。駅員室?で休息を勧められたが断った。何かあれば電話をしてくれと言ったが今のところ特に連絡は無い。

    相手の主張を受け入れず、女相手に痴漢と息巻くおばさんの神経がわからんという話でした。

    このページのトップヘ