ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    PAK86_benishigure15092907_TP_V

    300: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2016/01/31(日) 04:40:21.19 ID:BqQO6d9D
    ◆現在の状況
    嫁に離婚したいと言われている

    ◆最終的にどうしたいか
    離婚したくない

    ◆相談者の年齢・性別・職業。相手がいる場合は相手の年齢・性別・職業・お互いの関係や簡単な状況説明
    31、男、会社員
    嫁は27、会社員
    結婚3年目、子供無し

    嫁に離婚したいと言われました…
    理由は生活の節々で目に付く部分があり違和感を乗り越えられそうにないと言っています。

    嫁から指摘されたことをそのまま書くと、
    ・袋がセットされていないゴミ箱に、ゴミをそのまま捨てる
    ・洗い物をすると汚れが落ちていない食器が多々ある
    ・洗濯物の干し方がおかしい(タオルを畳んだまま干して、カビをはやしてしまいました)
    ・おかずは1品だけでいいと思っている
    (嫁が作ると3品ほど出てきますが、メイン1品しか手をつけないことがあります)
    ・ごはんつぶを茶碗につけたままよそわない
    ・口をあけたまま食べる
    ・レース?のカーテンの存在意義がわからず捨ててしまった(高層マンションなのでカーテンなしでも覗かれることがないので)

    一度切ります

    KAZ932_higanbana_TP_V

    349: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/11(木) 23:17:02.58
    嫁身長150、臨月で多分59キロ
    流石に太ましいな…
    顔に肉が付きすぎて気持ち悪い

    KAZ882_ajisai_TP_V

    588: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/12(金) 21:17:30.40
    嫁を怒らせた
    まだ、2ヶ月とかだけど不正出血で流産の危険もあるらしい。
    安静にしてろと言われたらしいが安静の度合いが分からんから料理させてたら少しぐらい手伝えと言われたから、
    妊娠するとそうなるんだなって言ってしまったらガチギレ。タヒねって言ってたわ。
    俺は基本的にいつもやってる方だし、何だったら嫁が具合悪い時なんて全部家事やってる。
    仕事から帰ってきて初めて座ったらこれだよ。
    安静にしててやれないならはなからいってくれたら全部やるのに。
    長文ごめんなさい。

    387

    176: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/01(金) 15:15:08.79
    5つ年上の嫁さん。
    俺にはまだ独身の友達が多く、仕事から帰ってから呼び出されることが殆ど。
    それでも嫌な顔一つせず「なかなか遊べないんだから」と送り出してくれる。
    ある日、「PCがトラブった」と友人に呼び出されて夕食前に出かけることに。
    「二時間くらいで戻れると思うから、帰ってから食べるよ」と云ったものの、作業は難航して帰宅したのは午前3時前…orz
    その日はすごく寒く、原付を走らせてる間に雪まで降ってきてた。
    帰りが遅くなると判断した時点で嫁さんには「先に飯食って寝てて」とメールをしておいたが、帰宅すると起きて待っててくれてた。
    嫁さんが仕事で腰を傷めてから風呂掃除は俺の役目なんだが、ちゃんと風呂掃除して沸かしてくれてた。
    夕食も消化しやすいものに作り直してくれてた。
     嫁さんがお袋と買い物に出掛けてる間に書き込みしてるんだが、書き込んでると思い出して何だか目汁が…。
    長文すまそ。
    嫁さんが大好きだ。

    ELL85_kaikoteki_TP_V

    418: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/12(土) 20:41:14.81
    一ヶ月くらい前でここの住民だったけど解決したから報告
    結婚以来胃に穴があきそうな日々を送ってたがもうずっと上手い飯が食えてて本当に幸せ

    何したかっていうと家政婦雇って嫁は働きに出した
    なんかさ、料理がダメってもうどうしようもないんだよ
    絶望的に才能がないこと無理にやらせるのがそもそも間違いなんだよ
    人間だから得意不得意あって当たり前
    不得意なことわざわざやらせて文句いうより出来ることをしてもらう
    これが一番だわ
    お前らもメシマズに飯をつくらせることがそもそも間違っているということに早く気付いて幸せを手にしてくれ

    このページのトップヘ