ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    NAT77_sakuranosanka_TP_V

    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/07/15 20:33:02.79 ID:qiUtos7N.net
    早朝から家を出ようと思ってるがダメかね?

    PPH_kurisumasukazari_TP_V

    301: 名無しさん@おーぷん 2016/07/19(火)18:52:40 ID:FAz
    「感情的なヤツとは話ができない!」「女はすぐヒステリーだ!」を
    伝家の宝刀にして家族の話し合いから逃げ回ってきた夫。
    娘が成長して中学生になり、
    「どっからどう見てもお父さんの方が感情的なんですけど?」
    「理屈に合ってないこと言ってるのはそっちだよね」
    と突っ込むようになり、夫は伝家の宝刀が使えなくなった。

    以後夫の口癖は「ずるいぞ!」になった。
    「お前の方が口が達者だ!ずるいぞ!」
    「お前の方が正しいとわかっていて責めるなんて、ずるいぞ!」
    しまいに娘に向かって
    「お前は何不自由なく育ててもらってずるいよなあ~」
    「便利な世の中に生まれてずるいよなあ~」
    と言い始めた。
    娘が夫をいやがって避けるようになったので、離婚前提の別居に踏み切り
    今はアパートに私と娘、マンションに夫が住んでいる。
    私の給与だけでやっていけるため、生活費は特にもらっていない。

    その夫から来たメール。
    「女手がそっちにばっかり偏ってずるいから
    たまには娘をこっちに掃除に寄越してよ」
    ……この人の「ずるい」の基準がわからない。

    461

    949: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:02:37 ID:Oei
    元夫からのロミオメール。
    元夫はバツイチ子持ちで、私は不妊なので納得の上で娘を育ててきた。
    娘がまだ乳飲み子の頃に元夫は離婚していて、私は娘が2歳の頃から育ててた。
    だから娘は私が継母だと知らなかった、血液型も合ってたので、知らせるのは成人ぐらいで、と元夫とは話し合ってた。
    ところが、娘が病気をし、骨髄移植が必要かもしれない、となった。
    元夫は私が実母だったら骨髄移植できたのに、と娘の前で号泣(子宮内で大丈夫なんだから母子なら必ず移植できる、と元夫は思い込んでいた
    不安定だった娘は、元夫の号泣以来私を拒絶、結果娘の退院を待たずして離婚。
    娘に恨みはありませんが、かなり罵倒されたのもあり、戻る気はありません。


    ここからロミオメール

    NAT88_gujyouhacimanhiganbana20140925143908_TP_V

    451: 名無しさん@HOME 2017/03/15(水) 01:21:54.64 0
    娘のことで相談です。
    中学の頃、卒業したら京都に行って舞子さんになりたいと言い出して、先生や家族を驚かせました。
    高校卒業してからでも遅くないと説得して進学させて、そのかわりに日舞や三味線のお稽古をさせてあげました。

    高卒では舞子さんにはなれず、置き屋さんで修行をした後は、いきなり芸子さんとしてデビューするみたいです。
    娘はあくまで舞子さんに憧れていたので、かなりへそを曲げてしまって、芸子さんになる準備も大学進学の準備もしてません。
    高三になる今年が正念場ですが、本人が舞子さんへの未練を捨てられないみたいです。
    親として、どう娘に向き合うべきでしょうか?

    HAW86_yurihatake_TP_V

    925: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 10:01:54.59 ID:hwONVlAB
    相談です。
    高校生と中学生の娘がいます。共働きで、私は三交代制の仕事をしており、あまり一緒に食事をとると言うこともないのですが、
    食材の買い物は私と夫が適当にしており、私が夜勤のときは夫が夕食は作っています。
    相談したいのは、特に下の娘が、ジャムや鮭フレークなどを異常に消費することです。
    300円くらいの瓶入りのものは、三日くらいで開けてしまいます。500gくらい入っている大きな瓶も買ったことがあるのですが、
    それも一週間ももちませんでした。
    娘は痩せているほうなので、多少太ることに関しては気にしなくていいと思うのですが、体によくないし、経済的にも負担です。
    体に良くない、と言っても「だってたっぷり使った方がおいしいんだもん」と言ってやめません。
    どうしたら使用量を控えてくれるでしょうか。

    このページのトップヘ