ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    女性

    PPW_ichimenbara_TP_V

    1: ブラディサンデー(庭)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 18:34:14.40 ID:q9BsbZ2f0 BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
    男性は知らない。すべての女性がやっていることを。
    http://m.huffpost.com/jp/entry/8735974
    男性はただ知らないのです。

    性差別に直面しても、事態をおおごとにしないため女性がそれを黙認していることを。

    それはあまりにも日常的で時には気付かずにやっていることもありますが、女性全員が経験しています。

    直感的に、もしくは経験を通して、不快な状況を最小限に留める方法を女性は知っています。男性を怒らせて、身を危険にさらさない方法を知っています。
    攻撃的なコメントを、様々な場所で無視しています。嫌なデートの誘いを笑ってごまかします。女性だからといって軽く見られたり見下されたりした時、怒りを飲み込んでいるのです。

    本当に腹が立つし、残念です。でもそうしなければ、危険な目に遭ったり、クビになったり、ビっチ呼ばわりされたりする。だから大抵の場合、危険が最も少ない方法を選ぶのです。

    毎日のように女性は性差別に直面します。だからそれをわざわざ口にしたり、恋人や夫や友達に話したりしません。ただ対処するのみです。
    (中略)
    夜道を一人で歩くときには、携帯電話の通話ボタンの上に指を乗せておきます。

    駐車した車に戻る時には、鍵を指の間に挟んでいざとなったら武器として使えるように備えます。

    誘ってくる男性を断る代わりに、恋人がいると嘘をつきます。

    混雑したバーやライブやイベントで、お尻を触られます。

    振り向いて犯人を見つけても、何も言えないけれど。

    駐車場で声をかけてきた男性に「こんにちは」と挨拶して立ち去ります。「何だよ、お高くとまって。フン...このビっチ」という罵りの言葉を聞かない振りをしながら。

    ELFADSC06530_TP_V

    36: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 10:52:08.24 ID:jLBSyDmc
    自治会の役員やってたとき、引っ越してきた若い女性の部屋を訪ねた。
    驚いたのがTシャツして着てなかったこと。下半身はネ果。
    自治会の説明をしながら、視線はどうしても女性の下半身に。毛はなかった。
    寝起きっぽい表情だったから気づいてなかったのだろうか。
    本人は最後まで下半身を隠さなかった。

    後日、再び用があって女性の部屋を訪ねたが一切出てくれなかった。
    偶然エレベーターで一緒になった時に伝えたが、彼女は気まずい様子で目を合わせてくれなかった。
    そして、しばらくして引っ越してしまった。

    564

    1: secret name 2016-06-21 18:34:38 ID:

    今回は、処理し忘れたわき毛を見てしまったら男性がどう思うか、こんな質問をしてみました。

    385

    475: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/03/10(土) 23:59:48.32 ID:nm4/oiiO
    家族が急病で入院、洗濯物が劇的に増えたとたん洗濯機故障で
    有名チェーン電気店に行って洗濯機コーナーに立っていた女性店員に
    「この中で一番大容量で乾燥できるやつを教えて」と話したら

    「えっと~、私よくわかんないんですよね?」とニコニコするだけ。頭にきて
    「じゃあわかる人呼んでくれる?」とキレ気味に言ったら
    「ええ、コワーイ(小声)、私バイトなんですぅw」
    「アンタ馬鹿?店長呼んで」
    店長になるべく冷静に苦情を言ったが、正直徹夜看病疲れで見た目イッてた思う。

    その一ヶ月後くらいに店に行ったら彼女の姿は無かった。

    91

    564: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/12/08(土) 15:57:24.74 ID:MNQIvfOj0
    三回目のデートの時に「結婚を前提にしての付き合いと思ってくれ」と言ったら「高校時代に無茶なダイエットをして以来、子を産めない体になっているから駄目」と断られた。
    俺は子供嫌いだから寧ろ好都合だと思って押せ押せで口説いて付き合ってた。
    親に紹介した時、ある高校で保健室の相談ボランティアをしていた祖母と知り合いだったと分かった。
    実は「ダイエットで子供が出来ない」のではなく「堕胎が理由」かと疑っていたが、本当にダイエットで体を壊していたのも分かった。
    だから、「そろそろ結婚しよう」とプロポーズして互いの実家と交流を深めてきた。

    でも、もう無理だわ。
    今日、俺の姉が姪(一才)連れて実家に遊びに来てたとこに鉢合わせちまって、状況の流れで彼女一人で姪の面倒見ながら留守番させたんだが、姪に向けてた笑顔が俺にも見せた事のないまさに「慈母」って感じの笑みだったんだよ。
    俺が子供嫌いなの知ってて、自分も子供産めないクセにナニソレって感じだ。
    裏切られた気分。

    このページのトップヘ